1. TOP
  2. 【おしりを小さくする】簡単な体操からはじめる、ヒップアップサイズダウン!

【おしりを小さくする】簡単な体操からはじめる、ヒップアップサイズダウン!

美容
 

「昔のジーンズ、太ももは入ったのにおしりが入らない…」

「最近垂れてきてる気がする…」

そんなとき「おしりを小さくしたい!」そう思いますよね。

大丈夫です、簡単な体操から始めましょう。

この方法を実行すれば、きっと理想のおしりに近づけますよ!

あわせて太ももにもアプローチするとより効果的ですので、そちらも読んでみてくださいね。→太ももを細くしたいなら、あなたに合った方法で!一週間で細く見せる!

スポンサーリンク

筋肉を鍛えて大きいおしりを小さくする

普通のダイエットでは難しいパーツの代表おしりです。

おしりが大きくなってしまうのは、脂肪による体重増加だけが原因ではありません

それは、筋力の衰えです。

普段の生活でも意識して、おしりの筋肉を使いましょう。

 

おしり周りの筋肉トレーニングその1・バックキック

おしり周りの筋肉を使うことができます。

  1. 手と膝を床につき、四つん這いになる
  2. 片足を曲げた状態のまま、もう片方の足を後ろに向かって上げ、キープ

簡単ですが、普段の生活の中ではあまり使わない筋肉を使うことができますよ。ゆっくり行うのがコツです。

 

私はキッチンなどのカウンターに手をかけて、立った状態でやったりします。背筋を伸ばして足を後ろに上げると、ストレッチにもなって気持ちいいですよ。

キッチンカウンターなどの台を使えば四つん這いにならなくてもいいので、もっと簡単ですね。

家の中ならどこでも、ちょっとした合間にできるのでおすすめです。

 

おしり周りの筋肉トレーニングその2・スクワット

スクワット

普段あまり使わない筋肉を鍛えて、おしりをキュッと上向きにしましょう。

特にスクワットはヒップアップと引き締めに効果的!

太ももの裏側まで鍛えましょう。

  1. かかとに重心を置き立つ
  2. ひざがつま先より出ないようにスクワットを行う(イスに座るようなイメージで)

ひざがつま先より出てしまう場合は、壁につま先をつけてトライしてみてください。

普通のスクワットでは前側の太ももが太くなってしまう可能性があります。このスクワットでは、太ももの裏側を意識してください。

続ければ引き締まって、小さくなったと実感できると思いますよ。

回数は、まずは5回くらいを目指しましょう。慣れたら10回程度できるといいですね。

慣れるまでは無理をせずに行ってくださいね。

 

骨盤矯正で大きいおしりを小さくする

おしりが大きくなるのは、骨盤の歪みが原因の場合もあります。

座り方ひとつとっても、歪みの原因になるんですよ。足の組み方も同様です。

また、女性の場合は出産後にしっかり骨盤を戻さなかったことが原因ということも考えられます。骨盤を元の位置に戻して、開いている状態から引き締めましょう。

それでは、骨盤矯正のための体操をご紹介します。

 

骨盤矯正その1・体操

  1.  仰向けになり、クッションやティッシュの箱などを両ひざで挟む
  2. 両手は床につけてあごを引く
  3. ゆっくり息を吐きながらおしりを床から離す
  4.  足の付け根が伸びるまで引き上げる
  5.  息を吸いながら元に戻す
  6. これを10回繰り返し、10回目に10秒ほどキープする(目線は胸あたりをみて、うなじを伸ばすイメージで)

これも結構キツイですが、効いているのが実感できると思います。

挟んだ箱がつぶれないように、体の中心に力を入れるのがコツですよ。

つらいのは、筋肉が弱まっているからです。

諦めずに続けることが大切ですよ。骨盤の位置は正しくなってきます。

 

もっと骨盤矯正の体操を知りたい方には、つぎの記事を紹介しておきます。お腹周りのダイエット記事ですが、骨盤にアプローチする体操を3つ紹介しています。

お腹周りを引き締める方法!1週間でも目に見えて変わる!

 

そしてこちらは骨盤の歪みを整える方法の動画です。チェックしてみて下さいね!

 

骨盤矯正その2・矯正ベルトなどを使う

骨盤が開いていると内臓が下がり、ポッコリお腹の原因にもなります。

市販の骨盤矯正ベルトは巻くだけで骨盤の歪みを整えてくれる優れものです。これを利用するのもありですね。

そのほかにも、骨盤矯正ショーツやクッションもありますよ。骨盤矯正効果のある下着なら、履くだけですから簡単ですね。

エクササイズが苦手な方にもおすすめです!

 

骨盤矯正の方法をご紹介してきました。

もちろん、体操と矯正グッズの併用もOKですし、どちらかでも大丈夫です。

無理せず、美しいヒップラインを目指していきましょう!

スポンサーリンク

股関節の入れ込みでヒップ-7cm!?

つぎの動画では、動画内での実践者は7cmもヒップが小さくなったそうです。

 

生活習慣の見直しておしりを小さくする

おしりが大きくなる原因に、普段の生活習慣が影響していることもあるんです。おしりを大きくしてしまうNGな生活習慣をチェックして、改善しましょう。

また、日々の生活で簡単に取り入れられる、おしりを小さくする方法もあります。生活習慣を見直しながら、こちらも実践してみてください。

 

まずはおしりが大きくなってしまう生活習慣を知る

  1. 荷物を片方の肩ばかりで持つ
  2. 内股で歩く
  3. 猫背
  4. 足を組んで座る
  5. 冷え
  6. 座りっぱなしな生活
  7. 運動不足
  8. サイズの合わない下着の着用
  9. 同じ方向ばかり向いて寝ている

以上が、おしりが大きくなる原因です。

足を組んだり、片足に重心をかけたり、ついやってしまっていませんか?

これらの習慣は骨盤の歪みの原因となります。大きくなるばかりではなく、おしりの形にも影響が出ることもあります。

また、寝るときの姿勢も気をつけなくてはいけません。体に負担がかかるような寝方は、骨盤のゆがみを引き起こします。

理想の寝方は、仰向けです。

寝具は硬めのものが体の負担を減らせます。枕も低めで適度に硬いものを選ぶと良いでしょう。

うつぶせ寝は、最も負担がかかりますよ。

 

でも、寝ているときのことはなかなかわからないですよね。

寝る姿勢は、気をつけようという意識づけでいいんです。大切なのは、目が覚めているときにできることですよね。

次にご紹介する方法は、気づいたときにできるものばかりです。ぜひ実践してください。

 

気づいたときにできる!簡単なおしりを小さくする方法

階段 上る

普段の生活の中でも、おしりを意識するだけで効果に期待できますよ。

ご紹介する方法を積極的に取り入れて、日々を過ごしてみましょう。

 

●階段はしっかりとかかとをつけて上がる

つま先を使って階段を上がっていませんか?

かかとをつけて上がるとおしりの筋肉が使われるので効果的ですよ。

 

●おしりの筋肉を鍛える

信号の待ち時間なども有効活用できますよ。

キュッと締めて30秒維持を3回繰り返します。

歩くときに、肛門を締めるように力を入れるとさらに効果的です。

通勤中や買い物中でも実行しやすいですね、

 

● 背中を丸めず正しい姿勢をキープ

ついつい背中が丸めて歩いていませんか?

背筋を伸ばして大股で歩いてみましょう。おしりの筋肉に刺激を与えます。

 

●おしりを冷やさない

冷えは脂肪がつく原因になってしまいます。

おしりを冷やさないためにできることが、以下になります。

  • 湯船につかる
  • カイロを貼る
  • マッサージをする
  • 冷たい飲み物ばかり飲まない

血行の良い入浴中や入浴後にマッサージをするのがおすすめです。そのときは、乾燥を防ぐためにもクリームやオイルを使ってくださいね。

下半身のむくみ解消にも効果が期待できますよ。

私はいつも入浴後に、おしりをマッサージしています。

  • おしり全体を持ち上げながら円を描くようにマッサージをする
  • 太ももとおしりの境目をもみほぐす(つかむ感じ)
  • 太ももとの境から上に向かって引き上げるようにマッサージをする

座っている時間が長いときなどは、おしりがコリ固まっているような感じがしますよね。

こんなときはマッサージをすると気持ちいいです! リラックスもでき、おしりも小さくなって一石二鳥です。

おすすめですので、ぜひ試してみてください。

 

ほかに気になる部分はありませんか?

「お尻が気になる」というとき、お尻だけ鍛えると体のバランスが崩れてしまいます。

ですので、ほかの部分にもアプローチしていくのが美しいボディバランスを保つためには必要です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

おしりは簡単には痩せないですが、エクササイズや生活習慣で理想のおしりに近づくことは可能です。

エクササイズや筋トレが苦手な方はもいますよね。

そんな方は、マッサージや骨盤矯正効果のある下着を取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、普段から意識して過ごすだけでも、効果が期待できますよ。

おしりを小さくするには、毎日続けることが大切です。

あなたに合ったやり方を見つけて、理想のおしりに近づけてくださいね。

 

ダイエットに成功したいなら、成功者に学ぶべき

ダイエット成功者12名に聞いた!40kg減量体験談アリ!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

運動する女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

7053

7053

アパレル業まっしぐら人生

この人が書いた記事  記事一覧

  • 成長痛で足首が痛いときの対処。痛みの和らげ方

  • 顔むくみマッサージで早めに解消!むくみを予防する方法もご紹介

  • 【ぎっくり腰でコルセット】寝るときは外すのが基本

  • まぶたのむくみをとる方法