1. TOP
  2. ダイエット成功者12名に聞いた!40kg減量体験談アリ!

ダイエット成功者12名に聞いた!40kg減量体験談アリ!

ダイエットって、「成功したらどうなるか」というイメージがあったほうが継続しやすいんです。

そこで今回は、ダイエットに成功した人にダイエットのビフォーアフターの写真をもらい、ダイエットとして何に取り組んだか、さらに、成功して良かったお話等をお聞きしましたのでここに掲載します。

これで具体的なイメージをもって、ダイエットに取り組みましょう。

男性の体験談から紹介します。

「女性の結果だけ見たい」という方は、もくじの「女性編」のところをタップするとジャンプできて便利ですよ。

sponsored links

もくじ

男性編

事例1

ダイエット前ダイエット後

体重の変化

30kg

 

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

  • モテるようになった
  • 自分の容姿に自信がついた
  • 体が軽くなり日常生活が送りやすくなった
  • 着用できる服が増えた
  • 血液検査の結果が改善された
  • 「再び太ってはいけない」という考えが常に頭にあり、食事を存分に楽しめなくなった

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

筋トレ:週に3~5回。1回につき1時間ほど

ウォーキング:週に3回くらい。1回につき20~30分

食事制限:約1年半。普通の食事制限から糖質制限、極端な摂取カロリーの制限など様々な方法を試した

 

事例2

ダイエット前ダイエット後

体重の変化

トータルで40キロ弱。

半年で15キロ落として、そこから2年で25キロ落としました。

今はそれをキープするようにしています。

 

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

体の調子が良くなった事と、些細な変化に気づくようになって早め早めに対応出来るようになった。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

ウォーキングと食事制限を2年半くらい。

 

事例3

ダイエット前ダイエット後

体重の変化

3キロ

 

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

清々しい気持ちで毎日の生活を楽しめるようになりました。

気持ちも前向きになって最高です。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

食生活を正すように心がけました。

 

事例4

ダイエット前ダイエット後

体重の変化

30キロ落としました。

 

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

不便なことは、今まで着ていたズボン、服がガボガボになって着れなくなったことです。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

食事制限で、昼ご飯と夜ご飯を、モヤシを食べました。

朝ごはんは、ホットヨーグルとおにぎりと味噌汁を飲んでました。

 

事例5

ダイエット前ダイエット後

体重の変化

101㎏から97㎏まで痩せました。

 

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

今までは着たい服が選べなかった(XL以上しか着れなかった)が着れるようになった。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

ダイエットサプリの「シボヘール」を2ヶ月飲んだ。

オルビスのプチシェイクダイエット(1食置き換えダイエット)を3ヶ月続けた。

週3日ほど水泳。

 

事例6

ダイエット前ダイエット後

体重の変化

92㎏が10㎏落ち82㎏になりました。

 

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

ダイエットしたことで体が軽くなり好きな服も着れるようになった。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

ドイツ発祥の「フリーレティクス」を8週間継続。

 

女性編

事例1

ダイエット前ダイエット後

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

良かった事は、ほうれい線が薄くなり、頬の弛みがなくなり、二重顎が解消されたので老け顔が解消され、実年齢より5、6歳若く見られるようになりました。

太っていた頃は無表情だと口角が下がっているので、よく「怒っているの?」と聞かれていましたが、それも無くなりました。

ダイエット成功により肌質も改善され、毛穴詰まりや吹き出物もなくなりました。

顔が引き締まった事で外に出る事も人に会う事も恐くなくなり、性格も明るくなったように思います。

 

不便になったと感じる事は、年齢が20代後半で代謝が落ちている上に浮腫みやすい体質なので、食事制限を続けないとまた元通りに戻る可能性がある事です。

一度痩せた後にまた太るを繰り返すとどんどん痩せにくくなると言いますし、これからも適度にダイエットを続けなければいけない不便さがあります。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

食事制限ダイエットをしました。

飽き性なので1ヶ月で集中して痩せようと思って、以下のようにダイエットプログラムを組みました。

 

1週目
  • 朝:豆乳1パックとバナナ
  • 昼:サラダパスタ
  • 夜:湯豆腐と鶏ササミ

 

2週目
  • 朝:豆乳1パックとバナナ
  • 昼:サラダパスタ
  • 夜:お粥と鶏ササミ

 

3週目(生理期間)
  • 朝:白湯とお粥
  • 昼:サラダパスタ
  • 夜:お粥と鶏ササミ

 

4週目
  • 朝:豆乳1パック
  • 昼:お粥と鶏ササミ
  • 夜:スムージー1杯(スリムアップスリムシェイク)

 

日中接客をしており動きますから、運動ではなく食事を中心としたダイエットをしました。

むくみやすいので糖分塩分は控えめ、メニューはおでんを食べたりパンを食べる日もありましたが、基本は低カロリー食です。

何も食べないのでは辛いのでそこそこ食べつつ、豆乳で浮腫み予防、生理期間中は豆乳は私の場合はお腹を下すので控えました。

生理後は一気に落す為にスムージーを飲みました。

 

事例2

ダイエット前ダイエット後

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

ダイエットに成功して、色んな服が着れるようになりました。

今まで着ることのできなかったタイトスカートまではいるようになって感動もしました。

変化をよくわかってほしいというのもあり、写真は同じ場所、同じ服で、違いが分かりやすいようにしました。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

腹筋、背筋、腕立て伏せを毎日20~30回行い、食事は腹八分目までにするようにしました。

 

事例3

ダイエット前ダイエット後

体重の変化

ウエスト痩せがメインですが、体重も11キロ落ちました。

 

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

お腹周りを隠す様な格好をしていたが、好きな服が着られる様になったこと。

コレステロール値が下がるなど健康的な身体に体質改善されて、便秘も治ったこと。

綺麗になったと人に褒められること。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

炭水化物ダイエットとして、一食あたりのお米の量を1/3に減らし、おやつはチョコレートや生クリームはやめて、小腹が減った時はチーズやナッツ類を食べるようにしました。

代謝が悪く、痩せにくい体質だったので、基礎代謝を上げるために毎日1時間半身浴をし、ウエストのくびれを作るために、ベリーダンス教室に通いました。

以上のことを、10ヶ月間続けました。

ウエストをキープするために、ベリーダンスはダイエット後も続けています。

 

事例4

ダイエット前ダイエット後

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

ダイエットして一番良かったのはきつかったズボンがスリムになり気持ちよくはける。

動きやすいことで気持ち的にも上がります。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

運動と食事制限と早寝早起きを心がけました。

 

事例5

ダイエット前ダイエット後

体重の変化

20kg痩せました。

 

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

きっつきつだったデニムがぴったり履けるようになった事がとても嬉しいです。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

産後ダイエットなので授乳で痩せました。

 

事例6

ダイエット前ダイエット後

体重の変化

62kgから46kgになりました。

 

ダイエットに成功して、良かったこと・不便になったこと

洋服の幅が広がりました。

今までは避けていたタイトめな服を好んで着るようになりました。

 

ダイエットとして、何をどれくらいしたか

食事の管理と一番の要因は出産です。

プレートご飯で栄養と量の調節と、産後の母乳で痩せました。

 

…以上がダイエット成功者の画像と体験談です。

以下では、成功者が行ったことをあらためてまとめてみます。

 

ダイエット成功者の行ったこと

大きく分けると

  • 食事制限
  • 運動
  • 生活習慣
  • サプリ

でしたね。

 

食事制限

極端なものもありましたが、栄養バランスを気にしつつ、カロリーを抑えるのが基本です。

“摂取カロリー<消費カロリー”となっていれば痩せます。

 

運動

運動することで消費カロリーを上げることができますし、引き締まった体になります。

同じ体積として、筋肉は脂肪より重いですので、筋肉を付けると

「引き締まったけど体重はあまり変わっていない」

ということも起きます。

体重を落とすことを優先するなら筋肉がつきやすい運動はほどほどにしましょう。

引き締めを優先するなら筋肉がつきやすい運動も効果的です。

 

「フリーレティクス(Freeletics)」を実践していた人もいましたね。

これはアプリで、きつめの運動用のものです。

YouTubeの動画をひとつ紹介しておきます。

「どういうことをするのか」個人的には一番わかりやすかったです。

 

アプリをダウンロードできるページへのリンクを設置しておきますので、気になったらチェックしてみましょう。

Freeletics Bodyweight(iTunes)

Freeletics Bodyweight(Google Play)

 

生活習慣

半身浴だったり、早寝早起きだったりでしたね。

規則正しい生活にしたほうが、食生活の改善にしても運動にしても、続けやすいでしょう。

あとは「授乳」というのもありましたね。

 

サプリ

これはお一人いらっしゃいました。

手っ取り早く痩せようと思ったら、ちゃんとしたものにお金をかけたほうがいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

いろんなやり方、いろんな結果があります。

しかし、共通点もあります。

それは、結果が出るまで続けたことです。

しばらく続けて、うまくいかなかったら違う方法を試して、結果が出るまで続けるのです。

いい結果が出たあとの具体的なイメージができていれば、うまくいかなかったときも

「うまくいかない方法をひとつ見つけた」

と前向きでいられますよ。

 

手っ取り早く痩せようとすれば、食事制限や運動でつらい思いをするか、お金をかけるかです。

本当に

「痩せたい」

と思っているならありえないと思いますが、まさかジャンクフードだったり清涼飲料水だったりを食べたり飲んだりしていませんよね。

それは太るためにお金を使っているようなものです。

どうせなら痩せるためにお金を使いましょうよ。

 

さて、このサイト内にはいろんなダイエット記事がありますので、気になったら読んで、実践してみてくださいね。

まずはあなたの目標を明確にして、あなたにあった方法を探しましょう。

ダイエットに関する記事一覧

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・一児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイエット成功者12名に聞いた!40kg減量体験談アリ!

  • 新しくなった洗濯表示の一覧!

  • 一人暮らしは何歳からか、何歳までか、平均も調査しました!

  • 「母乳育児いつまで?」のすべての疑問を解決しましょう!