1. TOP
  2. 学び
  3. 竹冠に二【竺】読み方は“ジク・チク・トク”。天竺は“てんじく”。

竹冠に二【竺】読み方は“ジク・チク・トク”。天竺は“てんじく”。

学び
 

竺

とくにファッションセンターで服を選んでいるとき、“竺”という字を目にしますよね。

“天竺編み”というやつです。

「なんかすごそうだけど、何と読むんだろう」

と、編み方よりも読み方のほうが気になって、“竹冠に二”と検索したりしますよね。

“天竺編み”は“てんじくあみ”と読みます。

ほかにも読み方はありますので、以下で紹介します。

そして“天竺編み”とはどういうものかも軽くまとめます。

“竺”の読み方と意味

音読み

“チク”または“トク”と読みます。

 

“チク”と読むとき、意味は“竹”と同じで、

“トク”と読むとき、意味は“篤”と同じようです。

 

慣用音

“ジク”と読むのは、本来の音読みとは違いますが、日常的にそう読まれているので、慣用音としての立ち位置です。

「てんじくてんじく読まれてるし、“じく”も認めていいよね」

という感じの漢字です。

 

参考:明解漢和辞典 – 三省堂

 

天竺編みとは

ニットの編み方の一種で、平編みの別名です。

そして棒針編みにおいてはメリヤス編みとも呼ばれる編み方です。

 

細い繊維より太い繊維のほうが、どういう編み目なのかわかりやすいと思いましたので、

ひとつメリヤス編みの動画を紹介します。

一言で「メリヤス編み」と言っても、

  • フランス式
  • アメリカ式
  • そのほか

と、流派のようなものがあり、奥が深いですね。

 

では、ほかの編み方とはどう違うのでしょうか?

編み方で出る違いを知っておくと、自分に合った服を選びやすいですね。

天竺編みとフライス編みで変わるもの

シャツ、セーター、アンダーウェアあたりでは、天竺編みのものとフライス編みのものが多く流通しています。

天竺編みも、フライス編みも、横に伸びやすいという特徴があります。

比較すると、フライス編みのほうがかなり横に伸びます。

 

同じサイズでも、天竺編みよりフライス編みのほうが小さめに作られていて、着るとピタッとくる感じになります。

フライス編みのものなら、アウターへの影響が少ないですね。

 

天竺編みのものは、同じサイズでもフライス編みよりゆったり作られています。

「アンダーウェアだけど、アウターとしても使う」といった夏場のTシャツは、天竺編みのものを選んだ方が良さそうですね。

 

ところで、なぜ“天竺”編みと呼ばれるのでしょう?

なぜ“天竺”編みか

昔の日本人は、インドのことを“天竺”と呼んでいました。

そしてインドで採れた綿を、“天竺木綿”と呼び、

インドで作られた平織りの綿織物も、“天竺”と呼んでいました。

 

つまり最初は編み方で分類していたのか、生産地で分類していたのか、区別があいまいだったところが、

今では編み方自体を“天竺編み”と呼ぶようになっていますし、

天竺編みで作られた布は“天竺素材”と呼ぶようになっています。

昔は、“フランスから入ってきた天竺素材”なんてありえない表現だったでしょうが、

今なら「フランスから輸入した、天竺編みの布」と理解することができますね。

まとめ

“竺”読み方は“ジク・チク・トク”です。

ただし“ジク”は慣用音に分類されます。

 

今回は天竺編みとフライス編みの違いにも触れました。

これで服を選ぶとき、編み方まで見て、あなたに合ったものを選べるようになりましたね。

 

「竹冠に…」読み方や意味がわかりにくい漢字

竹冠に馬【篤】読み方は“あつ・トク”。人名なら“あつし”。意味は本文で紹介します。

竹冠に前【箭】読み方は“セン・や”。意味は本文で紹介します。

竹冠に師【篩】読み方は“シ・ふるい・ふる”。使い方は本文で紹介。

竹冠に龍・竜【籠・篭】読み方は“ロウ・かご・こ・こも”。意味や成り立ちは本文で

竹冠に見【筧】読み方は“かけい・かけひ・ケン”。意味は本文で。

竹冠に国みたいな…【筐・筺】読み方は“キョウ・かご・かたみ”。“筐・筺”どちらが正しいか。

竹冠に旬【筍】読み方は“ジュン・シュン・たけのこ”。

竹冠に藤の下みたいな…【籐】読み方は“トウ”。丈夫で細工に使われる。

竹冠に呂【筥】読み方は“キョ・コ・はこ”。意味は箱だが特別な箱。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

竺

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・二児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 草冠に重【董】読み方は“トウ・ただ”。似た漢字に惑わされそう。

  • 草冠に秋【萩】読み方は“シュウ・はぎ”。“荻(おぎ)”と間違えなくなる覚え方も紹介。

  • 草冠に時【蒔】読み方は“シ・ジ・ま”。“蒔絵”は“まきえ”。

  • 草冠に糸に…【茲・慈・蘊】読み方は?