1. TOP
  2. 学び
  3. 竹冠に前【箭】読み方は“セン・や”。意味は本文で紹介します。

竹冠に前【箭】読み方は“セン・や”。意味は本文で紹介します。

学び
 

箭

とくにお仕事で名前の入力を担当していたりすると、“箭”の字を名字に持つ人がいたときに

「これなんて読み方なんだろう」

「なんて入力したら漢字に変換できるんだろう」と思いますよね。

テレビで名前をテロップで紹介されているときも

「なんて読むんだろう」と思いますよね。

そして

「わからないから“竹冠に前”!」と検索してみた方も多数だと思います。

さて今回は、“箭”の読み方意味を紹介します。

普段使うことはあまりないかもしれませんが、スッキリしていってください。

“箭”の読み方

音読み

“セン”と読みます。

 

訓読み

“や”と読みます。

人名で用いられているのは、こちらの読み方が多いかと思います。

“箭内”で“やない”という読み方は一例ですが、聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。

 

名字で使われている“箭”の読み方

“セン・や”という読み方以外にも、読み方があります。

  • ゼン

というものです。

 

さらにほかの漢字とくっつくことで、間にクッションが入ることもあります。

“箭内”で“やのうち”と読ませたり、“やんない”と読ませたりします。

 

漢字に変換するとき

私が使っているアンドロイド端末では、“や”のほうが候補が少なく、見つけやすかったです。

PCでは“や”からの変換では一度「単漢字」を選んでから探さないといけませんでしたので、結果的に“セン”を変換したほうが早かったです。

 

“箭”の意味

矢です。

ただし竹であることを象徴する竹冠がついていますので、竹矢にしか用いるべきではありません。

 

私は中学校から大学まで弓道をしていましたので、矢についても知識があります。

現代弓道の矢の素材は

  • ジュラルミン
  • カーボン

の3種類です。

ジュラルミンとカーボンの矢は、“矢”であって“箭”ではありません。

竹矢は“矢”であり“箭”でもあります。

竹箭と書くと“箭”に含まれる“竹”の意味と“竹”の漢字そのものの意味が重複しますので不適切だと思うのですが、漢文の世界では普通に使われているようです。

 

よく見ると“前”じゃない

“箭”の、竹冠の下、よく見ると“前”じゃないんですよね。

“前”でもOKとされる場面は多いようですが、正確には“月”の中の二本線は、右下がりです。

まとめ

“箭”の読み方は、通常なら“セン”または“や”です。

人名であれば、“キ”や“ゼン”と読ませることもあります。

意味は“竹矢”です。

 

よく見ると“竹冠に前?”な“箭”。

月の中の線は右下がりです。

 

それにしても“竹箭”、気持ち悪い表現です。

ほかに適切な例を思い付かないほどに気持ち悪いです。

“黒ブラックホール”

“頭痛が痛い”

“目にさす目薬”

そんな感じです。

 

「竹冠に…」読み方や意味がわかりにくい漢字

竹冠に馬【篤】読み方は“あつ・トク”。人名なら“あつし”。意味は本文で紹介します。

竹冠に呂【筥】読み方は“キョ・コ・はこ”。意味は箱だが特別な箱。

竹冠に二【竺】読み方は“ジク・チク・トク”。天竺は“てんじく”。

竹冠に藤の下みたいな…【籐】読み方は“トウ”。丈夫で細工に使われる。

竹冠に国みたいな…【筐・筺】読み方は“キョウ・かご・かたみ”。“筐・筺”どちらが正しいか。

竹冠に旬【筍】読み方は“ジュン・シュン・たけのこ”。

竹冠に見【筧】読み方は“かけい・かけひ・ケン”。意味は本文で。

竹冠に龍・竜【籠・篭】読み方は“ロウ・かご・こ・こも”。意味や成り立ちは本文で

竹冠に師【篩】読み方は“シ・ふるい・ふる”。使い方は本文で紹介。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

箭

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者

・熊本出身在住

・二児の父

・九州大学経済学部経済工学科卒


塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。


アンケート調査楽しいです。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 【子供と遊ぶ】熊本県八代市坂本町のアスレチック公園、くま川ワイワイパーク!

  • 草冠に宣【萱】読み方は“ケン・カン・かや”。萱と茅は同じ植物群を指す。

  • 草冠に昌【菖】読み方は“ショウ”。“菖蒲”は“しょうぶ”。人名なら“あや・あやめ”とも。

  • 草冠に西【茜】読み方は“セン・あかね”。茜は赤色系の染料にもなる。