1. TOP
  2. 学び
  3. 竹冠に見【筧】読み方は“かけい・かけひ・ケン”。意味は本文で。

竹冠に見【筧】読み方は“かけい・かけひ・ケン”。意味は本文で。

学び
 

筧

初めて“筧”の字を目にしたとき、「何と読むんだろう」と思い、“竹冠に見る”と検索しますよね。

人の名字で使われている場合、その多くは“かけい”と読みます。

有名な俳優さんでは“筧 利夫(かけい としお)”さん、有名なモデルさんでは“筧 美和子(かけい みわこ)”さんがいらっしゃいます。

漢字は知らなくても、名前を耳にしたことはあったのではないでしょうか。

 

実はほかにも多くの読み方がありますので、知っておくとほかの読み方の筧さんに合ったとき、「この人は勉強してるな」と第一印象を良くすることもできるでしょう。

“筧”の読み方と意味

訓読み

“かけひ”と読みます。

こう読む場合は“掛け樋”や“懸け樋”と書かれることもあります。

どちらにしても名詞であり、地上にかけ渡して水を通す竹の意味です。

“懸け樋”と画像検索してもらえると、わかりやすい画像がいくつも出てきますよ。

 

建築現場では雨樋(あまどい)のことを指すこともあります。

 

音読み

“ケン”と読みます。

この読み方で私が知っている熟語は、“筧水(けんすい)”しかありません。

漢字そのまま“筧を流れる水”という意味です。

 

ほかに何か熟語あるんですかね?

辞書で調べても見つけきれませんでした。

 

人名に使うとき

“筧”一文字では、“かけい”、“かけひ”と読ませる名字がほとんどの印象なのですが、ほかには

  • かけ
  • かくい
  • かけの
  • けん

と読ませることもできるようです。

 

さらに

“筧田”と書いて

  • といた
  • といだ

と読ませる名字もあります。

もちろんそのまま

  • かけいだ
  • かけひだ

と読ませる名字もあり、本人に確認しないと正確な読み方はわかりませんね。

まとめ

“筧”一文字では“かけい・かけひ・ケン”と読みます。

人名に使われると、

  • かけ
  • かくい
  • かけの
  • けん

と読んだり、

“筧田”と書いて

  • といた
  • といだ

と読んだりします。

 

“筧(かけひ)”は“懸樋”で、地上にかけ渡して水を通す竹の意味です。

建築現場では“雨樋”のことを指すときがあります。

 

さて、これで実際に名前に“筧”の字を持つ方に会ったときも大丈夫ですね。

 

「竹冠に…」読み方や意味がわかりにくい漢字

竹冠に馬【篤】読み方は“あつ・トク”。人名なら“あつし”。意味は本文で紹介します。

竹冠に前【箭】読み方は“セン・や”。意味は本文で紹介します。

竹冠に師【篩】読み方は“シ・ふるい・ふる”。使い方は本文で紹介。

竹冠に呂【筥】読み方は“キョ・コ・はこ”。意味は箱だが特別な箱。

竹冠に二【竺】読み方は“ジク・チク・トク”。天竺は“てんじく”。

竹冠に藤の下みたいな…【籐】読み方は“トウ”。丈夫で細工に使われる。

竹冠に龍・竜【籠・篭】読み方は“ロウ・かご・こ・こも”。意味や成り立ちは本文で

竹冠に国みたいな…【筐・筺】読み方は“キョウ・かご・かたみ”。“筐・筺”どちらが正しいか。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

筧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・二児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 草冠に重【董】読み方は“トウ・ただ”。似た漢字に惑わされそう。

  • 草冠に秋【萩】読み方は“シュウ・はぎ”。“荻(おぎ)”と間違えなくなる覚え方も紹介。

  • 草冠に時【蒔】読み方は“シ・ジ・ま”。“蒔絵”は“まきえ”。

  • 草冠に糸に…【茲・慈・蘊】読み方は?