1. TOP
  2. 学び
  3. 竹冠に呂【筥】読み方は“キョ・コ・はこ”。意味は箱だが特別な箱。

竹冠に呂【筥】読み方は“キョ・コ・はこ”。意味は箱だが特別な箱。

学び
 

筥

はじめて“筥”の字を見たとき、「何と読むんだろう?」と思いますよね。

そして“竹冠に呂”と検索したりしますよね。

さらに検索しようと思ったきっかけは、福岡にある筥松(はこまつ)ではありませんか?

もしくは筥崎宮(はこざきぐう)ではありませんか?

だとしたら、「神社がある土地は“箱”崎なのに、何で“筥”崎宮?」と思ったりもしますよね。

ということで今回は、“筥”の読み方と意味、さらに筥崎宮はどうして“箱”崎宮でなく“筥”崎宮なのかということもお話します。

スポンサーリンク

“筥”の読み方

音読み

“キョ”または“コ”です。

 

“筥”を“コ”と読ませる熟語は、“華筥(けこ)”くらいしか知りません。

法要のときに花びらを撒かれることがありますが、撒く前の花を入れておく仏具が“華筥”です。

 

“キョ”と読ませる熟語はひとつも知りませんでしたので、

調べてみたのですが、見つかりませんでした。

 

訓読み

“はこ”です。

おそらくあなたが知りたかった読み方はこちらでしょう。

 

さて、つぎは意味です。

“筥”の意味

“筥”は“箱”と同じ「入れ物」を指します。

ただし“筥”には特別な意味があります。

 

“筥”は、スギやヒノキの皮を曲げて円筒状にして、底を付けた入れ物です。

「曲げ物」とも呼ばれます。

 

曲げ物は、昔の人の普段の生活の中だけでなく、神事に置いて特別な使われ方をしています。

それが、筥崎宮が“筥”崎宮であり、地名の箱崎が“箱”崎であることにつながってきます。

 

筥崎宮は“筥”崎宮、地名の箱崎は“箱”崎な理由

調べてもはっきりしませんでしたので、筥崎宮の社務所に問い合わせてみました。

要約すると、

応神天皇がお産まれになった際、へその緒と胎盤を“筥”に入れて埋めて祀った。

 

埋めた上には目印として松を植え、その松があるのが、現在の筥松地区。

“筥”の目印の“松”があるから、“筥松”。

 

そうです。

筥崎宮のすぐ近くです。

筥崎宮は応神天皇を主祭神としていますから、筥松の近くにあり、“筥”崎宮を名乗っています。

 

一方箱崎は、糟屋郡箱崎町として誕生しました。

このとき“箱崎”は、“筥”が埋められた松のある場所に近い“崎”であることから、“箱崎”と名付けられました。

 

“筥”は、応神天皇のへその緒や胎盤が入れられている、おそれ多いものでした。

箱崎は“筥”に直接関連があるわけではないので、“筥”のかわりに“箱”の字を使ったということです。

要約としてはちょっと長くなってしまいましたが、そういうことです。

スポンサーリンク

まとめ

“筥”の読み方は、

音読みなら“キョ・コ”

訓読みなら“はこ”です。

 

意味は“箱”とほとんど同じですが、特定の性状・形質をもつ、“曲げ物”を指します。

 

筥崎宮が“筥”崎宮であるのは、箱崎にあり、応神天皇を祀っているから。

神聖な場所ですので、“筥”を使っても差し支えない。

 

箱崎は“筥”が埋まっているところに近い“崎”ですが、直接関連があるわけではないので、

おそれ多い“筥”の字は使わず、“箱”崎となったというお話です。

 

「竹冠に…」読み方や意味がわかりにくい漢字

竹冠に馬【篤】読み方は“あつ・トク”。人名なら“あつし”。意味は本文で紹介します。

竹冠に前【箭】読み方は“セン・や”。意味は本文で紹介します。

竹冠に師【篩】読み方は“シ・ふるい・ふる”。使い方は本文で紹介。

竹冠に龍・竜【籠・篭】読み方は“ロウ・かご・こ・こも”。意味や成り立ちは本文で

竹冠に見【筧】読み方は“かけい・かけひ・ケン”。意味は本文で。

竹冠に国みたいな…【筐・筺】読み方は“キョウ・かご・かたみ”。“筐・筺”どちらが正しいか。

竹冠に旬【筍】読み方は“ジュン・シュン・たけのこ”。

竹冠に藤の下みたいな…【籐】読み方は“トウ”。丈夫で細工に使われる。

竹冠に二【竺】読み方は“ジク・チク・トク”。天竺は“てんじく”。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

筥

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・二児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 草冠に祭【蔡】読み方は“サイ・サツ”。名字なら中国系で、呼ぶなら“ツァイ”?

  • 草冠に刑【荊】読み方は“ケイ・いばら”。人名・地名では難読なものアリ。

  • 草冠に名【茗】読み方は“メイ・ベイ・ミョウ・ちゃ”。意味は本文中で。

  • 草冠に無【蕪】読み方は“ブ・あ・かぶ・かぶら”。“かぶ”は野菜。