1. TOP
  2. 学び
  3. 竹冠に龍・竜【籠・篭】読み方は“ロウ・かご・こ・こも”。意味や成り立ちは本文で

竹冠に龍・竜【籠・篭】読み方は“ロウ・かご・こ・こも”。意味や成り立ちは本文で

学び
 

籠

はじめて“籠”や、その略字である“篭”の字を見たとき、

「なんて読むんだろう」と思いますよね。

読み方がわからないとスマホやPCで漢字に変換することもできず、

竹冠に龍”と検索していらっしゃる方がほとんどでしょう。

さて今回は、“籠”の読み方と意味を紹介します。

意味の理解を助けるために成り立ちまでお話ししますので、

よかったら最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

“籠・篭”の読み方

音読み

“ロウ”です。

熟語としては“籠城(ろうじょう)”が、

最も目にする機会が多いかと思います。

 

訓読み

“かご”“こ”または“こも”と読みます。

“かご”と読む場合は“籠”一文字で使われることが多いです。

基本的に“竹でできたかご”を指します。

人力で移動する、大名行列のときのアレは“駕籠”という表記になります。

 

“こ”と読む場合は、私が知っている範囲では“籠手”しかありません。

剣道で手に着ける防具ですね。

 

“こも”と読ませる場合は動詞であり、送り仮名に終止形で“る”が来ます。

使い方としては「城に籠る」といった使い方になります。

 

“籠・篭”の意味

読み方のところで使い方まで説明してしまいましたので、

それで意味までわかってしまわれた方は鋭い。

“籠”が意味するものはズバリ

「竹でできた入れ物で、何かを守っている状態」です。

 

その意味から転じて、

「中に何かを入れておくための物」

「外から見えないよう、中に入ったまま過ごす」

という意味の熟語にも使われていると考えられます。

 

さっきの“籠手”でしたら、手を中に入れておきますよね。

「手を籠らせる」から“籠手”です。

さっきの“籠城”でしたら、城の中に入ったまま過ごすことですよね。

「城に籠る」から“籠城”です。

 

“籠・篭”の成り立ち

“竹冠に龍”です。

竹冠はそのまま素材を表しています。

「竹でできたもの」ということです。

 

では龍は?

ドラゴンを想像する方がほとんどでしょう。

私も最初はそう思っていました。

しかし「竹の下にドラゴン」では「外から見えないよう、中に入ったまま過ごす」という意味は連想しにくく、

「もしかしたら“龍”には“ドラゴン”以外の意味があるのかな」と思って辞書を調べてみました。

そしたら、ドラゴン以外の意味を見つけました。

“龍”には「すぐれた人物の例え」という意味があるのです。

参考:明解漢和辞典 – 三省堂

 

「竹の下にすぐれた人物」とするなら、

「すぐれた人物を、竹で作った何かで外から見えないようにして守る」ということが連想でき、

“籠る”という意味を見事に表す状態に行き着きます。

私はこの考え方が一番スムーズに納得できます。

スポンサーリンク

まとめ

“籠・篭”の読み方は、“ロウ・かご・こ・こも”です。

“籠”の字そのものの意味は「竹でできた入れ物で、何かを守っている状態」です。

成り立ちから考えれば、“龍”に「すぐれた人物の例え」という意味があり、

“籠”は「すぐれた人物を、竹で作った何かで外から見えないようにして守る」という状態であることが納得できます。

これでスムーズに読めるようになっただけでなく、書くときも適切に“籠・篭”を扱えますね。

おめでとうございます。

 

「竹冠に…」読み方や意味がわかりにくい漢字

竹冠に師【篩】読み方は“シ・ふるい・ふる”。使い方は本文で紹介。

竹冠に前【箭】読み方は“セン・や”。意味は本文で紹介します。

竹冠に馬【篤】読み方は“あつ・トク”。人名なら“あつし”。意味は本文で紹介します。

竹冠に呂【筥】読み方は“キョ・コ・はこ”。意味は箱だが特別な箱。

竹冠に二【竺】読み方は“ジク・チク・トク”。天竺は“てんじく”。

竹冠に藤の下みたいな…【籐】読み方は“トウ”。丈夫で細工に使われる。

竹冠に国みたいな…【筐・筺】読み方は“キョウ・かご・かたみ”。“筐・筺”どちらが正しいか。

竹冠に旬【筍】読み方は“ジュン・シュン・たけのこ”。

竹冠に見【筧】読み方は“かけい・かけひ・ケン”。意味は本文で。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

籠

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・二児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 草冠に祭【蔡】読み方は“サイ・サツ”。名字なら中国系で、呼ぶなら“ツァイ”?

  • 草冠に刑【荊】読み方は“ケイ・いばら”。人名・地名では難読なものアリ。

  • 草冠に名【茗】読み方は“メイ・ベイ・ミョウ・ちゃ”。意味は本文中で。

  • 草冠に無【蕪】読み方は“ブ・あ・かぶ・かぶら”。“かぶ”は野菜。