1. TOP
  2. 【プチ断食のやり方】1日断食に3日かけてゆるやか安全デトックス!

【プチ断食のやり方】1日断食に3日かけてゆるやか安全デトックス!

健康
 

「約一か月食べなかった」という人も出てきて話題となった断食。

「ちょっとそこまでは」と思った方も多いでしょうが、プチ断食は良いことが、たくさんあります。

正しいプチ断食のやり方を学んで、あなたも一緒にデトックスをしてみましょう。

スポンサーリンク

プチ断食のやり方

オーソドックスなプチ断食のやり方は、3日間で行う方法です。

  • 1日目「断食の前準備」
  • 2日目「断食本番」
  • 3日目「断食からの回復」

という3日間のスケジュールです。断食というと、食事は全くダメというイメージがあるかもしれません。そんなことはありません。必ず水分は摂りましょう。アルコールは厳禁ですが、水分は必要です。

3日間のプチダイエットでは、実際に食べないのは、1日だけです。1日目は断食の準備段階という気持ちで取り組むと、気持ちが楽になりますよ。

 

1日目

プチ断食の前準備日です。朝食と昼食は普通に食べても大丈夫です。夕食から、準備を始めてください。普段より、軽めの食事にしましょう。なるべく消化の良い食事をお勧めします。

野菜たっぷりのラタトゥユ、大根おろしとちりめんじゃこの和え物。タラの身のスープなど、美味しくて食べやすいものは沢山あります。

この日に、心掛けるのはいつもより多めに水を飲むことです。デトックス効果を上げるためにも、2~3リットルを目安にじゃんじゃん飲んでしまいましょう。

 

2日目

断食本番です。この日が、勝負の日です。コーヒー、お酒、ジュースなどの嗜好品は飲めません。

だからといって、朝から全く飲まず食わずというのも、かえって体に良くありません。たっぷりしっかりお茶やお水を摂りましょう。辛くなってきた場合は、紅茶や野菜ジュースなどを飲んでも良いでしょう。

水を飲む女性

ただし、市販の野菜ジュースには糖分がたっぷり入っています。面倒でも自家製の野菜ジュースが良いですね。いまは、ネットで冷凍野菜の取り扱いもあります。

暑くてつらいときは、冷凍野菜のスムージーを摂るのも気持ちが変わるのでお勧めです。

野菜ジュースやスムージーの選び方や作り方はつぎの記事に詳しく書いています。

ファスティングを成功させる!プチ断食野菜ジュースを詳しく解説!

 

普段通りの生活をしても大丈夫ですが、あまり激しい運動は避けた方がいいでしょう。

 

3日目

回復期に入ります。朝からお腹が空いていることでしょう。朝ご飯は、普段の半分の量で済ませます。ゆっくりと良く噛んで、時間をかけて食べましょう。

2日目に取らなかった固形物をいきなり胃に入れると胃が驚いてしまいます。お粥、ホットヨーグルトなどが消化も良く摂りやすいです。重湯から慣らしていくのもいいですね。

おかゆ

お昼も、普段より少なめの量を心がけてください。夕食からは、普段通りで問題ありません。ただ、胃が小さくなっているので、あまり負担のかからない食事にしましょう。昼食も、いつもの量の半分にします。夕食は普通通りにもどして大丈夫です。

 

プチ断食の注意点

断食中だからといって、水分まで制限するのは禁物です。

また、2日目は、固形物をとらないのですが、1日目、3日目は、きちんと食事をしましょう。3日間の飲まず食わずは、体調不良を招きます。

同時に、カロリーを減らそうと運動をしてしまうあなた。激しい運動は、「省エネモード」の身体には辛いものです。本を読む、DVDを見るなどの静かな環境に身を置いてみましょう。

回復期

断食をして、「あぁ辛かった」と、最初の食事をするときはウキウキするでしょう。その際に気を付けてください。回復期に、何を胃に入れるかが大事です。

せっかくデトックスしたのに、食品添加物がたくさんのレトルト食品、お湯をそそぐだけで作るスープなどは避けましょう。手間はかかりますが、できるだけ自分で作ったものを、口にするようにしましょう。

今は、通販で無農薬野菜も手に入る時代です。無農薬野菜の冷凍食品もあります。新鮮で安心なものを使って、食事することをお勧めします。

食べすぎにも注意。省エネモードの身体は、ほんの少しの栄養でも、吸収しやすくなっています。食べすぎると、かえって太ってしまいます。少な目の量で、ゆっくりと身体を戻してください。

 

プチ断食の嬉しい効果

ここであらためて、プチ断食のメリットをご紹介します。

笑顔の女性

ダイエット効果

断食をすることで、胃が空っぽになります。カロリーが不足するため「身体に蓄えられた体脂肪」が消費に回されます。これで、余分な体脂肪が消えてくれるというわけです。

デトックス効果

私たちの周りには、様々な有害物質が存在しています。知らず知らずのうちにため込んでしまっているそれらを排出してくれるのです。

断食をすることで、腸内の酵素が増え、もともとの酵素の力がアップし、腸内環境の改善、便秘解消にもつながるのです。

美肌効果

1日3回の食事、そして間食。これは、身体が常に消化作業をしているということです。内臓は働き続けています。これが断食をすることにより、消化作業はお休みになります。

そのため、ほかの働きが活性化し、老廃物や有害物質を外に排出するエネルギーへと変化します。血液もサラサラになるので栄養が全身に届きやすくなります。

お肌への効果も、一段とアップしてくるのです。

体質改善

空腹になることにより、自立神経が刺激されます。現代人は、自律神経が乱れがち。断食は、自律神経が正常化し、基礎代謝も上がり、太りにくい体質へと変化させてくれます。

また、内臓がお休みできる期間なので、その後は、正しく機能し、エネルギー吸収も良くなるのです。

身体の脂肪分が減り、体重の減少があります。摂取カロリーが大幅に制限される「プチ断食」。身体に蓄積された、脂肪分でもってカロリー消費を進めていきます。

自ずと脂肪の分解が促進されていきます。脂肪と共に蓄積されていた有害物質が、分離し身体の外へ排出されていくのです。

余分なものがはいらない、断食。血流も良くなり、新陳代謝も活発に。水分は大量に補給されるため、便秘解消にも役立ちます。

デトックスを促進してくれるプチ断食。新陳代謝が活発になるということは、美肌効果も絶大です。

 

プチ断食の、勘違いされやすい効果

プチ断食は、行ったつぎの日は体重が落ちます。

つまりダイエット効果があると言えます。

ただしその後の食生活を元に戻せば、体重は元通りです。

「ダイエットのために」と思って取り組むのであれば、断食して小さくなった胃を維持することが必要なのです。

そうすれば体重が減った状態で維持できるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

スッキリと痩せられて、内臓の調子もよくなるプチ断食。そのうえ、美肌効果もあるのだったら、やらない手はありませんね。

ただし、気を付けたいのはやらない方がいい人もいるということ。摂食障害の経験者、成長期の子供、妊娠中の女性、持病のある方、体重の少ない方。これらの方は、お勧めしません。

自分の身体をきちんと、見つめたうえで「プチ断食」をしてください。自分の身体を良い方向に導くための「プチ断食」で、身体を壊してしまったら元も子もありません。

健康な自分を作るための「プチ断食」ということをお忘れなく!

プチ断食関連記事

プチ断食には野菜ジュース!ファスティングには欠かせない!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

蒼い魚

蒼い魚

ストレッチインストラクター。
約15年、企業で経理職を経験。週末だけのインストラクターを本業にし、現在はストレッチを教えています。
趣味は洗い物。知人の家で鍋を磨いちゃったりしています。くもったガラスなんかを見ると、磨かずにはいられない。これって趣味ですよね?

この人が書いた記事  記事一覧

  • 女性の痩せやすい時期。それは生理後です。

  • 【プチ断食のやり方】1日断食に3日かけてゆるやか安全デトックス!

  • 【2週間で5キロ痩せるには】速攻で効果を出したいときに!

  • 【腰痛予防】辛い痛みを回避する!らくらく簡単5分間ストレッチ