1. TOP
  2. 子ども
  3. 七五三は数え年でも満年齢でもいい。経済的には来年が吉。

七五三は数え年でも満年齢でもいい。経済的には来年が吉。

子ども
 

数え年で七五三をするか、満年齢で七五三をするかというのは、とくに初めてのお子さんのときに考えますよね。

結論から言ってしまうと、伝統的には数え年ですが、今は満年齢でも良くなっています。

“子供の成長にあわせて”

というのが無難です。

今回は、数え年七五三をやることと、満年齢でやることの違いをみていきましょう。

(※とくに早生まれの子については、つぎの記事で掘り下げていますので、そちらもあわせてご覧ください。→七五三は、早生まれはいつやるものか。スムーズにお参りするために。

最後は経済的なお話をします。

来年のほうがお得かもしれませんよ。

3歳のお参りを数え年でするか、満年齢でするか

女の子

数え年で行う(今年)

例えば今年、2017年11月15日に七五三をするとして、数え年3歳のお参りをしようとしているなら、お子さんは2015年1月1日~12月31日生まれですよね。

1月生まれでしたら満年齢にして2歳10ヶ月。

12月生まれでしたら満年齢で1歳11ヶ月です。

 

満年齢2歳といえば、イヤイヤ期真っ最中の子が多いでしょう。

その子の成長次第なのですが、早生まれの子でしたらイヤイヤ期を過ぎている子も多くなっているでしょうから、比較的落ち着いてお参りすることができそうです。

あとは11~12月生まれの子でしたら、イヤイヤ期に入っていないことも考えられます。

そのときはスムーズにお参りできますね。

 

満年齢で行う(来年)

例えば来年、2018年11月15日に七五三をするとして、満年齢3歳のお参りをするなら、お子さんは2014年11月16日~2015年11月15日生まれですよね。

2014年11月生まれでしたら満年齢にして3歳11ヶ月。

2015年11月生まれでしたら満年齢で3歳0ヶ月です。

満年齢3歳ともなればイヤイヤ期を過ぎ(※これも子どもの成長次第なのですが…)、落ち着いてお参りできるでしょう。

 

満年齢で行う(再来年)

11月15日に七五三をするとして、11月16日~12月31日生まれの子は、数え年で行うか満年齢で行うかという考え方をすると、2年空いてしまいます。

これは数え年の数え方の特性によるものです。

 

例えば再来年、2019年11月15日に七五三をするとして、満年齢3歳のお参りをするなら、お子さんは2015年11月16日~2016年11月15日生まれですよね。

満年齢3歳0ヶ月~11ヶ月ですので、やはり落ち着いてお参りできるでしょう。

 

数え年3歳でなく、満年齢3歳でもない、間の期間に行う

前述のように、数え年か満年齢かという考え方では、 11月15日に七五三をするとしたら11月16日~12月31日生まれの子は、2年のズレがあります。

11月16日~12月31日生まれの子は、数え年3歳でなく、満年齢3歳でもない、間の期間に七五三のお参りを行うことも選択肢に入ります。

例えば来年、2018年11月15日に七五三をするなら、数え年は4歳、満年齢は2歳10ヶ月~11ヶ月になります。

早い子であればイヤイヤ期を過ぎ、落ち着いてお参りできるころですね。

 

 

5歳のお参りを数え年でするか、満年齢でするか

男の子

数え年で行う(今年)

例えば今年、2017年11月15日に七五三をするとして、数え年5歳のお参りをしようとしているなら、お子さんは2013年1月1日~12月31日生まれですよね。

1月生まれでしたら満年齢にして4歳10ヶ月。

12月生まれでしたら満年齢で3歳11ヶ月です。

 

この年にお参りするのは男の子。

満年齢4歳でしたら、元気に暴れまわる年頃です。

お母さんの手に余ることもあるかと思いますので、お父さんも一緒にお参りできるのがベストですね。

 

満年齢で行う(来年)

例えば来年、2018年11月15日に七五三をするとして、満年齢5歳のお参りをするなら、お子さんは2012年11月16日~2013年11月15日生まれですよね。

2012年11月生まれでしたら満年齢にして5歳11ヶ月。

2013年11月生まれでしたら満年齢で5歳0ヶ月です。

満年齢5歳ともなれば、落ち着くどころかちょっと冷めた態度をとる男の子も出てきます。

 

満年齢で行う(再来年)

11月15日に七五三をするとして、11月16日~12月31日生まれの子は、数え年で行うか満年齢で行うかという考え方をすると、2年空いてしまいます。

これは数え年の数え方の特性によるものです。

 

例えば再来年、2019年11月15日に七五三をするとして、満年齢5歳のお参りをするなら、お子さんは2013年11月16日~2014年11月15日生まれですよね。

満年齢5歳0ヶ月~11ヶ月ですので、落ち着いてお参りできることが考えられますが、楽しんでくれるかはわかりません。

楽しんでくれるとしたら、暴れるでしょう。

 

数え年5歳でなく、満年齢5歳でもない、間の期間に行う

前述のように、数え年か満年齢かという考え方では、 11月15日に七五三をするとしたら11月16日~12月31日生まれの子は、2年のズレがあります。

11月16日~12月31日生まれの子は、数え年5歳でなく、満年齢5歳でもない、間の期間に七五三のお参りを行うことも選択肢に入ります。

 

例えば来年、2018年11月15日に七五三をするなら、数え年は6歳、満年齢は4歳10ヶ月~11ヶ月になります。

まだまだ落ち着きない年頃で、ちょっと暴れつつも楽しんでくれるでしょう。

 

 

7歳のお参りを数え年でするか、満年齢でするか

女の子

数え年で行う(今年)

例えば今年、2017年11月15日に七五三をするとして、数え年7歳のお参りをしようとしているなら、お子さんは2011年1月1日~12月31日生まれですよね。

1月生まれでしたら満年齢にして6歳10ヶ月。

12月生まれでしたら満年齢で5歳11ヶ月です。

 

満年齢6歳の11月と言えば、もうすぐ小学校入学。

7歳で七五三をするのは女の子で、すでに友達もできて、一緒におしゃべりを楽しんでいる頃です。

 

その中で、七五三を数え年で済ませた子たちは

「七五三やったよ」

ということを話すでしょう。

 

まだ7歳のお参りを済ませていない子もいる頃で、ちょっと優越感があるかもしれませんね。

 

満年齢で行う(来年)

例えば来年、2018年11月15日に七五三をするとして、満年齢7歳のお参りをするなら、お子さんは2010年11月16日~2011年11月15日生まれですよね。

2010年11月生まれでしたら満年齢にして7歳11ヶ月。

2011年11月生まれでしたら満年齢で7歳0ヶ月です。

もう小学校に入学していますね。

 

この年に七五三をするとしたら、同じ年に七五三をしたクラスメートと話がはずむでしょう。

1年前に数え年で済ませた子たちも会話に混ざれますし、いい話題になります。

 

満年齢で行う(再来年)

11月15日に七五三をするとして、11月16日~12月31日生まれの子は、数え年で行うか満年齢で行うかという考え方をすると、2年空いてしまいます。

これは数え年の数え方の特性によるものです。

 

例えば再来年、2019年11月15日に七五三をするとして、満年齢7歳のお参りをするなら、お子さんは2011年11月16日~2012年11月15日生まれですよね。

満年齢7歳0ヶ月~11ヶ月ですので、小学二年生になっています。

 

小学一年生のときに済ませた子たちの会話を聞きつつ、とても楽しみにしていたことでしょう。

準備のときからワクワク全開です。

 

数え年7歳でなく、満年齢7歳でもない、間の期間に行う

前述のように、数え年か満年齢かという考え方では、 11月15日に七五三をするとしたら11月16日~12月31日生まれの子は、2年のズレがあります。

11月16日~12月31日生まれの子は、数え年7歳でなく、満年齢7歳でもない、間の期間に七五三のお参りを行うことも選択肢に入ります。

 

例えば来年、2018年11月15日に七五三をするなら、数え年は8歳、満年齢は6歳10ヶ月~11ヶ月になります。

小学一年生のころですので、このときに済ませるなら、盛り上がった会話に混ざりやすいタイミングになります。

 

今年か来年か、経済的には来年がおすすめ

七五三のときは、子供もあなたもおめかししますよね。

もし写真館等に撮影と衣装レンタル等をお願いするなら、早い時期ならかなりお得なキャンペーンを行っています。

たとえばスタジオア○スでは、今年8月18日~20日にお店に行って予約をすると、衣装代がかなり割安になるキャンペーンを行っていました。

この記事を読まれているときには、きっと手遅れです。

でも来年の七五三なら、間に合いますよね。

 

スタジオア○スもほかの写真館も、まだまだ七五三キャンペーンをいろいろ行っていますが、こういったキャンペーンは、行われている時期が早いものほどお得になっていますので、来年に回した方が経済的に助かると思います。

 

まとめ

七五三のお参りを、数え年か満年齢か、はたまたそれ以外のタイミングで行うか、その子の成長に合わせて選びたいですね。

11月16日~12月31日生まれの子は、数え年でも満年齢でもない間の時期が選択肢にあるということをお忘れなく。

経済的なことを考えると今年よりは来年のほうが、お得なキャンペーンにありつけるでしょう。

もちろん来年の今頃になって思い出しても手遅れですから、お早めに。

 

七五三関連記事

七五三のお参り時期はいつ?正統派は11月15日に。お参り年齢は男の子・女の子で変わります。

七五三は、早生まれはいつやるものか。スムーズにお参りするために。

七五三のお参りのとき、女の子の服装は着物?ワンピース?ドレス?

七五三のお参りのとき、男の子の服装は着物?スーツ?

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

七五三

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひつじ

ひつじ

「ダイエットはマインドセット次第」という究極の結論にたどり着いた人。


ダイエット記事では、ちゃんとやる人にはやさしく、やる気がない人は蹴り返す勢いです。


「ちゃんとやる人は痩せます。保証します。」


この人が書いた記事  記事一覧

  • 赤ちゃんの離乳食が中期にすすんだらパン粥をアレンジしてみよう

  • マンション・アパート最上階の暑さ対策!引っ越してはじめて気づく暑さ

  • 産後のお見舞い手土産ベスト3+α!病院へ伺うときの注意点も

  • 七五三は数え年でも満年齢でもいい。経済的には来年が吉。