1. TOP
  2. 夜中の授乳はいつまで続ける?早くやめてもいい?

夜中の授乳はいつまで続ける?早くやめてもいい?

子ども
 

夜中に起きて授乳するのって大変ですよね。

回数が減っても、自分のタイミングじゃないときに起きるのはつらいものです。

いつまで続ければいいんだろう」

と思うのも当然です。

さて今回は、夜中の授乳はいつまで続ければいいかというお話です。

sponsored links

夜中の授乳はいつまで?

うまれたての赤ちゃんは胃が小さく、すぐにお腹がすいてしまいます。

そのため、昼夜を問わず3時間おきの授乳を行います。

徐々に赤ちゃんの成長に伴いたくさん飲めるようになっていきます。

5~6ヶ月頃から離乳食をはじめると食事から栄養を摂れるようになるため、授乳量が少なくなったり間隔がぐっと開いたりするようになってきます。

 

出産のダメージも回復していないのに3時間ごと、人によっては1時間ごとに起こされる毎日がスタート…

ママにとっては睡眠不足がさらに身体にこたえますよね。

「夜間の授乳をする期間は絶対にここまで」

決まっているわけではありませんが、新生児の頃はまだまだ夜間の授乳が必要です。

まずは月齢によって必要な授乳の回数をみてみましょう。

 

月齢ごとの赤ちゃんの授乳回数

新生児の授乳回数

新生児の授乳間隔は昼夜を問わず3時間前後。

もっと短い間隔のこともよくあることです。

「授乳に1時間かかり、その後1時間もたたないうちにもう泣かれた」

なんていう話もちらほら。

逆に

「夜は3時間どころか気が付いたら朝まで起きなかった」

という子も。

その場合には体重の増加に影響してきますので、起こして授乳する必要があります。

 

4~6ヶ月頃の授乳回数

母乳が出る量も増え、一度にたくさん飲めるようになってきますが、寝返りやハイハイをするようになり運動量も増えてきます。

意外と間隔は開かず、3時間おき8回程度の授乳が続きます。

授乳のリズムは整ってきますが、夜間の授乳も続くので、ママの寝不足も続きます。

「この寝不足生活はいつまで続くんだろう?」

とつらくなってくる時期かもしれません。

なお、この頃になると、体重増加に問題がなければ、朝までしっかり寝てくれる子は無理に起こさなくてもOKです。

 

6ヶ月~1歳の赤ちゃん

離乳食を始め、身体の動きも活発になり、必要な栄養が増える時期です。

離乳食をぱくぱく食べてくれる子もいれば、なかなか進まずおっぱいばかり欲しがる子もおり、個人差が大きくなる時期です。

そのため、

「うちの子だけ周りと違うのでは?」

「育児本ではこのくらいと書いてあるのに、全然そんな風になっていない」

などと、このころになると離乳食、授乳などで悩むママが増えてくる時期です。

 

1歳以上

1歳を過ぎると、乳児ではなく幼児と呼ばれるように、そろそろ大人に近い幼児食を食べられるようになります。

おっぱいを卒業する子も増えてきます。

この頃になると、ママも断乳か卒乳かで迷ったり、断乳の時期を決めたりするようになるのではないでしょうか。

 

完全な卒乳・断乳については、つぎの記事が時期の参考になるでしょう。

母乳育児は最短ならいつまで?早くやめたらどうなる?

 

夜間授乳が続く原因は?

母子

赤ちゃんは眠りが浅い

妊娠中は、

「寝ようとしたらお腹の赤ちゃんがポコポコ動いて寝づらかった」

という経験、ありますよね。

赤ちゃんがママのお腹の中にいる間は、ママの酸素を奪わないように、ママが活動している日中に眠り、ママが休んでいる夜間に多く活動します。

もちろん昼夜関係なく動き回る赤ちゃんも多いですけどね。

 

産まれたばかりの赤ちゃんが、

「昼間はよく寝ているのに、夜は全然寝付いてくれない」

というはそのころのパターンをひきずっているからなのだそうです。

また、赤ちゃんの脳はたくさんの刺激を処理するためにフル稼働しており、はじめての場所へ行ったり、はじめての人に会ったりしたときに、夜中に思い出し泣きをすることも。

大人よりもずっと眠りが浅いので、ちょっとした刺激ですぐに目が覚めて泣いてしまうこともよくあることなのです。

 

夜泣きの原因はおっぱい以外かも

赤ちゃんが夜泣き始めると、

「おなかがすいたのかな?」

と授乳をしようと考えますが、

  • オムツが濡れた
  • 暑い
  • 寒い
  • 体調が悪い

などの理由でも泣きます。

ママも寝ぼけていて難しいかもしれませんが、泣く=おっぱいではない可能性を考えて、おむつを交換してみるなど別のアプローチも行ってみましょう。

 

もし

「火がついたように泣いている」

など、いつもと違う泣き方だと感じたら、夜中だとしても病院受診を考えましょう。

 

沿い乳で夜泣き

沿い乳での寝かしつけは、おっぱいでおなかがいっぱいになった赤ちゃんがスムーズに寝てくれるし、ママは起きあがらずに授乳できるし、と、とても便利な方法です。

しかし、大人でもおなかがいっぱいになりすぎると眠れないように、半分眠った状態でおっぱいを飲み過ぎた赤ちゃんは、眠りが浅くなりがちになります。

また、眠りが浅くなったときに、おっぱいをくわえていないため、眠りについた状態と違うと感じた赤ちゃんはびっくりして余計に泣きます。

楽なはずの沿い乳が、結果的に夜泣きを招いていることもあるのです。

 

夜間授乳の疲れを取る方法は?

授乳方法を工夫する

夜、赤ちゃんに泣かれるたびに起きあがって授乳するのは一苦労ですよね。

ミルク育児のママなら、毎回お湯を用意してミルクを作って冷ましての一連の作業を、自分も眠い中行うのはなかなか大変です。

赤ちゃんの眠りが浅くなる一因でもあるので迷うところではありますが、沿い乳はママの負担を軽くする授乳方法です。

夜寝るときの授乳以外でも沿い乳での授乳をすれば、ママが身体を横にして休めるので、授乳中に疲れを取ることができるようになります。

なお、沿い乳の場合、うっかり寝てしまい赤ちゃんを窒息させてしまうことには十分注意してください。

赤ちゃんの首がすわる前は避けた方がよいでしょう。

 

体力を温存しよう

眠る母子

最もオススメするのが、赤ちゃんと一緒にお昼寝をすることです。

ママは育児以外にもやることがいっぱいですし、お昼寝をする習慣がない方はなかなかお昼寝ができないと思います。

しかし、日中は普通に活動し、夜は授乳で寝不足、では睡眠時間は減るいっぽうです。

 

家事を手抜きしても大丈夫。

たまには祖父母や一時預かりの保育所に預けてしっかり昼寝する、というのもアリですよ。

ママが健康でいなければ赤ちゃんも元気に育ちません。

一人で抱え込まず、自分の体力回復、体力の温存を意識して行いましょう。

 

とくに復職なさっている方は両立が大変かと思います。

仕事をしながらの母乳育児を少し楽にできるポイントがいくつかあります。

つぎの記事に書いていますので、気になったら参考になさってください。

母乳育児はいつまで?復職のときの選択肢と、それぞれのポイント!

 

夜間断乳に挑戦

夜間断乳とは?

離乳食が順調に進み、赤ちゃんの栄養状態が問題ない場合、

「まだ授乳自体は続けたいけど、夜は寝たい!」

という方もいらっしゃるでしょう。

夜間断乳に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

夜間断乳とは、その名の通り、

「夜、寝ている間はおっぱいやミルクを与えない」

という方法です。

夜間に授乳を続けたほうが母乳を作られる量が増えます。

母乳の量が少ない方などは夜間に断乳するとさらに母乳の出が悪くなる可能性がありますので、注意が必要です。

 

夜間断乳をやってみよう

日中にたくさん身体を使って遊ばせたら、3回目の離乳食を多めに食べさせ、寝る前にはほ乳瓶を使わずにマグなどで麦茶や湯冷ましを飲ませ、抱っこやトントン、おんぶなど授乳以外の方法で寝かしつけをします。

夜中に泣いたときは、身体を起こしてマグなどでまた麦茶や湯冷ましなどを飲ませます。

夜間断乳に成功したから人は、

「3日間は泣いても4日目からは成功した」

という話をよく聞きました。

 

しかしながら、

「泣かれ続けてさらに寝不足になってしまった」

「それまでよりもっと起きるようになってしまった」

などという場合は、赤ちゃんにとってまだまだ夜中の授乳が必要だということです。

無理をせず、自分にとって楽な方法(どのみち夜中も起きるなら沿い乳で、など)での夜間授乳を工夫してみてください。

 

ほかにもポイントがいくつかあります。

つぎの記事に詳しく書いていますで、夜間断乳にチャレンジしてみたい人はぜひご覧ください。

「夜中の授乳がつらい!」やめたいなら読む、夜間断乳のやり方!

sponsored links

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、夜中の授乳をいつまですればいいかというお話でした。

離乳食の進み具合・体重の増加次第ですね。

離乳食と日中の授乳で栄養が足りていそうなら、夜間断乳してもいいでしょう。

 

ところで私は一度夜間断乳に挑戦したものの、猛烈に泣かれ続け、家族から説得されて断念。

完全に断乳する1歳6ヶ月まで夜間も授乳を続けました。

どうなることかと思いましたが、その後の断乳は3日間であっさり完了。

夜泣きもせず、ぐっすり眠ってくれるようになりました。

朝までぐっすり眠れた気持ちよさを一度味わってしまうと、

「またあの細切れ睡眠をするのはもう無理!」

というのが本音です。

今、夜中の授乳をがんばっているママは本当にすごい!

自分が思うよりずっとすごいことをしているんですよ!

ぜひ自分をいっぱい褒めていたわってあげてくださいね。

 

哺乳瓶を使っていらっしゃるなら参考になる記事

【哺乳瓶の消毒】みんなに人気の方法は?アンケート結果発表!

【哺乳瓶の消毒】したか・しなかったか・いつまでしたか調査!

哺乳瓶の飲み残しの保存について、論文や公的ガイドラインをわかりやすく要約!

哺乳瓶の消毒を忘れた!赤ちゃんへの影響は大丈夫?

 

おすすめの、育児に関する記事

母乳育児には食事制限が必要?食べていいもの悪いものとは?

ベビー服収納アイデア7選!これは使いやすい!

離乳食初期(5ヶ月)の食事タイミング。ミルクが先?離乳食が先?

【子供のお祝い一覧】誕生から成人までの9のお祝い事

ライター紹介 ライター一覧

ぽこ

ぽこ

・熊本大学医学部保健学科看護学専攻卒
・正看護師

この人が書いた記事  記事一覧

  • 哺乳瓶消毒後の乾かし方!早く乾かすためにできること!

  • 哺乳瓶の消毒で手が荒れる!どうすればいい?

  • 哺乳瓶の消毒。お出かけのときはどうする?

  • 乳腺炎の初期症状はコレ!ひどくなると陣痛よりきついよ!