1. TOP
  2. 夜中の授乳はいつまで続ける?早くやめてもいい?

夜中の授乳はいつまで続ける?早くやめてもいい?

子ども
 

夜中に起きて授乳するのって大変ですよね。

回数が減っても、自分のタイミングじゃないときに起きるのはつらいものです。

いつまで続ければいいんだろう」と思うのも当然です。

さて今回は、夜中の授乳はいつまで続ければいいかというお話です。

sponsored links

夜中の授乳はいつまで?

うまれたての赤ちゃんは胃が小さく、すぐにお腹がすいてしまいます。そのため、昼夜を問わず3時間おきの授乳を行います。

徐々に赤ちゃんの成長に伴いたくさん飲めるようになっていきます。

5~6ヶ月頃から離乳食をはじめると食事から栄養を摂れるようになるため、授乳量が少なくなったり間隔がぐっと開いたりするようになってきます。

 

出産のダメージも回復していないのに3時間ごと、人によっては1時間ごとに起こされる毎日がスタート…

ママにとっては睡眠不足がさらに身体にこたえますよね。

「夜間の授乳をする期間は絶対にここまで」と決まっているわけではありませんが、新生児の頃はまだまだ夜間の授乳が必要です。

まずは月齢によって必要な授乳の回数をみてみましょう。

 

月齢ごとの赤ちゃんの授乳回数

新生児の授乳回数

新生児の授乳間隔は昼夜を問わず3時間前後。もっと短い間隔のこともよくあることです。

「授乳に1時間かかり、その後1時間もたたないうちにもう泣かれた」なんていう話もちらほら。

逆に「夜は3時間どころか気が付いたら朝まで起きなかった」という子も。その場合には体重の増加に影響してきますので、起こして授乳する必要があります。

 

4~6ヶ月頃の授乳回数

母乳が出る量も増え、一度にたくさん飲めるようになってきますが、寝返りやハイハイをするようになり運動量も増えてきます。意外と間隔は開かず、3時間おき8回程度の授乳が続きます。

授乳のリズムは整ってきますが、夜間の授乳も続くので、ママの寝不足も続きます。

「この寝不足生活はいつまで続くんだろう?」とつらくなってくる時期かもしれません。

なお、この頃になると、体重増加に問題がなければ、朝までしっかり寝てくれる子は無理に起こさなくてもOKです。

 

6ヶ月~1歳の赤ちゃん

離乳食を始め、身体の動きも活発になり、必要な栄養が増える時期です。離乳食をぱくぱく食べてくれる子もいれば、なかなか進まずおっぱいばかり欲しがる子もおり、個人差が大きくなる時期です。

そのため、

「うちの子だけ周りと違うのでは?」

「育児本ではこのくらいと書いてあるのに、全然そんな風になっていない」

など、このころになると離乳食、授乳などで悩むママが増えてくる時期です。

 

1歳以上

1歳を過ぎると、乳児ではなく幼児と呼ばれるように、そろそろ大人に近い幼児食を食べられるようになります。おっぱいを卒業する子も増えてきます。

この頃になると、ママも断乳か卒乳かで迷ったり、断乳の時期を決めたりするようになるのではないでしょうか。

 

完全な卒乳・断乳については、つぎの記事が時期の参考になるでしょう。

母乳育児は最短ならいつまで?早くやめたらどうなる?

 

夜間授乳が続く原因は?

母子

赤ちゃんは眠りが浅い

妊娠中は、

「寝ようとしたらお腹の赤ちゃんがポコポコ動いて寝づらかった」という経験、ありますよね。

赤ちゃんがママのお腹の中にいる間は、ママの酸素を奪わないように、ママが活動している日中に眠り、ママが休んでいる夜間に多く活動します。

もちろん昼夜関係なく動き回る赤ちゃんも多いですけどね。

 

産まれたばかりの赤ちゃんが、

「昼間はよく寝ているのに、夜は全然寝付いてくれない」というはそのころのパターンをひきずっているからなのだそうです。

また、赤ちゃんの脳はたくさんの刺激を処理するためにフル稼働しており、はじめての場所へ行ったり、はじめての人に会ったりしたときに、夜中に思い出し泣きをすることも。

大人よりもずっと眠りが浅いので、ちょっとした刺激ですぐに目が覚めて泣いてしまうこともよくあることなのです。

 

夜泣きの原因はおっぱい以外かも

赤ちゃんが夜泣き始めると、

「おなかがすいたのかな?」と授乳をしようと考えますが、

  • オムツが濡れた
  • 暑い
  • 寒い
  • 体調が悪い

などの理由でも泣きます。

ママも寝ぼけていて難しいかもしれませんが、泣く=おっぱいではない可能性を考えて、おむつを交換してみるなど別のアプローチも行ってみましょう。

 

もし

「火がついたように泣いている」など、いつもと違う泣き方だと感じたら、夜中だとしても病院受診を考えましょう。

 

沿い乳で夜泣き

沿い乳での寝かしつけは、おっぱいでおなかがいっぱいになった赤ちゃんがスムーズに寝てくれるし、ママは起きあがらずに授乳できるし、とても便利な方法です。

しかし、大人でもおなかがいっぱいになりすぎると眠れないように、半分眠った状態でおっぱいを飲み過ぎた赤ちゃんは、眠りが浅くなりがちになります。

また、眠りが浅くなったときに、おっぱいをくわえていないため、眠りについた状態と違うと感じた赤ちゃんはびっくりして余計に泣きます。

楽なはずの沿い乳が、結果的に夜泣きを招いていることもあるのです。

 

夜間授乳の疲れを取る方法は?

授乳方法を工夫する

夜、赤ちゃんに泣かれるたびに起きあがって授乳するのは一苦労ですよね。ミルク育児のママなら、毎回お湯を用意してミルクを作って冷ましての一連の作業を、自分も眠い中行うのはなかなか大変です。

赤ちゃんの眠りが浅くなる一因でもあるので迷うところではありますが、沿い乳はママの負担を軽くする授乳方法です。夜寝るときの授乳以外でも沿い乳での授乳をすれば、ママが身体を横にして休めるので、授乳中に疲れを取ることができるようになります。

なお、沿い乳の場合、うっかり寝てしまい赤ちゃんを窒息させてしまうことには十分注意してください。

赤ちゃんの首がすわる前は避けた方がよいでしょう。

 

体力を温存しよう

眠る母子

最もオススメするのが、赤ちゃんと一緒にお昼寝をすることです。

ママは育児以外にもやることがいっぱいですし、お昼寝をする習慣がない方はなかなかお昼寝ができないと思います。しかし、日中は普通に活動し、夜は授乳で寝不足、では睡眠時間は減るいっぽうです。

 

家事を手抜きしても大丈夫。たまには祖父母や一時預かりの保育所に預けてしっかり昼寝する、というのもアリですよ。

ママが健康でいなければ赤ちゃんも元気に育ちません。一人で抱え込まず、自分の体力回復、体力の温存を意識して行いましょう。

 

とくに復職なさっている方は両立が大変かと思います。仕事をしながらの母乳育児を少し楽にできるポイントがいくつかあります。

つぎの記事に書いていますので参考になさってください。

母乳育児はいつまで?復職のときの選択肢と、それぞれのポイント!

 

さて、ここからは実際に夜中の授乳をやめるための方法を紹介します。

sponsored links

 

夜間断乳のポイント

夜間断乳はいつからできる?

完全に断乳するには離乳食が3回に進み、しっかり食べられていて、水分補給も上手にできるようになっている必要があります。

 

夜間断乳ならそれよりももっと早く始めることができます。

そのため、「まだ母乳育児自体は続けたいけど、夜はちゃんと寝たい」という両方を満たしてくれるのが夜間断乳です。

 

夜間断乳は、離乳食が2回食に進んでいればトライすることができます。

離乳食が2回食に進んでくる7~8か月ごろになると、日中は遊んだりご飯を食べたりする時間、夜は寝る時間、というリズムが整ってくるからです。

「夜中の授乳でそのまま目が覚めてしまい、赤ちゃんが遊び始めてしまった」という経験はありませんか?

その場合、昼夜のリズムが逆転している可能性がありますので、夜間断乳をしたほうが赤ちゃんにとっても良い影響があるかもしれません。

 

「離乳食はこれから」という方は、まずは離乳食からですね。離乳食の記事、それも初期のおすすめ記事を紹介しておきます。

【離乳食初期】応用も楽々!簡単に作れる基本メニュー9選!

 

寝付き方がポイント

「夜間断乳」とは、その名の通り、夜の間だけ授乳をやめることです。

言葉でいうのは簡単ですが、今までずっとおっぱいでの寝かしつけに慣れてしまっていると、おっぱい以外では寝かせられなくなっています。

「夜中だけやめれるなんて、そんなこと本当にあり得るの?」と半信半疑ですよね。

 

実は赤ちゃんは、離乳食を食べるようになると、栄養補給という点でみると夜間の授乳は必ずしも必要ではなくなっているそうです。

赤ちゃんは、寝付いたときにくわえていたはずのおっぱいがなくなっていることに混乱して泣く、というのが夜泣きの大きな原因のひとつです。

「おっぱいが口から外れて」泣いているのと「お腹がすいて」泣いているのとは、

「おっぱいがほしい」と泣いている点では同じですが、中身はちょっと違いますね。

逆を言うと、最初からおっぱいをくわえずに寝付くことができれば、

「おっぱいが外れている!」といって泣くことはなくなるので、泣かずに朝まで寝てくれるようになる可能性が増すのです。

 

夜間断乳のやり方

指し棒をもつ女性

夜間断乳をすることを話して聞かせる

まだしゃべれない赤ちゃんでも、大人の話すことを理解しています。

そのため夜間断乳をしようと決めたらまずは

「この日から夜のおっぱいはナイナイだよ」と数日前から予告しておきます。

 

大人でも、昨日までやっていた習慣が急になくなるとびっくりしますよね。赤ちゃんも同じです。

これは完全に断乳するときも同じですので、その予行演習だと思って取り組んでみてもいいかもしれませんね。

 

3日間は泣かれてもガマン

夜ご飯の後に授乳をしたら、その後はストローマグやコップでお茶などの水分を飲ませ、その後は、どんなにせがまれてもおっぱいをあげてはいけません。

予想はつくと思いますが、泣かれることは覚悟しましょう。見たこともないほどの大泣きです。

かわいそうになって

「やっぱりおっぱいあげようかな?」と気持ちがくじけそうになるくらい泣きます。

 

初日は夜中一睡もできないくらいの覚悟でがんばりましょう。

3時間おきに1時間泣き続け、泣き疲れて寝たと思って、横に沿い寝するとおっぱいをもらえるのかと思って探してまた泣き…

そのしぐさがかわいそうで

「こっちが泣きたい…」と思うほど。

 

「初日を乗り切れば翌日には寝付きが早くなり、夜中に泣く時間も短くなり、3日目を過ぎれば見違えるように寝てくれるようになる」

と実際に夜間断乳に成功した人は口をそろえて言います。

もともと旦那さんが寝かしつけをしていたところほど、スムーズに夜間断乳できている印象です。

 

自分で寝付けるようになったら

怒涛の3日間を過ぎ、赤ちゃんが自分で寝付けるようになったら、入眠前の時間を充実させてあげましょう。

例えば、夜ご飯、お風呂、歯磨きを済ませたら、布団に入って絵本を読んで、なでなでやトントンで寝かしつけをするといった一連のルーティンを崩さないように気を付けます。

また、布団に入ったあとに「いい子だね」「かわいいね」「朝までぐっすり眠ろうね」「大好きだよ」などと子供がかけられて幸せになるような言葉をかけてあげるのです。

すると安心して眠りにつくため、その後も、夜中に目が覚める回数も減ってくるのです。

 

夜間断乳の注意点

指を立てる女性

家族の協力が不可欠

夜間断乳に取り組むと決めたら、

「なにがあっても絶対におっぱいはあげない!」という固い決意が重要になります。

どうしても初日は間違いなく泣かれるという可能性が高いので、一緒に寝ている旦那さんがいる場合には、

「夜間断乳ということをやるので、泣かれるけど我慢してください」と前もって話しておく必要があります。

でないと、旦那さんのほうがかわいそうに感じて

「頼むからおっぱいをあげてくれ!」と言ってきて、断念せざるを得なかった。というパターンもあるからです。

 

上の子どもたちがいる場合に、夜泣きでほかの子どもたちも起きてしまい、寝られず全員夜泣きの大合唱になってしまったりすると、こちらも泣くに泣けない状況になってしまいます。

そのためにも、旦那さんなど同居の家族の同意は得ておく必要があるでしょう。

 

とくに旦那さんのご両親との同居でしたら大変です。旦那さんを説得して、旦那さんからご両親に話してもらっておく手続きを踏んでおくのがベターです。

それを怠るとあなたの立場が悪くなりますし、旦那さんも寝不足+板挟みで疲れてしまって

「もういいだろ…」とか言い出します。

言い出しました。

 

同居のかたは、ほかにもいろんなストレスがあると思います。つぎの記事は、そんなあなたの心を救ってくれるでしょう。

同居ストレス発散解消のための8つの心構え

 

おっぱいトラブルに注意

夜間断乳がうまくいった場合にも注意したいのが、おっぱいのトラブルです。赤ちゃんが3日で夜間断乳が完了したとしても、ママの体はすぐにおっぱいの製造をストップしてくれるわけではないため、

「朝までぐっすり眠って、起きてみたらガチガチに張って乳腺炎になってしまった」

というケースも。

夜間断乳をしてすぐは、夜中のおっぱいが溜まったままになってしまうことで、おっぱいに無理がかかります。

朝起きたらパジャマがびしょぬれだったり、乳腺炎や白斑ができていたり、のびが悪くなって切れたり、急に作られなくなって一日中おっぱいの出が悪くなったり、などといったトラブルが起こってくる可能性がありますので気を付けましょう。

逆にもともと母乳の量が少ない方が夜間断乳すると、さらに母乳の出が少なくなる可能性がありますので、注意が必要です。

「夜だけやめるつもりだったけど、昼も出なくなった」ということが起きます。

乳腺炎は、初期症状に早く気づくことが大事です。詳しくはつぎの記事にまとめています。→乳腺炎の初期症状はコレ!ひどくなると陣痛よりきついよ!

 

夜泣きが減らない可能性もある

夜泣きがつらくて夜間断乳をしてみても、夜泣きが減らない場合はもちろんあります。

赤ちゃんの脳は、日中に受けたさまざまな刺激を寝ている間に処理しています。そのため、睡眠が浅くなったときに、夢を見て泣くこともあるからです。

私の子どもはすでに断乳してしまっていますが、寝付くときに泣きながら寝てしまった日は、いまだに朝までに何度か泣きます。

長時間寝てくれることを期待して夜間断乳をしたもののいっこうに夜泣きが減らない場合は、夜泣きの理由がおっぱい以外にあるということになります。

そういう場合は別のアプローチを検討してみてください。

 

小さすぎる赤ちゃんにはNG

産まれたばかりの赤ちゃんは母乳(もしくはミルク)だけで栄養補給をしています。3時間おきの授乳がないと体重が増えなかったりと健康面に影響が出てしまいます。

ちょっと辛いかもしれませんが最初の3か月は夜間でも断乳はできませんので、がんばりましょう。

この期間中で睡眠不足がつらすぎる場合は、パパやほかの家族にミルクを作って飲ませてもらい、自分は寝る・昼寝をする、など別の工夫で乗り切りましょう。

sponsored links

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、夜中の授乳をいつまですればいいかということと、夜間断乳のやり方のお話でした。

離乳食と昼間の授乳で栄養が足りていそうなときは、夜中の授乳はナシでもよくなります。

「夜中の授乳がどうしてもつらい」というとき、夜間断乳は選択肢として有力ですね。順調に夜間断乳できたとときも、は念のため体重計測を徹底し、減っていくようなら夜中の授乳を再開させましょう。

そしてこれは、事前の準備・根回しが重要です。

赤ちゃんが泣く上に周りからいろいろ言われると、心が折れそうになります。私は折れました。

 

「夜間授乳をやめたい」

という方の中には、すでに復職なさっている方もいらっしゃることでしょう。

そんなあなたには、つぎの記事も助けになるかと思います。

母乳育児はいつまで?復職のときの選択肢と、それぞれのポイント!

 

ところで、わが子との長い付き合いの中で考えると、授乳期間はほんの短い期間です。

私は2人子供がいますが、1人目のときは、

「なんて辛いんだ。全然眠れなくて倒れそう!」

と冗談じゃなく思いましたが、2人目のときは、

「この夜中の授乳も、夜泣きさえも、意外とあっという間に終わりがきてしまうんだ」

と分かっていたので、すべてがいとおしく感じていました。

ママは日中もやらなければいけないことが山積みで、身も心も休まらないこととは思いますが、できれば赤ちゃんと一緒にお昼寝をすることをオススメします。

ママの体が資本です。

体力を温存しながら育児に取り組みましょう。

今回も最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

哺乳瓶を使っていらっしゃるなら参考になる記事

【哺乳瓶の消毒】みんなに人気の方法は?アンケート結果発表!

【哺乳瓶の消毒】したか・しなかったか・いつまでしたか調査!

哺乳瓶の飲み残しの保存について、論文や公的ガイドラインをわかりやすく要約!

哺乳瓶の消毒を忘れた!赤ちゃんへの影響は大丈夫?

 

おすすめの、育児に関する記事

母乳育児には食事制限が必要?食べていいもの悪いものとは?

ベビー服収納アイデア7選!これは使いやすい!

離乳食初期(5ヶ月)の食事タイミング。ミルクが先?離乳食が先?

【子供のお祝い一覧】誕生から成人までの9のお祝い事

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぽこ

ぽこ

・熊本大学医学部保健学科看護学専攻卒
・正看護師

この人が書いた記事  記事一覧

  • いつまで使うの哺乳瓶?サクッと卒業!哺乳瓶なしでの寝かしつけ方法&アンケート結果も!

  • 哺乳瓶はいつから必要?出産準備のときから?

  • リンパを知って、効果的なリンパマッサージを

  • あなたの遺伝子は大丈夫?葉酸の代謝が苦手な人はサプリに気をつけて!