1. TOP
  2. 子ども
  3. 【入学祝い】服装や相場、小学・中学・高校・大学入学祝いおすすめ品

【入学祝い】服装や相場、小学・中学・高校・大学入学祝いおすすめ品

子ども
 

新入学は、子どもが新しい社会へ踏み出す第一歩となります。

子どもだけでなく、親にとっても大きな変化のときだと思います。

どのようにお祝いすればよいのか、式での服装など、わからないことも多いはずです。

そのときになって慌てないように、入学全般の悩みに対する答えを解説していきます。

 

それから、入学ということで、親戚の方や友人から入学祝いを頂くかもしれません。

お返しの仕方や内祝いの品物の選び方も知りたいですよね。

反対に、入学祝いをこちらから贈る場合、その相場、小学校だけではなく、中学高校大学入学祝いに何を贈ったら喜ばれるか、それらもしっかりと説明していきます。

なにをすればよい?

お祝いのしかたなど、とくに決まったしきたりはありません。

子どもの好物を作ったりして身内で楽しく食事をしてもよいでしょう。

入学式当日は、子どもを励ます意味で温かくお祝いしてあげてください。

 

入学式の服装

子どもの服装

子どもの服装は、基本的に学校や園の指定のものですね。

指定がない場合には、フォーマルなものを選びましょう。

幼稚園・小学校だったら、男の子はブレザー+半ズボン、もしくはシャツ+セーター+綿のパンツが一般的でおすすめです。

 

女の子はいろいろと種類があって、スーツ、ワンピース、ボレロ、ドレスなどがあります。

迷ったら、スーツかワンピースに。

ワンピースの方は華やかな色がいいようです。

小物類でアクセントを与えても良いですが、華美なものや大きすぎるものは控えるようにしましょう。

 

男の子の場合も女の子の場合も、せっかくの入園・入学式だからと、気合いの入れすぎた服装は良くないようです。

同級生や周囲の親御さんに引かれてしまう可能性もありますよ。

 

保護者の服装

スーツ

保護者の服装は、父親の場合、スーツが一般的です。

母親の場合、着物の方もいらっしゃいますが、やはりスーツやワンピースが多いようです。

おすすめなのは、黒やグレーなどの定番色のセットスーツです。

ジャケット+スカート+ワンピースなどの3点セットやジャケット+ワンピースのアンサンブルなどにアクセサリーやインナーで華やかにすると楽チンです。

 

お子さんの服装に合わせても良いですね。

入園・入学式は出会いと新生活への希望に満ちたお祝いなので、派手すぎず、華やかで春らしい服装を心がけましょう。

 

子の祖父母や親戚などに入学祝いをもらった場合

基本的に、入学祝いのお返しは必要ありません。

お礼の気持ちを手紙や電話などで伝えるとよいでしょう。

その際、できれば子ども本人に書かせるといいです。

 

字がうまく書けない場合は、親が代筆し、最後に子どもが名前や絵などを添えると好感が持てますね。

電話の場合も、子どもにお礼を言わせると喜ばれます。

 

どうしてもなにかを贈りたいということであれば、「入学内祝い」という形でお菓子や日用品などを渡してもいいですね。

値段は贈られてきたお祝いの「3分の1程度」が相場です。

お赤飯などを渡す家庭もあるようですよ。

贈る時期は、入学式後1ヶ月以内です。

 

親戚などに入学祝いを贈る場合

今度はこちらから贈る場合です。

入学祝いは、これからの学校生活で必要となる実用的なものがおすすめです。

文房具や図書カード、ハンカチなどが定番ですね。

 

相手が小学校入学ならランドセルや学習机、図鑑なども喜ばれます。

中学校や高校ならば時計や財布、スポーツ用品などの部活動に使えるものも喜ばれます。

大学入学ならば、一人暮らしを始める人も多いので、家電製品やノートパソコン、タブレットなどが人気のようです。

その際、第1子と第2子や、内孫と外孫などでお祝いに差をつけないよう平等に祝ってあげてください。

お祝いの品が重複すると困ることもあるので、事前に両親に確認するようにしてもいいです。

 

お祝いの金額の相場

祝い金

入学祝いを贈る場合は、入学式の入学式の2~3週間前に渡すようにしましょう。

表書きには、「御祝」、「祝御入学」、「御入学御祝」などを用い、紅白の蝶結びの水引のついた、のしつきの封筒に準備します。

お祝い金の相場は下記を参考にされるとよいでしょう。

  • 祖父母…30000円
  • 両親の兄弟姉妹…10000円
  • 親族…10000円
  • 両親の友人・知人…5000円

※金額は目安です。地域性や付き合いの深さ等で変わることがあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

入学全般の情報についてお伝えしてきました。

親戚の子どもにどうお祝いしてあげれば良いのか、悩んでいた方もいるのではないでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。

入学式は子どもの成長が見れて嬉しいものですよね。

大人たちはそんな子どもを温かくお祝いしてあげましょう!

 

子どものお祝い関連記事

成人までの子どものお祝い一覧

 

本当に怖い、子育て費用の話

大学卒業までの子育て費用の詳細はコチラ

 

子どもの教育関連記事

子ども部屋のレイアウトのポイントはコチラ

学習机の選び方の詳細はコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひつじ

ひつじ

「ダイエットはマインドセット次第」という究極の結論にたどり着いた人。


ダイエット記事では、ちゃんとやる人にはやさしく、やる気がない人は蹴り返す勢いです。


「ちゃんとやる人は痩せます。保証します。」


この人が書いた記事  記事一覧

  • マンション・アパート最上階の暑さ対策!引っ越してはじめて気づく暑さ

  • 産後のお見舞い手土産ベスト3+α!病院へ伺うときの注意点も

  • 七五三は数え年でも満年齢でもいい。経済的には来年が吉。

  • 七五三は、早生まれはいつやるものか。スムーズにお参りするために。