1. TOP
  2. 美容
  3. ムートンブーツの外側も内側もキレイに手入れして、気持ちよく履こう。

ムートンブーツの外側も内側もキレイに手入れして、気持ちよく履こう。

美容
 

暖かく履きやすくて、冬には大活躍のムートンブーツ

でも、お手入れになると「どうしたらいいんだろう…?」となりがちですよね。

外側は簡単ですが、内側の手入れが実は大事。

手入れしないとカビや水虫の元になってしまいます。

キレイに手入れして、気持ちよく履きましょう。

では、シーズンオフ、そして日ごろのお手入れの方法を紹介していきます。

シーズンオフのお手入れ

毎日のように履いたムートンブーツは、雨シミや汚れが意外とついています。

そのままにしていたら色ムラが出てきます。

保管する前のお手入れをして、仕舞いましょう。

 

おすすめなのは、靴も取り扱っているクリーニング店に出すことなのですが、

「費用が掛かるので、自宅で…」と思う方もいらっしゃいますよね。

丸洗いすれば内側までキレイにできますが、難易度としては高い洗濯法となりますので、実践なさる場合はあくまで自己責任ということで、自宅で行う丸洗いの方法をご紹介します。

 

用意するもの

  • ムートン専用のシャンプー(無い場合はシャンプー、デリケート用衣類中性洗剤。漂白剤・蛍光剤の無配合のものにします)
  • ムートンブーツが入るバケツや桶(大きさが合えば洗面台でも)
  • タオル(ムートンの色が移るので捨てても良いようなもの)

 

手順

  1. 全体を見て傷んでいる箇所、目立つ汚れの個所をチェックしておきます。傷んでいる箇所は、より優しく洗いましょう
  2. バケツにぬるま湯を入れて、シャンプーを泡立てて洗浄液を作ります
  3. ブーツをそっと浸します。毛並みに沿って“手で”なで洗いをします
  4. 内側にも手をいれ、フワフワを起こすような感じでなでましょう
  5. 優しくすすぎます。泡が無くなるまでしっかりとすすぎます
  6. タオルで水気を十分に取ります
  7. 乾いたタオルを詰めて型崩れを防ぎつつ、風通しの良い日陰で干します
  8. ある程度乾いたら、中に詰めているものを取って乾かします。完全に乾くには、2~3日かかかります
  9. ブラッシングをして整えます
  10. 消臭スプレーをかけて完了

※内側のフワフワを回復させるには、詰め物を詰めたままにしないことが大事です。

 

NG!これはしないで!

×

  • 洗濯機に入れる:型崩れの原因になります。
  • 熱湯の利用
  • 柔軟剤の利用
  • ドライヤー・直射日光での乾燥:傷みの原因になります。
  • 直射日光での乾燥

ドライヤーはNGに入れましたが、冷風であれば問題ありません。

熱いのがNGなんです。

ここまでが、シーズンオフのときにやりたい、丸洗いのお話でした。

では、毎日のお手入れはどのようにしたら良いのでしょう?

購入してすぐのことも含めて、ご紹介します。

日ごろのお手入れ

お手入れ用品

  • ブラシ:傷をつけないように出来れば馬毛・豚毛などの天然ブラシが良いでしょう
  • 防水スプレー(靴売り場に置いてあります)
  • タオル(色移りしても良い、不要になったタオルなど)
  • 消臭スプレー

 

購入したらすぐ・出かける前にやりたいこと

外側に防水スプレーをしてください。

急な雨・雪からの防水はもちろんのこと、表面の汚れ防止にもなります。

最初の1回は、目立たないところに少し吹き付け、変色しないか確認してから全体に吹き付けましょう。

 

帰宅後にやりたいこと

  • 濡れた場合はしっかりと乾かします(この場合も熱は避けます)
  • 除菌消臭スプレーをかけておきます
  • 表面の汚れを丁寧に優しく一方向へブラッシングして落とします
  • 内側の水分を取ります

ブラッシングは、毛並みに沿って、天然毛(天然の馬の毛など)やゴム製の柔らかいブラシで優しく行います。

 

それと、ムートンブーツの内側は、ホワホワして暖かいですよね。

脱いだ直後はそのホワホワに水分がたまっていて、そのままにしておくとカビや水虫のもとになります。

内側の水分を取ろう

  1. 吸水の良いタオルを内側に入れ、2〜3時間おいておく
  2. タオルをとったあと、消臭スプレーをする
  3. ブーツ専用の乾燥剤を、足先とかかとに入れる

このときもタオルを詰めたままにしないことが大事です。

詰めたままにすると、せっかくのホワホワがペタッとなってしまいます。

 

ブーツ用の乾燥剤は、100均でも売られています。

「乾燥剤を買うのがもったいない」というときは、重曹でも代用できます。

重曹を茶パックに入れるだけで簡単に作れます。

 

水分を吸った重曹は固くなるので、そうなったら取り替えのサインです。

捨ててもいいですが、掃除にも使えますよ。

【重曹で楽ちんお掃除!】安心安全、お金も手間もかけないお掃除術7選

 

外出中に濡れたりすることもありますよね。

そんなときはどうしましょうか?

雨や雪で水濡れ・一部汚れてしまったとき

カエル

  1. 水で硬く絞ったタオルで、シミのあるところを“ポンポンと周りも含めて、ぼかすように均一に叩いて”濡らしていきます
  2. 風通しのよい日陰で自然乾燥します(室内でも良いです)
  3. ブラッシングして整えます

 

*ポイント

  • タオルは回しながら、つねに綺麗な面で叩くようにします
  • こすらない:汚れが広がる恐れがあります。表面の風合いが損なわれる恐れがあります
  • 直接お水(お湯)につけない:型崩れすることがあります
  • 洗剤を使わない:一部だけ色落ちすることがあります
  • ドライヤー(熱風)を使わない

チェックしてまだシミが残っている場合は、もう一度試します。

まとめ

ムートンブーツの丸洗いは難易度が高いですが、うまくできるようになると、クリーニングに出すより安く済みます。

とくに気を付けたいのは履いたあとの内側のケア。

せめて乾燥剤だけでも使いましょう。

濡れたり汚れたりしたときも、早めの対応で型崩れや汚れの定着を防ぎましょう。

 

ところで、ムートンブーツをオシャレに履きこなすためには、ムートンブーツの手入れだけでなく、あなた自身の手入れも大事です。

とくに脚。

「オシャレに履きこなしたい」という方のために、脚やせ記事を2つ紹介します。

カチカチ→ほっそり!【ふくらはぎ痩せ】筋肉を落とす方法

速攻即効脚やせメソッド!10分で太ももからふくらはぎまでスラッと!

 

それでは、あなたがムートンブーツを気持ちよく履けることを祈りつつ、この記事を終わります。

これからも足元のオシャレを楽しみましょう。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

ムートンブーツ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひつじ

ひつじ

「ダイエットはマインドセット次第」という究極の結論にたどり着いた人。

ダイエット記事では、ちゃんとやる人にはやさしく、やる気がない人は蹴り返す勢いです。

「ちゃんとやる人は痩せます。保証します。」

この人が書いた記事  記事一覧

  • ムートンブーツの外側も内側もキレイに手入れして、気持ちよく履こう。

  • 速攻即効脚やせメソッド!10分で太ももからふくらはぎまでスラッと!

  • 産後の体型の戻し方!普段通りの生活で、目指せキレイ痩せ!

  • 妊娠線は自然に完治しないから予防すべき!おすすめケアクリーム紹介!