1. TOP
  2. 安心・安全
  3. 妊娠中に自転車は乗っちゃダメ?振動で流産する?

妊娠中に自転車は乗っちゃダメ?振動で流産する?

妊娠すると、今まで何気なくしていた行動が制限されることってありますよね。

とくに自転車

「振動で流産したりしないかな?」という疑問が起こりやすいんです。

というわけで、「妊娠中の自転車はOK?」という疑問についてお話ししていこうと思います!

妊娠中の自転車の運転はOK?流産はしない?

自転車

実は、この疑問はハッキリとOK・NGを出せるものではないのです。

というのも、医師や助産師の間でも意見がさまざまだからです。

では、それぞれの主張の根拠を見ていきましょう。

 

OKの根拠は?

妊娠中の自転車運転でもっとも疑問に思うのは、「乗ることで流産してしまうのではないか」ということですよね。

実際、「自転車に乗ると振動で流産する」と、特に年配の方に言われることがあります。

が、自転車の振動で流産するということはないようです。

(※ただし、切迫流産などの可能性のある方は当てはまりません!)

 

また、初期の流産の多くは、受精卵の異常が原因とされています。

「自転車に乗っていたから初期流産をしてしまった」という話も耳にすることがあるかもしれませんが、初期流産が起きてしまった時期に、たまたま自転車に乗っていたという話だと考えられます。

 

ちなみに、アメリカでは、妊婦さんの有酸素運動としてサイクリングを取り入れているという話もあります。

ゆっくりとしたペースであれば、いい運動になるということですよね。

NGの根拠は?

「自転車のペダルを踏むときに腹圧がかかるため、早産の危険がある」と言われています。

そして、なんといっても転倒の危険です。

一人の体のときでも、転倒すればケガをします。

妊婦さんが転倒した場合、自分のケガだけではすまない、最悪流産をしてしまうこともありえます。

何かあったときに、「乗らなければよかった」と後悔して苦しむことになりかねません。

ではここで、妊娠中に自転車に乗っていた人と、乗るのを控えた人のお話を聞いてみましょう。

妊娠中に自転車に乗った人・控えた人の体験談

まずは乗った人のお話し。

自転車に乗った妊婦さんの体験談

自転車と子供

近所にスーパーがなく、どうしても必要だった。体調に問題はなかった。
小さな子供がいると、自転車移動は便利だから。歩くと子供がぐずって大変。
軽い運動になるし、運転しているとつわりが起きなかったから。

上の子がいるとき、自転車移動は楽です。

徒歩だと突然「抱っこ」とせがんできたりしますからね(苦笑)

しかし一度自転車に慣れてしまうと、今度は徒歩になるとき“ぐずる”原因になるので、少しずつ歩く距離や回数を増やして徒歩に慣れさせたりと、苦労がありそうです。

 

つぎは、自転車に乗るのを控えていた人のお話です。

自転車に乗らなかった妊婦さんの体験談

転倒してお腹をぶつけたら大変なことになると思ったから乗るのをやめた。
自転車の代わりに歩くことで、いい運動になると思った。
乗ろうとしたら夫や親に怒られた。

やっぱり怖いのが事故や転倒です。

恐怖を感じる方は、運転はやめた方がいいですね。

 

また、おじいちゃん・おばあちゃんの世代の中には、自転車に乗る妊婦さんを好ましくないと思う方もわりといます。

家族間トラブルは長く付きまといます。

怒られても乗っていると、

「体を心配して言っているのに、あいつは言うことを聞かない」とか

「赤ちゃんを大事にしないとは、けしからん」とか悪い印象を与えてしまい、あとあと面倒なことに発展しかねません。

 

さて、ではもし妊娠中に自転車に乗るとして、気をつけたいことは何でしょうか?

妊娠中に自転車に乗る場合の3つの注意点

横断歩道

「私は自転車で転んだことないから大丈夫」と思って運転をしようとする人へ、いくつか注意点を挙げてみました。

乗る前にしっかり覚えて下さいね。

 

1)お腹が大きくなるとバランスを崩しやすい

初期~中期はそれほどお腹の大きさに気にも留めず運転できるものですが、さすがに中期以降はお腹が目立ちはじめますよね。

その頃には安定期に入っているのですが、体のバランスは安定しているとは言えません。

何度も言いますが、自転車の運転中にバランスを崩して、転倒してしまったら大変です!

お腹が大きくなってからは、よほどの事情がない限りは運転しないほうが賢明です。

 

2)慎重に運転しましょう!

妊娠していないときでも当然のことですが、運転は慎重に!

デコボコした道や坂道は転倒の元。

立ちこぎはやめましょう!

  • 平坦で整備された道を選ぶ
  • 坂道は降りて自転車を押す
  • ゆっくり走る

が基本ですよ。

 

3)家族と話し合ってみて!

妊娠したということは、もう自分ひとりの体ではなくなります。

新しい家族がお腹にいるんです。

あなた一人の判断で決める前に、パートナーと話し合ってみるのをおすすめします。

 

「自転車に乗るくらい、平気平気!」とあなたが思っていても、

パートナーは内心「心配でたまらない」ということもあります。

パートナー間のトラブルを生むことにもつながるので、よく話し合ってみて下さい。

まとめ

妊娠中の自転車運転、OKなのかNGなのかについてお話ししてきました。

振動が流産につながるというケースは、切迫流産でなければないようです。

あとは家族と話し合った上であなたが「それならOK」と思えるのでしたらOKで、

「転倒するかもしれないし、やっぱりやめておこう」「家族が反対するからやめておこう」と思ったらNGになります。

 

ちなみに、私は自転車の運転が下手で、身軽な今でもガードレールや植え込みによくぶつかっています(苦笑)

だから妊娠中は転倒したときのことを考えると恐ろしくて、自転車には乗れませんでした。

一方で、友人は仕事の都合もあり、妊娠中期まで乗っていました。

体の不調もなかったそうです。

 

ところで、妊娠中にはほかにもOK・NGで気になることがありますよね。

その代表的なものはつぎの記事にまとめてありますので、参考になりましたら幸いです。

妊娠中の10の【?】~食べ物は?温泉は?コーヒーは?体重増加は?

それではあなたと赤ちゃんの安全を祈ります。

ありがとうございました!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

自転車

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【離乳食初期】組み合わせて応用も楽々!簡単に作れる基本メニュー9選!

  • 【離乳食】手軽に使える!初期のしらすのメニュー5選

  • 【離乳食】初期のキャベツのメニュー5選。レンジを使ったものもアリ。

  • 【離乳食】初期の魚のメニュー5選。パサパサするときは出汁でのばす。