1. TOP
  2. 【離乳食】簡単!楽々!初期のキャベツのメニュー5選

【離乳食】簡単!楽々!初期のキャベツのメニュー5選

子ども
 

 離乳食にキャベツを使ってみたい、そう思っていませんか?

 どんなレシピがあるのか、どの部分を使えばいいのか知りたいですよね。

 そんなあなたに、今回は「離乳食初期キャベツのメニュー」についてお話ししていこうと思います。

 読み終えるころには、「キャベツは簡単に使える!」と張り切るあなたがいるはずですよ!

sponsored links

離乳食初期のキャベツを使った簡単メニュー5選

 キャベツを使って離乳食を作るには、1つポイントがあります。

 それは、キャベツの芯は使わず、柔らかい葉の部分を使うというところ。芯は固いので、離乳食の調理には向きません。葉を剥がしながら使いましょう。

 それでは、キャベツを使った離乳食メニューのレシピをご紹介していきますね!

 

基本!茹でて作るキャベツのペースト

●用意するもの……キャベツの葉20g

  1. キャベツの葉をざく切りにします。沸騰した湯で柔らかくなるまで茹でます。細かくみじん切りすると、湯切りするときに鍋にはりつくことがあるので、大きめのざく切りをおすすめします。
  2. 茹でたら湯を切り、包丁でみじん切りにします。細かくなったら、裏ごし器やすり鉢でなめらかにします。なめらかさが足りないようであれば、少量の湯を加えましょう。

 茹でずに、電子レンジを使ってペーストにする方法もあります。やりやすい方で作ってみてください。

・基本!電子レンジで作るキャベツのペースト

  1. キャベツの葉をみじん切りにして、耐熱皿に入れます。ラップをして1~2分ほど温めます。
  2. 裏ごし器やすり鉢でなめらかにします。

 基本のペーストは、多めに作って製氷皿やシリコンカップで冷凍しておくと便利です。

 

キャベツがゆ

●用意するもの……キャベツの葉5g、10倍がゆ15g

  1. キャベツペーストを作ります。手順は上記の「基本・キャベツのペースト」を参考にしてください。
  2. 10倍がゆを作ります。
  3. キャベツのペーストと10倍がゆをよく混ぜ合わせます。野菜スープを使ってリゾット風に仕上げてもOKです!

 

キャベツのポタージュスープ

●用意するもの……キャベツの葉10g、野菜スープ10g、粉ミルク少々

  1. キャベツのペーストを作ります。
  2. キャベツのペーストに野菜スープ、お湯で溶いた粉ミルクを少々加えます。よく混ぜ、電子レンジで15秒ほど温めます。

 

キャベツとかぶの和風和え

カブ

●用意するもの……キャベツの葉10g、カブ5g、出汁大さじ1

  1. キャベツのペーストを作ります。
  2. カブは皮をむき、薄くスライスして、柔らかくなるまで茹でます。茹でたら、すり鉢などでなめらかにします。
  3. キャベツのペーストとカブのペースト、出汁を合わせてよく混ぜます。出汁の代わりに野菜スープを使うのもありですね。

 

キャベツとバナナのデザート風

●用意するもの……キャベツの葉10g、バナナ10g

  1. キャベツのペーストを作ります。
  2. バナナは皮をむき、輪切りにします。耐熱皿に入れ、電子レンジで15秒ほど温めます。柔らかくなったら、すり鉢などでなめらかにします。
  3. キャベツペーストとバナナペーストを合わせます。少量のプレーンヨーグルトを混ぜて甘酸っぱく仕上げてもOKです。

 

sponsored links

キャベツの保存方法について

 キャベツを丸ごと1個購入すると、かさばるし使いきる自信がないという方、いませんか?

 そこで思いつくのが、カット野菜ですよね。よくスーパーなどで半分や4分の1にカットされているものが売られていますが、野菜はカットした部分から痛んでしまうことが多いものです。キャベツも当てはまります。

 そして、半分のキャベツを何度も買うよりも、1個丸ごと購入したほうが節約にもなります。

 では、どのように保存するのがベストなのでしょうか?手順を説明しますね。

 

キャベツの冷蔵保存方法

  1. キャベツの芯を包丁かペティナイフでくり抜きます。
  2. くり抜いた部分に、濡らしたキッチンペーパーを詰めます。新聞紙で包むかポリ袋に入れ、芯があった部分を下にして冷蔵庫で保存します。1~2週間は保存可能です。

 短期間で使いきる予定であれば、芯をくり抜かず、軽く濡らしたキッチンペーパーと新聞紙で包んでおくだけでも、鮮度が保たれます。

 

キャベツの冷凍保存方法

 当分使いきる予定がないのであれば、冷凍保存がおすすめです。離乳食は必ず熱を通して使うので、冷凍保存でも問題ありません。

  1. キャベツをざく切り、またはみじん切りにします。
  2. フリーザーパックに入れて、冷凍保存します。

 

まとめ

 いかがでしたか?今回は「離乳食初期のキャベツメニュー」についてお話ししてきました。

 離乳食にはキャベツの葉を使うことや、とっても簡単なレシピ、キャベツの保存方法がお分かりいただけたかと思います。

 手間だと思われがちな保存も、慣れるとそれほど難しいものではありません。ぜひ、チャレンジしてみてください。

 キャベツにはカルシウムやビタミンC、食物繊維が豊富に含まれています。赤ちゃんの便秘解消や、骨を丈夫にする、肌を健やかに保つためにも、キャベツは積極的に取り入れたい食物ですね。

 

合わせて読みたい離乳食初期の記事

【離乳食初期】応用も楽々!簡単に作れる基本メニュー9選!

【離乳食】応用簡単!初期の魚のメニュー5選

【離乳食】簡単に作れちゃう!初期の大根のメニュー5選

【離乳食】アレンジ楽々!初期のりんごのメニュー5選

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

キャベツ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 旦那と別れたい!離婚の前に押さえておきたいポイントとは?

  • 上手に乗り切ろう!辛いつわりのピークはいつ?平均週数は?

  • 【妊娠中のカフェイン】妊婦さん必読!摂取量とその影響は?

  • 【妊娠初期の眠気】どうにも止まらない眠気の理由と対策4選