1. TOP
  2. 生理中に妊娠する可能性ってある?生理中の性行為は危険だらけ!

生理中に妊娠する可能性ってある?生理中の性行為は危険だらけ!

健康
 

生理中に性行為をしても、妊娠する可能性はない」なんて言葉を聞いたことはありませんか?

これは本当のところ、どうなのか疑問に思いますよね?真実なのか、無責任なうわさなのか知りたいところ。

そこで、今回は生理中の性行為で妊娠をする可能性、そして生理中の性行為に関してのトラブルをご紹介していこうと思います。ぜひ、正しい知識を身につけてくださいね!

生理中の性行為で妊娠する可能は?

結論から言うと「あります」。生理中にする性行為で、妊娠する可能性がないわけではありません。可能性は低いのですが、あります。

では、なぜ可能性があるのが、理由をお話ししていきますね。

 

排卵のタイミングが原因

悩む 女性

生理中の性行為では妊娠しない、という話は、「生理中は排卵日ではないから」という一般論から生まれた話だと推測されます。確かに、その場合ですと妊娠の可能性はないといえますよね。

でも、これは安定した排卵、生理の周期がある場合の話です。安定していなければ、当てはまらない話なんです。

若い女性やストレスを抱えている女性は、排卵・生理の周期が不安定である場合があります。予定通りに生理が来ない、生理が長引く、そして長引いた生理の後、すぐに排卵が起きてしまうこともあるんです。(一般的には排卵は生理が終わって14日後とされています)

周期が定まらないと、勘違いも起きてきます。生理だと思っていたら排卵による出血だったという勘違いをしてしまうこともあるんです。さらに、性交渉の刺激により排卵することもあるんですよ。

「長い生理の後の排卵日」「生理かと思ったら排卵の出血だった」……このタイミングの性行為、妊娠してしまうかもしれませんよね?

排卵日というのは毎回同じではなく、ちょっとしたストレスや体調の変化により変わってくるということを、頭にしっかりいれておかなければなりませんね。

 

精子の寿命が関係する

排卵された卵子に精子が受精することにより、妊娠にいたります。

卵子の寿命は排卵されてから6~24時間という短い命に対して、精子は射精後3~5日の寿命があります(中には1週間寿命がある精子も)。

ですので、「生理中=排卵していない」という考えで性交渉をしても、その直後に排卵が起きてしまうと、生存している精子が受精してしまう可能性があるんです。

 

生理中の性行為のリスク!

生理中に性行為をすると、妊娠するおそれがあるということに加え、以下のような病気を引き起こすおそれがあることを知っておいてください。

 

性感染症

性交渉による感染症のリスクがあるんです。

生理中は膣や子宮内膜がとてもデリケートになっていて、ちょっとしたことで組織が傷つきやすくなっています。もしもパートナーが感染症を患っていたら、うつってしまう可能性があります。

また、ホルモンバランスの影響で、免疫力も低下しています。普段だったらかからないような病気でも、生理中だと感染しやすくなってしまいます

●気をつけたい病気:カンジダ、クラミジア、淋病、梅毒、トリコモナス、HIV、肺炎など

 

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮以外に発生し、増殖をする疾患です。

その要因の一つとして、生理中の性交渉が挙げられます。生理中の性交渉により、生理の血が逆流し、卵巣などに入ってしまい、子宮内膜症になることがあると言われています。

子宮内膜症が悪化している状態を放置して妊娠した場合、難産になるリスクも出てきます。

 

女性機能障害

女性 NG

「女性機能障害」とは、性行為に対して意欲がなくなってしまう「性的意欲障害」、性行為に痛みを感じる「性交疼痛症(とうつうしょう)」のことをさします。

生理中は通常の性行為よりも痛みを伴いやすいとされています。その行為を何度も経験したり、我慢することによりこの女性機能障害を発症すると言われています。

結果、性行為そのものに嫌悪感を抱くようになってしまい、パートナーとのスキンシップがうまくいかず、支障をきたす場合もあります。スキンシップのせいで、スキンシップがうまくいかなくなる、本末転倒ですよね。

 

大量出血

子宮筋腫が子宮内膜近くにある方は、生理中の性交渉により大量出血がある場合があります。

これは大変危険ですので、生理中の性交渉は避けましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

「生理中に性行為をしても妊娠しない」というのは、安易な憶測に過ぎなかったんです。

「生理中だから大丈夫」などと思わない方がいいですね。妊娠したくないのであれば、当たり前ですが、きちんと避妊をしましょう。

生理中の性行為は性感染症などのリスクがあることもお分かりいただけたかと思います。あなたとパートナーの健康を守るため、生理中の性行為は避けましょう。

これらのことは女性だけが理解していてもダメなんです。パートナーの男性にも正しい知識を身につけてもらわなければいけませんよね。恥ずかしがらずに、大切なパートナーと性に関する知識、理解を深めていきましょうね!

「こんなのがあるなら、もっと早く知りたかった!」と評判の妊娠線クリームとの出会い…

合わせて読みたい女性の健康の記事

体質改善!ホルモンバランスを整えるサプリメントの選び方

もしかして想像妊娠?想像妊娠の5つの特徴と原因

【バセドウ病】妊娠したかも・妊娠できるの?大丈夫!

ライター紹介 ライター一覧

lotta

lotta

主婦・2児の母です。
結婚前までは子供服店店長を務めていました。結婚を機に退職、現在は2児の母を満喫中です。
趣味:ショッピング、カラオケ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事中のつわりの正しい乗り切り方。休みたいなら休もう!

  • 「早く妊娠したい!」と思ったらすぐやったほうがいいこと

  • 【妊娠の疑問解決】生理直後に妊娠が発覚する可能性ってある?

  • 基礎体温のグラフ「妊娠したい」「妊娠しているか」の参考に!