1. TOP
  2. 美容
  3. 肌荒れには牛肉!?原因見極め食事改善で肌荒れ改善!

肌荒れには牛肉!?原因見極め食事改善で肌荒れ改善!

美容
 

肌荒れがあるとき、食生活が乱れていることが原因になることがあります。

しかも食生活が乱れているということは肌荒れだけでなく、太りやすくなったり、冷え性になったり、体力が低下していろんな病気の引き金となります。

同じものばかり食べるのではなく、いろんなものを食べることが大事ですよ。

スポンサーリンク

食生活で整える!4つの肌荒れ要因

肌荒れを起こす原因は大きく分けて4つ。

  • 乾燥
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 腸内環境の悪さ(便秘)
  • 皮脂の過剰分泌

です。

これらをふまえた上で、肌荒れ改善に効果的な食べ物をご紹介します。

 

女性に多い肌の乾燥を防いでくれる栄養素

タンパク質、ビタミンA、コラーゲン、ビタミンCです。

 

タンパク質

牛肉

タンパク質は肌の細胞質の主成分で肌にツヤを与えてくれます。

牛肉やイワシ、いくら、タラコなどに多く含まれます。

特に牛肉はコショウなどの香辛料と一緒に食べると、血流量がアップしてさらに効果的です。

わたしのまわりの肌のきれいな女性は、肉好きな人が多いです。

「そのぶん太ってるんじゃない?」

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

だいたい平均的な体型です。

むしろ細い人もいます。

その細い人は

「肉食べてるぶん、炭水化物少なめに食べてる」

と言っています。

 

ビタミンA

ビタミンAは、肌の潤いに欠かせない栄養素です。

代表的な食材は小松菜や春菊、アナゴ、ウナギ、シソなどです。

特に小松菜や春菊は油で炒めることによって吸収力がアップします。

 

コラーゲン

コラーゲンは皮膚の弾力やみずみずしさ、潤いを保つ成分です。

鶏皮や手羽先、豚足、牛すじ肉などに多く含まれ、加熱したり、酸やアルカリで調理すると消化しやすくなります。

 

ビタミンC

フルーツ

ビタミンCは肌を丈夫にして潤いを保ち、コラーゲンの生成を助けます。

キウイやピーマン、ブロッコリー、ゴーヤ、いちごなどに多く含まれます。

熱に弱いので、生食や短時間の加熱をおすすめします。

 

ホルモンバランスの乱れを整えてくれる栄養素

それは、大豆イソフラボン、植物性エストロゲン、ビタミンE、オレイン酸です。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンと植物性エストロゲンは体内で女性ホルモンに似た働きをします。

大豆イソフラボンの1日の摂取目安量は50mgで、豆腐なら半丁程度。

他にも、納豆、厚揚げ、豆乳、きな粉、みそなどの身近な食品に多く含まれます。

 

植物性エストロゲン

植物性エストロゲンを多く含む代表的な食材は、イチジク、ざくろ、なつめやし、りんごなどです。

特にイチジクはペクチンも豊富なので美肌や整腸効果が高いです。

 

ビタミンE

アーモンド

ビタミンEは細胞膜の酸化を防ぎ、ホルモン分泌を正常に近付けてくれます。

アーモンドやごま、ピーナッツなどに多く含まれます。

 

オレイン酸

オイル

オレイン酸は女性ホルモンの原料になる良質な脂質です。

代表的なものはオリーブオイルをはじめ、菜種油、紅花油などの植物性油脂です。

長時間加熱すると酸化しますので、できればドレッシングなど生で摂るのがおすすめです。

 

腸内環境を整えてくれる栄養素

食物繊維、乳酸菌、脂質、マグネシウムです。

 

食物繊維

ごぼう

便に水分を与えて増やし、腸のぜん動運動を促す食物繊維を多く含む食材は、りんごやゴボウ、おから、ひじき、さつまいもなどです。

りんごやゴボウは皮にポリフェノールが多く含まれますので、皮ごと食べるのがおすすめです。

 

乳酸菌

ヨーグルト

乳酸菌は腸内環境のバランスを整え、免疫力を高めてくれます。

何といってもヨーグルトが一番有名ですが、納豆やチーズ、キムチなどの発酵食品にも多く含まれます。

 

脂質

脂質は腸内で潤滑油の働きをして、便の滑りを良くしてくれます。

ゴマや、アーモンド、ピーナッツに多く含まれますが、ゴマは消化吸収しやすくするためにすりごまにして食べることをおすすめします。

 

マグネシウム

マグネシウムは便秘薬にも使用される成分です。

ワカメ、干ししいたけ、アーモンド、ゴマなどに多く含まれますが、加熱するとマグネシウム量は50分の1程度に減少してしまうので、生で食べるよう心がけましょう。

 

男性に多い皮脂の過剰分泌を抑えてくれる栄養素

それは、ビタミンB1、B2、B6です。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は炭水化物の代謝を助け、余分な皮脂の分泌を抑えます。

しかし、ビタミンB1は水に溶けやすく、熱に弱いので生で食べると良いでしょう。

具体的には、生ハムやタラコ、いくらなどがあげられます。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は皮膚科医が肌荒れの患者さんに必ずと言っていいほど処方される、皮脂のコントロールには欠かせない栄養素です。

鶏肉、レバー、うなぎ、うずら卵などが代表的な食材です。

 

ビタミンB6

ビタミンB6は脂質の代謝をサポートする成分で、お酒をよく飲む人には特に効果的。

マグロ、牛肉、カツオ、イワシなどに多く含まれます。

特にセロリや大根などとの食べ合わせがおすすめです。

スポンサーリンク

足し算も大事だけど引き算はもっと大事!

ここまでは肌荒れ改善のために良い食品をご紹介してきましたが、実は改善のために良い食品をプラスすることと同じか、それ以上に大切なのが、肌荒れを引き起こしやすい食品を避けることなのです。

ここでは、なるべく避けたい食品をご紹介します。

  • ラーメンなど炭水化物と脂質と塩分の偏ったもの
  • 身体を冷やす食べ物(大量のサラダ、冷たい飲み物、アイス)
  • お酒、カフェイン飲料
  • お菓子やジュースなどの糖質の多いもの

これらの食品を避けることで、肌荒れ改善にぐっと近づきます。

偏ったものを食べればそのぶんバランスが崩れやすくなります。

糖質は基本的に体のバランスを整える働きはなく、単純にエネルギーとしてしか働いてくれませんから、それで満足したぶん体を整えてくれるほかの栄養素が少なくなりがちです。

せっかく体にいい食品や栄養素を取り入れても、それ以上に肌荒れを起こしやすい食べ物を摂っていたら、なかなか効果を実感しにくいはずです。

積極的にプラスする食品と、積極的にマイナスする食品の両輪で、肌荒れ改善体質を手に入れることができます。

 

まとめ

いかがでしたか?

「肉はNG」と言われやすいですが、それは肌荒れの原因次第です。

肌が乾燥しがちな女性は、むしろ食べた方がいいです。

ほかにも積極的に摂りたい栄養素や食品が多くて、驚いた人もいらっしゃるかもしれませんね。

そんなときは、今まで食べていたスナック菓子やチョコレートをキウイやイチゴなどの果物やヨーグルトに変えてみるといった簡単なところから始めてみてはいかがでしょうか?

私も生理前になると、普段は食べないスナック菓子が無性に食べたくなり、肌荒れしてしまったこともありました。

そんなときには、玄米のおにぎりをゆっくり噛んで食べて、それでも食べたかったら小皿1つ分だけ食べるという方法で乗り切りました。

たいてい、おにぎりを食べて、ゆっくりお茶を飲んだ時点でスナック菓子を食べたいとは思わなくなっていました。

お肌に悪いものが無性に食べたくなったときは、ぜひ試してみてくださいね。

 

スキンケアに関する記事

もみあげニキビ・こめかみニキビを治す方法!これだけやって治らないなら早く病院へ!

「ずっとニキビが治らない」その原因と治し方!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

牛肉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mnn

mnn

主婦。1児の母。
大学卒業後、アパレルメーカーから化粧品業界へ。地方百貨店で売上NO.1を達成後、化粧品とサプリメントの開発に携わる。結婚を機に退職、九州男児と乳児の3人家族。
趣味はバレーボールと食べ歩き。

この人が書いた記事  記事一覧

  • メルラインならニキビケアだけでなく美白や保湿の手間も省けてしっとりモチモチ肌に!仕事や家事が忙しくても続けやすい!

  • ニキビの芯を取る?正しい取り方と、取ってもいいニキビ教えます

  • 肌荒れには牛肉!?原因見極め食事改善で肌荒れ改善!

  • 「ずっとニキビが治らない」その原因と治し方!