1. TOP
  2. 【妊娠線画像・妊娠線写真】これはできれば防ぎたい!妊娠中~産後

【妊娠線画像・妊娠線写真】これはできれば防ぎたい!妊娠中~産後

妊娠線はどんなもの?」

と疑問に思う妊婦さんや、大きくなって嬉しいはずのお腹を見て、

「もしやこの線は妊娠線?」

と不安になっている妊婦さんは多いのではないでしょうか?

「この線は赤いままなの?」

と心配している方もいらっしゃると思います。

 そこで、今回は参考画像つきでさまざまな妊娠線を紹介していきます。

 まずは妊娠線がどんなものなのかを知っていただければと思います!

 

妊娠中の妊娠線

「これは妊娠線かな」と悩んでいる方、「妊娠線って何?」と疑問に思っているかた、これからさまざまな妊娠線をご紹介します。

 

 さて、覚悟はよろしいでしょうか?

 よろしければおすすみください。

 

お腹まわりの妊娠線

 妊娠線といえば、おへそまわりにスイカのような縦線を思い浮かべますよね。

 これは一般的なパターンです。

お腹まわりの妊娠線画像

出典:YAHOO!知恵袋

URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13112852593

 

お腹まわりの妊娠線(多胎の場合)

 多胎の場合は、よりおなかが大きくなるため、より妊娠線ができやすかったり、目立つものになりやすいです。

 

 

バストの妊娠線

 バストにも妊娠線ができるんです。

 アンダーバスト付近にできてしまうと、なかなか確認しづらいですよね。

 鏡でチェックすることをおすすめします。

バストの妊娠線画像

 

出典:YAHOO!知恵袋

URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1379264693

 

太ももの妊娠線

 まだらのような赤みも、妊娠線です。

 縦に線が入るだけでなく、まだら模様になるのも珍しくありません。

ふとももの妊娠線画像

 

出典:ころころころころ。。。

URL:http://koromi615.blog86.fc2.com/blog-entry-43.html

 

ふくらはぎの妊娠線

 なんとふくらはぎにも妊娠線は現れるんです。

 もしできてしまったら、外出時は長いスカートやパンツでカバーするしかありませんね。

ふくらはぎの妊娠線画像

 

出典:ママリQ

URL:http://qa.mamari.jp/question/198090

 

妊娠線と間違えやすい正中線

 お腹の真ん中のおへそを通る真っすぐな線、実はこれ、妊娠線ではないんです。

 正中線といって、ホルモンの分泌によってできてしまうものなんです。

 妊娠中はホルモン分泌により乳輪などが黒くなったりするのですが、それと同じ仕組みです。

 ですので、出産後は消える、または目立たなくなっていきます。

正中線

出典:Kiku

URL:http://yaplog.jp/kikue1107/archive/18

 

 ここまでで気づいた方もいらっしゃると思いますが、妊娠線は、主に

  • お腹
  • バスト
  • ヒップ
  • 太もも
  • ふくらはぎ

などにできやすいんです。

 脂肪がつきやすいところですよね。

 お腹だけでなく、様々な部位に現れるので、チェックはすみずみまで行いましょう。

 

出産後の妊娠線

 残念ながら、妊娠線は出産後に消えるものではありません。

 赤かった線が、だんだん白っぽくなってきて目立たなくはなりますが、完全に消えることはありません。

 では、どのように変化するのでしょうか。

 

お腹まわりの妊娠線・その1

 産後間もない場合には赤みが残っていることも多くあります。

 真ん中に正中線がしばらく残り続けることもあります。

産後の妊娠線

出典:ちーたんママのゆるーい毎日

URL:http://www.dclog.jp/sweetbabyc/1/10438823

 

お腹まわりの妊娠線・その2

 赤い色は徐々に消えていき、白っぽくなっていきます。

産後の妊娠線

出典:ねこと君と

URL:http://disneysick36.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

 

ふとももの妊娠線

 出産後しばらくすると赤みが引き、白くなっていきます。

 近くで見ない限りはわかりづらくなります。

産後の妊娠線

出典:渚 ♡ Official Blog

URL:http://www.dclog.jp/en/4162129/528029452

 

sponsored links
ベルタ妊娠線クリーム

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 今回は、妊娠線をご紹介してきました。

 妊娠線がどのようなものなのかお分かりいただけたかと思います。

 妊娠線は脂肪がつきやすいところにできるので、バストやヒップなどのチェックも怠らないようにしましょう。

 また、できてしまったら消えることのない妊娠線ですが、だんだんと目立たなくなってきます。

 

 私にも妊娠線がありますが、ぱっと見た感じではわかりづらいんです。

 ですので、妊娠線ができてしまっても悲観しないでくださいね!

 …といっても、私はここで紹介した方たちのように写真を公開することなんてできません。

 とても心の強い方たちだと思います。

 あなたが心の強い方であれば、妊娠線ができて、周りからどんなリアクションをされても平気でしょう。

 ただ、妊娠線の画像が気になったあなたは、そんなに心が強い方でしょうか?

 私は今、「妊娠線 旦那」で検索してみて、ぜひとも予防を勧めたい気持ちでいっぱいです。

 

妊娠線予防のための記事

妊娠線を予防すべき理由と、おすすめの予防クリーム

絶対に残さない!妊娠線予防にはこの2つを実行するだけ!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • お米の保存は冷蔵庫がベスト!冷蔵保存をおすすめする理由とは?

  • 簡単な正しいお米の保存方法!もう虫やカビに悩まない!

  • 妊娠中は、市販のヘアカラーは悪影響があるかも。美容室が安全。

  • 旦那と別れたい!離婚の前に押さえておきたいポイントとは?