1. TOP
  2. 「片付けられない」あなたに贈る!やる気をアップする6つの方法

「片付けられない」あなたに贈る!やる気をアップする6つの方法

家事
 

片付けなくちゃとは思うけど、結局これが居心地いいし。」

「散らかっているように見えるかもしれないけど、自分にとっては暮らしやすいんだ。」

そんなことでは、身も心も汚部屋の住人になってしまいますよ!

…などと偉そうに言う私も、片づけが苦手な1人です。

そんな私が行っている、片付けに対するモチベーションを上げる方法をご紹介しましょう。

sponsored links

 

「片付けるぞ!」というやる気を出す3つの方法

まずは片付けをし始めるきっかけを作りましょう。

  • 遊びに来てもらう
  • 客観的に見てみる
  • オシャレな家具を買う

というふうに、

「片付けたほうがいいよね」

という状況をつくるのです。

以下、詳細にみていきましょう。

 

遊びに来てもらう

「どこかで集まりたいよね」

そんな話題が出たら、積極的に自宅を提供するようにしています。

片付いていないから人を呼ばないのではなく、まずは予定を入れ、それに向けて強制的に片づけるんです。

部屋を片付け友人たちと楽しいひとときを過ごせば、また誰かに来てほしいという欲求も高まります。

一度片付いた部屋が散らかる前に次の予定を入れて、片付いた部屋をキープ!

友人関係も深まるので一石二鳥です。

 

客観的に見てみる

スマホを見る女性スマホを見る女性スマホを見る女性

自分の部屋で何気なく撮った写真を見たときに、背景が雑然としていてガッカリしたことはありませんか?

当の本人が気にならなくても、片付いているかいないかは客観的に見て決まるもの。

写真はそれを如実に表してしまうんです。

私はときどき、「他人になった目線」で家の中を撮影してみることがあります。

これで十分暮らしやすいと思っていた部屋でも、

「もうちょっとこうすればスッキリするんじゃ…」

なんてところがたくさん見えてくるものです。

また、片付けた後にも撮影してビフォー/アフターを比較すると、やり遂げた感が非常に高いですよ。

 

オシャレな家具を買う

家具の買い替え時期が近づいたら、片付けのチャンス!

ちょっと奮発して、オシャレな家具を選んでみませんか?

単に、「新しい家具が来たから部屋がきれいになる」のではなく、その家具を選ぶまでの過程で、片付けのモチベーションが上がるんです。

例えば、家具を選ぶためにはどんな部屋にしたいのかをしっかり考えなければなりません。

また、気に入ったものを探すために店舗やインターネットサイトを見て回る中で、洗練された展示やレイアウト例を目にする機会も増えます。

「自分が暮らす空間を素敵にしたい」

そんな思いが高まれば、片付けへのやる気も自ずとアップします。

 

「最後まで諦めない…!」やる気を継続する3つの方法

「さあやるぞ!」

と意気込んで始めても、途中でペースダウンしたり、ときには諦めてしまうことも多い片付け。

長丁場になると、集中力が途切れて思い出に浸ったり、口寂しくなって何かを食べ始めたり(私だけ?)と、やる気ダウンに繋がってしまいがちです。

短期決戦で最後までやり遂げるためのアイディアをご紹介します。

  • BGMを流す
  • ローラー作戦
  • 習慣化する

以下、詳細にみていきましょう。

 

BGMを流す

コンポ

片付けをするときにテレビはご法度。

スマホを見るのが癖になっている方も、本気の片付けではマナーモードにして手の届かないところに置きましょう。

気分が上がるようなBGMは、片付けの効率をアップします。

クラブ系のダンスミュージックや、ラテン系のノリのいい曲がオススメ!

片付け用BGMを決めておけば、「CD1枚流す間に終わらせる」など時間管理もできるので便利です。

 

ローラー作戦

「部屋中散らかっていて、どこから手をつけていいのかわからない!」

そんなときに試していただきたいのがこの方法。

我が家では、「ローラー作戦」と呼んでいます。

部屋の中にある「片付いていないもの」を、すべて1箇所に集めます。

机の上のものも、床に散乱しているものも、ベッドの上のものも、全部です。

その後は、集めたものの中から不要なものを捨て、残ったものをどこにしまうか考えていく

という作業になります。

細かい箇所から手を付けるより、広い面がきれいになった方が達成感は大きいですよね。

散らかったものをまとめることで部屋が一瞬にして理想的な状態になり「終わりが見える」ことでモチベーションが高まるのだと思います。

集めたものが収納できないときは、そもそもキャパシティー不足であるということもはっきりします。

「片付けているつもりなのになんだかゴチャゴチャしている」

という方にも試していただきたい方法です。

 

習慣化する

片付けは、大規模であればあるほどやる気が萎えます。

小さなことからコツコツとやるのが一番いいんです。

スケジュール化して習慣づければ、ひどく散らかることはありません。

ポイントは、片付ける箇所を細かく区切ることです。

片付ける頻度も場所によって違うでしょう。

  • 毎日片付けたい箇所
  • 月1回片付けたい箇所
  • 大掃除で片付ける箇所

など、メリハリを付けましょう。

毎日片付けたい箇所といえば、食器や衣類などでしょうか。

「朝出かける前には必ず衣類をまとめる」

「寝る前までに食器をすべて片付ける」

というように自分の生活リズムに合ったルールを作りましょう。

私の場合は朝食を気持ちよく作ることができるように、寝る前までにキッチンの

  • 調理台
  • カウンター
  • 食卓の上にあるもの

をすべて片付けるということだけ決めています。

毎日片付けるほどではない箇所も、スケジュールに沿って先手先手で取り組みたいものです。

引き出しやクローゼット、納戸など、外から見えないところはつい疎かになりがち。

「毎週○曜日は整理整頓の日」と決めて、順繰りにできると理想的ですね。

sponsored links

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は片付けのやる気を引き出す3つの方法と、やる気を維持する3つの方法をご紹介しました。

片づけが苦手な私でも、この方法で片付けができています。

あなたもまずは、きっかけ作りから試してみませんか?

 

片付け関連記事

狭い玄関も安心!アッと驚く収納アイデア20選

【カラーボックス収納例】おしゃれに使いこなすアイディア12選

【クローゼット収納法8選】スッキリおさめてサッと取り出せる!

 

片付けついでにお掃除しませんか?

クエン酸で楽に掃除できる、おうちの中の6エリア

【重曹で楽ちんお掃除!】安心安全、お金も手間もかけないお掃除術7選

気づかないうちに…カーテンに発生したカビの落とし方

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。
家事系の記事が得意です。
普段は物静かですが、文章はテンション高めです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 賃貸でもOKな22の収納アイデア!【画像付きでよくわかる!】

  • 同居ストレス発散解消のための8つの心構え

  • 【キッチン収納術】100均グッズ42選!これで必ず片付く!

  • 【カーテンに発生したカビの落とし方】簡単なものから本気なものまで!