1. TOP
  2. 【ダイソー毛玉取り器】実際に使ってみた!これはおすすめ!

【ダイソー毛玉取り器】実際に使ってみた!これはおすすめ!

最近うわさのダイソー毛玉取り器

100円均一って安いからうれしいけど、「すぐに壊れてしまうのではないか」、「ちゃんと使えるのか不安」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなあなたのために、今回は、ダイソーの毛玉取り器を私が実際に使用した結果や感想などをご紹介します。

結果を先に言うと、表面積のせまいものにはおすすめです。

スポンサーリンク

ダイソーの毛玉取り器の実物

ダイソー毛玉取り器

今回使用したのは、ダイソーで販売されている「毛玉取り器」(税別100円)です。単3電池が2本必要ですが、付属はされていないので、ご注意ください。

 

使用した対象はコチラ

毛玉びっしり掛け布団

昨年の冬にお世話になって、両面にびっしり毛玉がついてしまったダブルの掛布団カバー

 

…どうしてこんなになるまで放っておいたんでしょうね。

 

やってみた

所要時間

ダブルの掛布団カバーの片面の4分の1の毛玉を取るのにかかった時間は、約30分でした。

掛布団

ただし、電池の残量次第ではそれ以上かかる可能性がありますので、ご注意ください。根気強くやれば2~3時間でダブルの布団がキレイになる計算ですね。

しかし、秋っぽい性格の私には、単調な作業で退屈だったため、片面をキレイにするのに3日かかってしまいました。結局、両面をキレイにするのには10日も要してしまいました。

 

ちなみに30分でとれた、けだまみれの一部がこちら。

毛玉のなれの果て

 

劇的な結果

あんなに毛玉毛玉しかった掛布団が、ほら、このとおり!

掛布団

新品同様とまでは言えませんが、サラサラとした肌触りを復活させることができました!

(色味が違うのは撮影機器および状況が異なるためです。ご了承ください。)

 

その他の利用

毛玉取り器の構造が、電動ひげそり器に似ていたので、毛深い人のすね毛を剃ってみました。

ふくらはぎ

結果、短い毛は難なく切ることができましたが、長い毛はモーターに絡まるのか、刃で切れる前に引っぱられ、痛みを伴うということがわかりました。

痛そうにしているところを見ると、少し申し訳なくなるとともに、「普段の仕返し」と思ってちょっと楽しくなったりしました。すみません。ごめんなさい。

本来の用途以外での使用はおすすめしません。

スポンサーリンク

 

コツは小刻みに動かす

私の使用してみた感想は、

  • よく取れる
  • 取れるのは取れるけれど、一度に取れる範囲が狭い

です。

 

毛玉をとるのは直径約3cmの円状の面なので、細かい部分の作業はやりやすいのですが、広範囲の毛玉をとるのには向いていないように感じられました。

また、電池が満タンのときはよく取れるのですが、徐々に残量が減少していくと、モーター音も低くなってきて、回転が遅くなってきます。

そうなると、刃とカバーの間に毛玉が挟まりやすくなり、回転がストップしてしまいます。毛玉が詰まったときには、電池のふた部分に取り付けられているブラシで掃除をすると、再び回転しだします。

毛玉が詰まりにくいようにするには、小刻みに滑らせるように動かすとよかったです。

 

まとめ

ダイソーの毛玉取り器はよくとれる。ただし、効果範囲が広くはないので、セーターなどの表面積が小さいものに関してはおすすめできます。

しかし表面積が大きいものに関しては、一度に広範囲を取れるような機器を使用するほうがいいかもしれません。

時間がかかるのを承知で使用される場合には、ノルマを決めたり、ノルマ達成のご褒美を設定すると、飽きずにできるでしょう。

 

それから、これは大事なことなので最後にもう一度だけ言っておきます。本来の用途以外での使用はやめましょう。

たかが100円。されど100円。100円均一おそるべし。

ここまでお読みくださって、ありがとうございました。

 

100均関連記事

【キッチン収納術】100均グッズ45選!これで必ず片付く!

家事用100均便利グッズ10選

【100均ブログまとめ】100均便利グッズの参考ブログ18選

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。
家事系の記事が得意です。
普段は物静かですが、文章はテンション高めです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 芝麻醤と練りごまの違いと、おいしい使い分け

  • 洗面器の水垢は、汚れの原因によって落とし方が変わります

  • マンガン電池のメリットと、液漏れしやすいタイミング

  • 【掃除機のかけ方】時間は減らしてそれでもキレイに!