1. TOP
  2. 子ども
  3. 【頭殿長】【児頭大横径】【胎のう】妊娠〇〇週目の用語解説

【頭殿長】【児頭大横径】【胎のう】妊娠〇〇週目の用語解説

子ども
 

妊娠がわかり、病院でエコー画像を撮ってもらったはいいものの、

「書いてある数字の意味がわからない」

というのはよくあることです。

そこで、ここでは【胎のう(GS)】【頭殿長(CRL)】【児頭大横径(BPD)】について解説します。

胎のう(GS:gestational sac)

胎のう(GS)エコー画像

妊娠すると、 赤ちゃんを包む袋が子宮内に形成されます。これを胎嚢といいます。

エコー画像では「GS」と略して記されることが多いでしょう。撮影方法によっては、妊娠4週半ばから見え始めるようです。

これが子宮内に見えれば、子宮外妊娠の可能性はありません。

超音波の写真にはこの大きさが表示されます。 この大きさは、赤ちゃんがいるべき袋の内側の最大距離です。大体、1日1mm程のスピードで成長します。

頭殿長(CRL:crown rump length)

おなかの赤ちゃんの頭のてっぺんからおしりの突出部の中点までの長さのこと。大人でいうところの座高です。

エコー画像では「CRL」と略して記されることが多いでしょう。

妊娠初期(妊娠8~11週ごろ)は、赤ちゃんの大きさに個人差があまりありませんので、これをもとに正確な妊娠週数が割り出されます。

頭殿長(CRL)を計測できるようになるのは妊娠5~6週くらいからで、最初の測定では1センチもないことが多いでしょう。

児頭大横径(BPD:biparietal diameter)

妊娠11週あたりから測定できるようになる、赤ちゃんの頭の左右の幅でもっとも広い部分のことです。

エコー画像では「BPD」と略して記されることが多いでしょう。

妊娠12~15週ごろ、BPDを測って出産予定日を確定することもあるようです。推定体重を算出するのにも使われます。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者

・熊本出身在住

・二児の父

・九州大学経済学部経済工学科卒


塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。


アンケート調査楽しいです。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 【子供と遊ぶ】熊本県八代市坂本町のアスレチック公園、くま川ワイワイパーク!

  • 草冠に宣【萱】読み方は“ケン・カン・かや”。萱と茅は同じ植物群を指す。

  • 草冠に昌【菖】読み方は“ショウ”。“菖蒲”は“しょうぶ”。人名なら“あや・あやめ”とも。

  • 草冠に西【茜】読み方は“セン・あかね”。茜は赤色系の染料にもなる。