1. TOP
  2. 観光・レジャー
  3. バーベキュー準備はOK?初めての方へオススメ!用意するものリスト

バーベキュー準備はOK?初めての方へオススメ!用意するものリスト

観光・レジャー
 

外での活動が気持ちいい季節になりました!!

みんなでワイワイ!バーベキューなんていかがですか?

初めての方でも大丈夫!

バーベキューで準備する基本的なものをまとめてみました。

事前準備から楽しんで最高のバーベキューにしましょう!

記事の最後には、ここで紹介するものをPDF形式で、チェックボックス付きのリストにしています!

実際に準備する段階になったらダウンロードして印刷しておくと、漏れなく準備できますよ!

バーベキュー準備から楽しもう!

初めてのバーベキューで不安になっていませんか?

みんなで楽しく過ごすためのバーベキュー。

ポイントさえおさえれば大丈夫!事前準備から楽しんですすめましょう。

当日だけではなく、数日前からワイワイ買い出しに行くのも楽しいですよ!

道具リスト

グリル・コンロ

網や鉄板がセットになっているものがよい。

 

鉄板・網

焦げやすい食材は鉄板で。

後片付けが楽になるようにホイルを敷いたり。

食材がくっつかないように網に油を塗っておくのもポイントです。

 

テーブル・イス・レジャーシート

イスを含むテーブルセットがおススメ。

ゆっくりできて長時間疲れないのはイスです。

レジャーシートだけでも良いですがあれば便利。

木に張って日よけにも!!

 

クーラーボックス・保冷剤

食材や飲み物を保存する。

(暑い日のバーベキューは食材が傷みやすいので注意しましょう)

 

ボウル・ザル・包丁(ナイフ)・まな板・串(必要な場合)

食材は自宅でカットしてジップロックなどに入れて持って行けば楽ですよ

 

トング

トング

肉用・魚用・野菜用・炭用の4種類

最低でも2本(食材用・炭バサミ)は用意しましょう。

 

大きめな皿・コップ・わりばし・菜箸

皿類はアルミのものもありますが紙のほうが片づけが楽です(分別)

紙皿は焼きそばなどの麺類がある場合は大きめがよいです。

 

木炭(炭)

ひとり1㎏が目安(または一時間あたり1㎏)

安いもので十分。

 

着火剤・チャッカマン・軍手・うちわ・バケツ

着火剤は初心者には必須。

熱いし疲れるのでライターよりチャッカマンがおすすめ。

軍手は炭を扱ったり、網や鉄板を扱うときに必要。

うちわは火おこしのとき。

バケツは消化のときに(飲料を冷やすときにも)

 

新聞紙

着火や鉄板をふくのにも便利。

 

ビニール袋・ゴミ袋

ゴミは持ち帰るのが基本!

ゴミ袋は必須です。

汚れものを持ち帰るときも便利。

 

ティッシュ・トイレットペーパー

トイレにペーパーがないところもあるのであれば安心。

 

キッチンペーパー・洗剤・スポンジ・タオル

片付けのときに使います。

 

食材・調味料・飲み物

ミネラルウォーター・スポーツドリンクは熱中症時にも

 

あると便利なもの

アルミホイル

  • アルミホイル・ラップ・ティッシュ・ウェットティッシュ
  • アウトドア玩具・日焼け止め・虫よけ・蚊取り線香
  • マジックペン・ビニールひも

 

皿やコップに名前を書くと「自分の管理するもの」となるので、参加メンバーも最後まで大切に使ってくれるようになります

(最後の片付けのときもちゃんと捨ててくれます)

大きなものは、なるべくレンタルを利用して、当日の荷物の負担を少なくしましょう!

 

準備するものはたくさんありますが、現地で慌てないようチェックしておきましょう。

どのようなバーベキューにしたいかによって、準備するものが変わってくると思いますが、あると便利なものばかりです。

私がバーベキューをするときは、似たようなもので代用する以外はすべて持っていきます。

バーベキューを行う場所によって準備品を減らせることもあると思います。

事前にチェックすることをオススメします。

 

準備のポイント

カットした肉

  • 食材はカットして持参
  • お肉に下味をつけて行く
  • 氷を作っていく

ジップロックなどを使って持参すればゴミの片付けも楽です

お肉もタレに漬けておくと、やわらかくなって焼くだけでおいしく食べられますね。

氷をペットボトルやポリ袋に入れて持っていけば食材の保存や飲料を冷やすのにも使えます。

現地ですべてを初めから準備するのは初心者では特に大変ですし時間もかかります。

準備に時間がかかりすぎると楽しめる時間が減ってしまうので、できるものは準備をして行きましょう

 

服装のポイント

汚れるのが分かっていてもオシャレをしたいですよね!!

ポイントさえ知っていればオシャレも楽しめるハズ。

あなたらしいバーベキュースタイルを見つけましょう!

 

汚れてもよい、動きやすい服選び

色の淡いものは汚れが目立つ

焼き肉のタレや炭で汚れが目立ちます。

 

燃えやすい素材のものは避ける

変わりやすい天気の場合使い勝手のよいナイロンですが、火で穴が開く可能性がありますよ。

 

UVカーディガン等は持参するとよい

日焼け防止のため。

 

ヒラヒラしたデザインのものは避ける

火が移る危険があります。

 

長袖のものが良い

露出を避ける

やけどの危険・ひやけ・虫刺されの防止。

 

スカートやショートパンツは避ける・ロングパンツがよい

タイツやレギンス着用の場合はOK!

 

バッグは体にフィットするウエストバッグやヒップバッグがよい

ショルダーバッグはクルクル動くため火がうつる危険がある

 

ヒールのないスニーカーやカジュアルシューズなどがよい

ビーチサンダルはやけどの危険があるため好ましくない

 

帽子・サングラスはあるとよい

帽子 サングラス

日焼け・熱中症対策。

邪魔になるので日傘などは避けた方がよいでしょう。

 

なんとなくは分かっている方が多いハズ。

オシャレをしたい気持ちも分かりますが、危険を招くような服装では、楽しいはずのバーベキューもテンションが下がってしまいますよね。

ポイントをおさえて自分なりのオシャレをしてみてはいかがでしょうか。

 

火おこしと消化

火をおこすのは初心者さんには不安がいっぱいかもしれませんが、着火剤を使えば簡単にできます。

コツは空気を送ること、火がまわるまでじっくり待つことです

着火剤にはジェル状のものや固形状のものがあります。

安全のため、できるだけチャッカマンを使ってくださいね。

 

つぎは消化についてです。

火は消えたように見えても、ついていることがあります。

時間の余裕をもって消化しましょう。

帰る2時間以上前には消化準備をするようにしてください。

 

おすすめの消化方法

時間に余裕をもって「火消しつぼ」を使いましょう。

火消しつぼに入れて完全に冷ませば、次回も同じ炭が使えますよ。

 

時間がない場合

時間がない時は、水を入れたバケツに炭を1個づついれて、最低でも30分以上は水につけた状態に

完全に消えるようにしましょう。

 

時間がない場合でもきちんと処理をしてくださいね。

コンロに直接水をかけたり、炭を土に埋めたりしないように!

ルールとマナーを守って片付けましょう。

早く火を消したいからとコンロや炭に水をかけると、すごい水蒸気があがり、灰が舞います

迷惑にもなりますし危険なのでやめましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

準備するものは多いですが、初心者さんでもポイントさえおさえれば大丈夫!

チェックリストもありますからね!

青空の下、木々の緑とキラキラした水辺でのバーベキュー。

準備から楽しんで、とびきりの思い出にしてほしいと思います。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

チェックボックスつきのリストをダウンロードする!

 

合わせて読みたいレジャー記事

お花見に子連れで行きたい!持ち物や注意点は?

・千葉の養老渓谷へのアクセス。紅葉と幻の滝のコラボを見よう!

・京都の東福寺へのアクセス。紅葉観よう!そうしよう!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

バーベキュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

7053

7053

アパレル業まっしぐら人生

この人が書いた記事  記事一覧

  • 成長痛で足首が痛いときの対処。痛みの和らげ方

  • 顔むくみマッサージで早めに解消!むくみを予防する方法もご紹介

  • 【ぎっくり腰でコルセット】寝るときは外すのが基本

  • まぶたのむくみをとる方法