1. TOP
  2. 観光・レジャー
  3. マレーシアへの海外旅行でトラブル回避すべき4つのポイント

マレーシアへの海外旅行でトラブル回避すべき4つのポイント

多民族国家・マレーシアは、多彩な魅力に溢れた国です。

アジアと世界各国を結ぶクアラルンプール国際空港を、トランジットの際に利用する方も大勢いらっしゃるでしょう。

マレーシアへの海外旅行を楽しむためにはトラブル回避する必要がありますが、いったいどんな点に気をつけることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

マレーシアへの海外旅行!空港でのトラブルを回避しよう

空港

クアラルンプール国際空港は、24時間オープンの巨大空港です。どんなトラブルが起こり得るのでしょうか?

 

トランジットには十分余裕をもとう

クアラルンプール国際空港は、国内線と短距離国際線用ターミナルの「KLIA」(ケー・エル・アイ・エー)とLCC専用ターミナルの「KLIA2」とに分かれています。

「KILA」と「KILA2」はおよそ1.5kmも離れています。したがって乗り継ぎの際にターミナルが異なる場合、さらに乗り継ぎのための時間があまりない場合には移動が大変です。

特に、国際線でクアラルンプール国際空港に到着後は要注意です。

マレーシアの国内線に乗り換えたり、ほかの国にLCC利用で訪れたりする予定であれば、トランジットのための時間にはよく注意を払っておきましょう

サテライト部分から「KILA2」に向かう際も、気を付けましょう。大人が早足で歩いて30分以上は余裕でかかってしまうのです。

したがってクアラルンプールでトランジットする予定なら、乗り換え時間に余裕のあるチケットを選ぶ必要があるでしょう。

 

ダニ・南京虫に注意しよう

やっかいな害虫の存在は、クアラルンプール国際空港に限った話ではありません。

しかし空港は多くの人が出入りする場所です。どんなに綺麗に掃除されていたとしても、空港内のカーペットや床にダニや南京虫が潜んでいる場合があります。

実際、クアラルンプール国際空港のカーペットの隅には南京虫が潜んでいます。夜中を過ぎると活発になる南京虫は、空港内のロビーで乗り継ぎ便の飛行機を待っている人々を攻撃します。

また、荷物をカーペットの上に置いてると、そこに南京虫が入り込む恐れがあります。

そのため、空港内のカーペットの上に直接座ったり、荷物をカーペットの上に置くのはやめたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

 

マレーシアの街中でトラブルを回避しよう

マレーシアに海外旅行で訪れる際には、どんなトラブルを回避する必要があるのでしょうか?

 

どんなシーンでも右手を使おう

マレーシアの国教は、イスラム教です。もちろん中には、ヒンドゥー教徒や仏教徒、キリスト教徒もいますが、マレーシアでは左手は「不浄」の手だということを認識しておきましょう。

マレーシアの人々の間では、左手は汚いという認識があるため、相手に左手を差し出すことは失礼に当たります。

ですから、左利きの方でも、物やおつりを受け取る際には、必ず右手で受け取るように意識しましょう。握手は当然のことながら、現地の人々と同様に手で食事をするときも、右手を使用すべきです。

右手は神聖、左手は不浄という概念がまったくない日本人からすれば、どちらの手を使っても問題ないように思えますよね。

しかし、マレーシアの人々からすればどちらの手を使うかということは大問題です。

とりわけ、現地の人からなにかを受け取るときと、挨拶の印として握手をするときなどには、注意が必要です。

したがって、たとえ旅行者であったとしても、現地の人々を尊重するために意識的に右手を使用しましょう。

 

トイレ事情を知っておこう

トイレに行く女性

マレーシアのトイレには、トイレットペーパーが備え付けられていない場合が多くあります。トイレットペーパーを使用する代わりに専用のホースで水洗いするのがふつうです。

「じゃあ、ティッシュを持参して入れば問題ないじゃない」と思われるでしょう。

しかし、基本的に、マレーシアのトイレでは詰まり防止のためにティッシュを流すことはできません

つい日本と同じように、使用後のティッシュをトイレで流そうとしてしまう方がいらっしゃいます。ですが、トイレが詰まってしまい故障の原因になりますので絶対にやめておきましょう

トイレ内にくずかごが備え付けられていれば問題ありませんが、くずかごがない場合も多くあります。使用後のティッシュを捨てる場所に困ってしまう事態が発生しますよね。

トイレ文化の違いをわかっていても、現地の人と同じスタイルでトイレを使用することに抵抗がある人も多いことでしょう。

抵抗のある方は、トイレに入る際には、ポケットティッシュはもちろん、使用後のティッシュを入れるゴミ袋も忘れずに持って入るようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

マレーシアの習慣やマナーを事前に知っておけば、現地の人の気分を害したり、迷惑に繋がったりすることを行わないよう心掛けることができます。

さらに、ほかの人々だけではなく自分の身を守るためにも、旅行の前に現地の様子を知るように努めることは大切です。

南国リゾート地として人気の高いマレーシアは、魅力あふれる楽しい国です。マレーシアに海外旅行で訪れる際には、事前に土地の知識や情報を取り入れてトラブルを回避し、楽しい滞在にしましょう。

 

合わせて読みたい旅行でのトラブル回避に関する記事

海外旅行でトラブルを回避するための7つのポイント!

ドイツに海外旅行!トラブルを回避して素敵な旅にする方法は?2

【海外旅行でイタリアへ】気をつけたい5つの注意点とは?

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

マレーシアの国旗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ゆうき

ゆうき

通訳と翻訳を生業としています。
アジアにある某大学を卒業後、南国を行ったり来たりの生活をしています。
趣味はアイランドホッピングとシュノーケリングです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 犬の暑さ対策は夜でも必要!4つの対策と気をつけたいポイント

  • 外飼いの犬の暑さ対策!本当に効果的な8つの方法と注意点

  • 犬のしつけには英語がおすすめ!今日から使える英語フレーズ一覧

  • 梅雨時の犬の臭いが気になる方へ!犬の体臭対策と臭いの原因とは?