1. TOP
  2. 買うよりお得?スーツケースはダスキンで賢くレンタルしよう!

買うよりお得?スーツケースはダスキンで賢くレンタルしよう!

旅行のためにスーツケースを借りたい。

でも、どこで借りたらいいのか、何を基準に選んだらいいのかわからない。なんて悩んではいませんか?

そんなかたのために、ここでは、ダスキンレンタルスーツケースをおすすめします。

スーツケースの悩みを忘れて、旅行の計画を楽しく立てることができるようになりますよ!

 

sponsored links

スーツケースをレンタルする4つのメリット

使用頻度が少ないかたなら安上がり

一昔前に比べるとスーツケースの値段は下がってきていますが、それでも安心できる品質のものを購入すればそれなりの費用が掛かります。

スーツケースを必要とするような旅行などめったに行かない…というかたであれば、レンタルすることで費用を大幅に抑えることができます。

 

収納場所を取らない

スーツケースに関するお悩みといえば、収納です。

押し入れにしまい込んだとしても、大きな割合を占めてしまうことでしょう。

都度レンタルすることで、収納スペースの悩みから解放され、部屋を広く使うことができます。

 

用途に合わせて様々なサイズが選べる

スーツケースを持っていても、泊数や使用目的によっては大きすぎたり小さすぎたりして使えないこと、ありますよね。

かといって旅行や出張のたびにスーツケースを買い足すことは、金銭的にも収納スペース的にも不可能です。そんなときは、レンタルスーツケースを上手に利用しましょう。

 

いい状態のものが借りられる

重い荷物を詰め込まれた状態で長時間歩いたり、積み下ろしの際は乱暴に扱われたりするスーツケースは、たった1回の旅行でも壊れたり、不調をきたすことがあります。レンタル品なら整備済みのものが都度届きますので、自分自身でメンテナンスする手間が省けます。

つまり、使用頻度や収納スペースによってはレンタルスーツケースの方がお得になるというわけです。それでは、スーツケースはどこでレンタルしたらよいのでしょうか。

 

ダスキンのスーツケースレンタルはここがおススメ!清掃 女性

今回は、みなさんにとってもなじみ深い「ダスキン」のレンタルスーツケースをご紹介します。

清掃用品のイメージが強いダスキンですが、『ダスキンレントオール かしてネッと』ではスーツケースをはじめとしたさまざまな商品をレンタルすることができるんです。

 

人気メーカー品が選べる

取り扱いメーカーは、日本製で安心のプロテカ、超軽量で扱いやすいタイタン、世界No1のシェアを誇るサムソナイト、ドイツ製で堅固な造りが評判のバーマスの4種類。

販売価格は2.5~6万円程度の商品です。3泊~程度の旅行に最適な中サイズから、10泊以上の荷物がたっぷり入る特大サイズまで揃っています。

それぞれ3~4色のカラー展開をしており、好みに応じて選べるのも魅力です。

 

価格帯は5000円未満

1週間(7泊8日)当たりのレンタル価格は、4,233円~4,881円(メーカー・サイズにより異なる)となっています。このグレードの商品を購入することを考えれば、非常に割安といえますね。

また、追加1日ごと216円で延長ができますので、「ちょっと早めに借りて荷造りしたい」というかたも安心です。

 

店頭で受け取れば送料がゼロに!

「大きなスーツケースは送料が高そう…」と心配するかたもいらっしゃるのでは?

確かに、ダスキンでのレンタルスーツケースは送料が往復2,400円かかります。

でも、全国各地にあるダスキンレントオールの店舗で受け取れば、送料は一切かからないんです!

ご自宅の近くに店舗があるかどうか、ぜひ調べてみてくださいね。

https://www.kasite.net/rent/station/StationTop.do

 

スーツケース以外の旅行用品もレンタルできる

ダスキンレントオールで取り扱うさまざまな旅行用品を一緒にレンタルすれば、準備の手間が省けます。

人気の商品は、海外用のプラグや変圧器、ヘアドライヤーなどです。

 

sponsored links

ダスキンでスーツケースをレンタルする流れ

『ダスキンレントオール かしてネッと』で商品を選んだら、インターネットで予約をするだけ。指定した日に宅配便でスーツケースが届きます。

返却も、宅配で送り返すだけでOKです。

お急ぎのかたは、店舗に来店するか電話で問い合わせれば、その場で在庫状況などがわかります。

 

どんなスーツケースを選べばいいの?

疑問

実物を見ることができないレンタルスーツケース。理想に近いものを選ぶポイントをご紹介します。

 

サイズ・重量

まずチェックすべきはサイズ。容積だけではなく、縦・横・高さという長さを比較して実際のサイズをイメージしましょう。

悩んだときは、小さめサイズを選ぶことをお勧めします。スーツケースはかなりの量を圧縮して詰め込むことができるからです。

ダスキンで扱っている特大サイズのスーツケースの中には、航空会社により超過料金を取られる場合もありますので事前に確認をしておきましょう。

また、同じサイズのスーツケースでも、材質により重量が異なります。荷物が入るとさらに重くなりますので、女性のかたなど力に自信のないかたはより軽いものを選ぶ方がいいでしょう。

 

キャスター

スーツケースを転がして長時間歩く予定のある方は、キャスター重視で選びましょう。2輪よりも4輪の方が、操縦性に優れています。

また、石畳など段差の多い道を歩く場合は、キャスターが大きくがっしりしたものが真価を発揮します。

 

TSAロック

米国領内の空港は、安全上の理由からスーツケースにカギを掛けることが禁止されています。

万が一カギが掛かっていると、空港職員によって壊され中を調べられてしまうのです。

とはいえ、カギを掛けずにスーツケースを預けるのは不用心。ということで最近のスーツケースに搭載されているのがTSAロックです。

これは、アメリカ運輸保安局(TSA)が認可した特殊なカギで、TSA職員が特殊な道具を使って開けることができるので壊されることがないんです。

アメリカ方面に旅行に行くかたや、アメリカ国内で乗り継ぎをするかたはTSAロック付きのスーツケースを選びましょう。

ちなみに、ダスキンでレンタルできるスーツケースはすべてTSAロック付きなので安心です。

 

ファスナー VS フレーム

最近、ファスナーで閉じるタイプのスーツケースが増えています。

ファスナータイプのメリットは、ちょっとだけトランクを開けて物の出し入れができること!

従来のフレームタイプだと、地べたにスーツケースを置いて全開しなくてはいけないので、これはかなり便利です。

また、フレームタイプに比べて軽めの製品が多いこともメリットとして挙げられます。

 

一方、フレームタイプのメリットは堅固さ。

ファスナータイプでは布部分がどうしても衝撃に弱かったり、水濡れの恐れがあったりしますので、電子機器や壊れやすいものを荷物に入れるかたはフレームタイプを選ぶ方がいいでしょう。

「中身は衣類がメインだから、衝撃や型崩れは気にしない」というかたには便利に使えるファスナータイプ、「おみやげにワインや陶器を買って帰る予定!」というかたには丈夫なフレームタイプをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?

ダスキンのレンタルスーツケースについて、理解が深まったのではないでしょうか。

用途や目的に合わせて、スーツケースの種類を選べるところがいいですよね!

思い出に残る素敵な旅行になることを願っています!

 

合わせて読みたい旅行記事

海外旅行でトラブルを回避するための7つのポイントは?

【海外旅行でイタリアへ】気をつけたい5つの注意点とは?

イギリスへ海外旅行!よくあるトラブルとその回避方法は?

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

家族 スーツケース 旅行

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。
家事系の記事が得意です。
普段は物静かですが、文章はテンション高めです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 布団収納を楽にする!毎日でも楽々!長期保管も安心!

  • 【キッチン収納術】100均グッズ45選!これで必ず片付く!

  • ムワっと部屋が暑い!その原因と涼しく過ごす4つの対策とは?

  • 賃貸でもOKな22の収納アイデア!【画像付きでよくわかる!】