1. TOP
  2. イギリスへ海外旅行!よくあるトラブルとその回避方法は?

イギリスへ海外旅行!よくあるトラブルとその回避方法は?

歴史ある豊かな文化を持つ国・イギリス。観光地として人気の国だけに、日本だけではなく、世界中から人々が訪れる場所でもあります。

そんなイギリスに海外旅行することになったら、トラブルをうまく回避して、思い出に残る素敵な旅にしたいですよね。

そこで今回は、イギリス旅行で注意したい点をいくつかご紹介します。

 

sponsored links

イギリス旅行でよくあるトラブルは?

スリ

イギリスは比較的治安が良いと言われていますが、日本に比べるとそれほど良いわけではありません。いったいどんなトラブルが多いのでしょうか?

 

イギリスではスリにご注意!

イギリス旅行でロンドンを訪れる方も多くいらっしゃるでしょう。大英博物館やナショナル・ギャラリーなどの博物館や美術館が多く存在し、バッキンガム宮殿やテンプル教会など、由緒ある建造物を見ることができる素晴らしいところです。

しかし、人が多く集まるところだからこそ、首都ロンドンではスリ被害に注意すべきです。街中に監視カメラが設置されていますが、ロンドンにある中華街やマーケットを見て歩くとき、そして地下鉄を利用するときなどには、スリに遭う可能性が高いと言えます。

海外旅行でスリ被害などのトラブルを回避する方法は、なんと言っても財布をしまう場所と、バッグの種類に気を付けることでしょう。

体の前に抱えることができるショルダーバッグでも、ストラップが細いものの場合、ナイフでストラップを切られてひったくられるケースがあります。

したがって、地下鉄や劇場など、混雑する場所を訪れるときには自分のバッグに細心の注意を払い、財布の中に最低限のお金しか入れないようにするか、お金を分散して持ち歩くことをおすすめします。

 

スマホの窃盗に注意しよう!

海外でも大活躍してくれる便利なスマホは、旅のお供になくてはならないガジェットなのではないでしょうか。

しかしイギリスではスマホを狙った窃盗が多く、歩きスマホをしている最中にスマホをひったくられたり、レストランやカフェの休憩中にテーブルに置いたスマホを盗られたりすることがあります。

イギリスへ海外旅行をするとき、スマホ窃盗の被害のトラブルを回避するためには、往来が激しい戸外で通話したり、歩きながらスマホで調べものをしたりしないようにしましょう。

また、安全だと思えるレストランなどの屋内に入ったとしても、油断してスマホを手元から離したりすることがないように注意が必要です。

さらに、事前にパスワード設定をしておくほか、できれば人前でむやみに使用しないことが重要でしょう。

 

sponsored links

そのほかイギリスで遭遇するかもしれないトラブル

誰でも嫌な思いはしたくないものですが、異国の地を旅すると、日本国内では思いもよらないトラブルに遭遇するものです。事前に心構えをしておくなら、もしかすると少しはショックが少なくてすむかもしれません。

 

入国拒否されることも!

るんるん気分でイギリス旅行に出発したのに、目的地を目前に入国拒否されてしまう可能性もあります。イギリスは入国審査が厳しい国なんです。

日本のパスポートは世界的にも信用度が高く、たいていの場合、どこの国でも入国審査にひっかかることはありません。

しかし高いチケット代を支払って、長時間のフライトにも耐えてようやく到着したにもかかわらず入国拒否のトラブルに遭い、日本に強制送還された方も実際にいらっしゃいます。

海外旅行で入国拒否のトラブルに遭うのは、かなりショックな出来事に違いありません。それを回避するには、どうすれば良いのでしょうか?

観光目的でイギリスを訪れている方の場合は、帰りのエアチケットをスーツケースなどの受託手荷物の中に仕舞い込んでしまわずに、入国審査ですぐに提示できるようにしておきましょう

また、観光目的であればビザなしで6ヶ月もの間滞在できるイギリスですが、機内で記入する入国カードの滞在期間の欄に「6ヶ月」と正直に書くと、不法に就労することや滞在することを疑われ、入国拒否される可能性が高くなります。

したがって、ビザなしで半年間イギリス滞在を満喫しようと思っている方でも、資金証明や滞在先の確保、往復チケットがない方の場合には、控えめに申告しておくことをおすすめします。

そのほかにも、現地での滞在先と、その連絡先を入国審査時に伝えられるように準備しておくことも大切です。

さらに、前回の滞在からあまり期間をあけずに再度イギリスを訪れる場合、不法滞在や不法就労を疑われ入国拒否される可能性もあります。やはり資金証明や滞在先の確保、帰りの航空券をしっかり提示し、トラブルを回避しましょう。

 

人種差別に遭う可能性も

人種

イギリス旅行をすると、ショップの店員が世間話をしてきたり、「それどこで買ったの?いいね!」と持ち物を褒められたりと、思いのほかいろいろな人々が話し掛けてきてくれることがあるでしょう。

フレンドリーな方が大勢いるイギリスですが、中には人種差別的な言動をする心ない人もいます。

筆者がイギリスに滞在していたときには、ひどい人種差別に遭ったことはありませんが、些細なことながらどうしても忘れられない出来事があります。

ある店で買い物をし、現金で支払いをしようとしたところ、差し出した現金をレジの店員が仔細に調べ始めました。もちろん、偽札を使用されたりでもしたら大損害を被るのはお店側です。そのため、外国人である筆者が差し出した現金を調べるのも仕方のないことでしょう。

しかしあまりにも長い時間チェックされると、まるで外国人だから偽札を使っているのではないかと疑われているようで、気分の良いものではありませんでした。

この出来事は些細なことですが、ツーリストが現地の人に心ない差別的な言葉を投げかけられたり、不当な対応をされたりすることはしばしばあるのです。

個人の思想に根ざすことなので、人種差別を回避する良い方法は提示しづらいものです。しかしイギリスに限らず、海外ではそういうこともある、ということを理解しておけば、よい心積もりになるのではないでしょうか。

 

まとめ

文学好きにも歴史好きにも、そして映画好きにもプレミアリーグ好きにも、とても魅力的な国・イギリス。

海外旅行でイギリスを訪れるのであれば、トラブルを回避して、思う存分現地での滞在を楽しみたいですね。

もしもイギリス旅行を計画される機会があるなら、少しでも上記のトラブル例とその回避方法がお役に立てば幸いです。

 

合わせて読みたい旅行に関する記事

海外旅行でシンガポールに行くなら絶対に注意したい3つのこと

愛犬との海外トリップ!海外旅行のトラブルを回避する方法は?

海外旅行でトラブルを回避するための7つのポイントは?

ライター紹介 ライター一覧

ゆうき

ゆうき

通訳と翻訳を生業としています。
アジアにある某大学を卒業後、南国を行ったり来たりの生活をしています。
趣味はアイランドホッピングとシュノーケリングです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 犬の暑さ対策は夜でも必要!4つの対策と気をつけたいポイント

  • 外飼いの犬の暑さ対策!本当に効果的な8つの方法と注意点

  • 犬のしつけには英語がおすすめ!今日から使える英語フレーズ一覧

  • 梅雨時の犬の臭いが気になる方へ!犬の体臭対策と臭いの原因とは?