1. TOP
  2. 安心・安全
  3. 【妊娠中のカフェイン】摂取量の目安とその影響は?コーヒーは1日1杯?

【妊娠中のカフェイン】摂取量の目安とその影響は?コーヒーは1日1杯?

妊娠おめでとうございます。

赤ちゃんへの影響を心配し、こうしてカフェインのことまで調べていらっしゃるあなたは、とてもいい親になられることでしょう。

さて、疲れたときにちょっと一息のコーヒーや紅茶は美味しいですよね。

ただ、コーヒーや紅茶には「カフェイン」が入っています。

「カフェインは妊娠中はとりすぎないほうがいいと聞くけど、どれくらいなら飲んでも大丈夫なんだろう?」という疑問があるでしょう。

もしかしたら飲んだ後にこの話を聞いて、

「カフェイン摂りすぎちゃったけど、大丈夫かな…」

と心配になっていらっしゃるところでしょうか。

ということで今回は、妊娠中のカフェインについてお話ししていきます!

妊娠中にカフェインを気にするなら、1日1杯まで

コーヒーや紅茶、妊娠中に飲んでも大丈夫です。

ただ、1日に何杯も飲むのはやめておいたほうがいいでしょう。

目安は1日に1杯程度です!(かなり大きなマグカップではNGですよ!)

 

では、なぜ1日に何杯も飲むのはやめておいたほうがいいのでしょうか?

摂取量200mg以上は危険?

危険

欧米諸国では、妊婦の1日カフェイン摂取量の上限を「200mg」としている場合もあります。

1日にカフェインを200mg以上とった妊婦さんと、とらなかった妊婦さんでは、200mg以上とった妊婦さんの方がそうでない妊婦さんより流産の発生が2倍も多かった、というアメリカの保険会社の報告もあります。

1日に200ミリグラム以上のカフェインを摂取する女性は、全くカフェインを取らない女性に比べ、流産の確率が2倍になることが分かった。AFPBB News

カフェインのとりすぎはとても危険ということなんです。

 

「じゃあ、飲み物1杯に含まれるカフェインはどれくらい?」となりますよね。

どのくらいでしょうか?

飲み物1杯に含まれるカフェイン含有量は?

疑問を持つ女性

文部科学省の、日本食品標準成分表2015年版(七訂)のデータをもとに計算したものをまとめますね。

  • レギュラーコーヒー(150ml)→約90mg
  • インスタントコーヒー(150ml)→約90mg
  • 玉露(150ml)→約240mg
  • 煎茶(150ml)→約30mg
  • ほうじ茶(150ml)→約30mg
  • 玄米茶(150ml)→約15mg
  • 紅茶(150ml)→約45mg
  • ウーロン茶(150ml)→約30mg
  • ピュアココア(150ml)→約9mg

コーヒー・紅茶等の1杯はだいたい150ml~200mlなので、上記の数字+α程度と考えて下さい。

すると、1日に飲む量は1杯ちょっとが安心ラインということになりますよね。

 

ちなみに、健康にいいとされる緑茶にもカフェインは含まれています。

玉露のカフェイン含有量はかなりのものですよね。

緑茶好きさんもこれは注意です。

玉露よりも煎茶のほうが妊娠中は安心ですね。

さて目安がわかったところで、カフェイン、実際にはどういう影響があるのでしょうか?

妊娠中にカフェインがもたらす影響

白衣の女性

カフェインってどんなもの?

カフェインには様々な効果があります。

代表的なものとして、中枢神経に作用し、眠気を抑えるなどの覚醒効果が挙げられます。

眠気覚ましに飲むことも多いですよね。

 

次に、心臓の収縮力に作用する効果。

一時的に血圧が上がったり、心拍数が上がったりすることもあります。

これはカフェインを含むものを飲み過ぎた場合に起こりやすいようです。

 

そして利尿作用です。

妊娠してトイレが近くなっているでしょうから、夜の飲みすぎは危険ですね!

頻尿でお悩みの妊婦さんは、つぎの記事もぜひ参考になさってください。

トイレが近い!妊娠中の頻尿・尿もれの4つの原因と3つの対策!

 

コーヒーなどに含まれるタンニンは、鉄分の吸収のさまたげにもなる

カフェイン以外にも、妊娠中には注意しないといけない成分があります。

それは、コーヒーや緑茶に含まれる「タンニン」です。

 

妊婦さんは鉄分が不足しやすく、貧血に注意しなければなりません。

タンニンは鉄分吸収の妨げになるというのです。

タンニンは鉄と結合し、「タンニン鉄」というものになります。

これは水に溶けにくい性質なので、腸からの吸収がされづらくなるのです。

ただ、食後1時間をすぎてから飲むのであればそれほど影響はないようなので、コーヒー・紅茶・緑茶などは食事中に飲むのを避ければOKですね。

 

赤ちゃんにはどんな影響があるの?

妊婦

妊婦さんがカフェインをとると、胎盤を通じて赤ちゃんの血液にもカフェインが移行します。

大人ならまだしも、赤ちゃんにはカフェインを排出する力がまだないので、血液に溜まりやすいそうです。

妊娠後期は妊婦さん自身もカフェインを排出する力が減少するので、さらに濃度の濃いカフェインが赤ちゃんを襲うことになるでしょう。

これは低体重や発育不良、最悪の場合は死産につながるという意見があるんです。(実際のところは、まだ医学的な証明はされていません)

 

ここまで読んだら、もう飲んでしまった方は不安ですよね。

私も妊娠中にコーヒーを飲みすぎた経験がありますので、少し安心してもらうために、つぎはその話をさせてください。

私とコーヒーとカフェイン

私は妊娠中期に入るくらいにカフェインの影響を調べて知ったのですが、それまであまり気にせずコーヒーを飲んでいて、多いときは1日5杯飲んでしまっていました。

今回紹介した基準で言えば、カフェイン摂りすぎでした。

 

心配になったので、カフェインの影響を知った直後の検診で、病院の先生に

「今までカフェイン摂りすぎてたと思うんですけど、赤ちゃん大丈夫ですかね?」

と聞いてみました。

 

そしたら「どれくらい飲んでたか」ということを聞かれ、

「うーん、まあちょっと多いですけど、赤ちゃんは順調に育ってますし、母子ともに異常も見当たりませんから、大丈夫でしょう。気にしすぎてストレス感じるのが一番いけませんよ。もう飲んじゃったものは仕方ないので、これから控えめにするくらいでいいでしょう」

というお返事をもらいました。

 

その後はカフェイン入りの飲料を控え、赤ちゃんは無事に産まれ、元気に育っています。

もう飲んでしまって心配でしたら、病院の先生に相談するのが一番安心できるとは思いますが、ここまでが私の経験談です。

ここまで読んで「やっぱりカフェイン入りの飲み物は美味しく飲めそうにない」と思った方もいるかもしれません。

たしかに、「少量でも影響がありそう」という感じがしますね。

そこでつぎのページでは、かわりになりそうな飲み物を紹介します。

興味がありましたら“続きを読む”をタップしてご覧ください。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【離乳食初期】組み合わせて応用も楽々!簡単に作れる基本メニュー9選!

  • 【離乳食】手軽に使える!初期のしらすのメニュー5選

  • 【離乳食】初期のキャベツのメニュー5選。レンジを使ったものもアリ。

  • 【離乳食】初期の魚のメニュー5選。パサパサするときは出汁でのばす。