1. TOP
  2. 【妊娠中のカフェイン】妊婦さん必読!摂取量とその影響は?

【妊娠中のカフェイン】妊婦さん必読!摂取量とその影響は?

 疲れたときにちょっと一息のコーヒーや紅茶は美味しいですよね。

 ただ、コーヒーや紅茶には「カフェイン」が入っています。

「カフェインは妊娠中はとりすぎないほうがいいと聞くけど、どれくらいなら飲んでも大丈夫なんだろう?」

という疑問があるでしょう。

 ということで、今回は「妊娠中のカフェイン」についてお話ししていこうと思います!

sponsored links

カフェインをとるのはOK!だけど…

「カフェインは、摂りすぎなければOK」

というのが一般的な答えになります。

 少し具体的な話をするために、以下では数字を出していきますね。

 

1日1杯なら

 コーヒーや紅茶、妊娠中に飲んでも大丈夫そうです。

 ただ、1日に何杯も飲むのはやめておいたほうがいいでしょう。

 目安は1日に1杯程度です!(かなり大きなマグカップではNGですよ!)

 では、なぜ1日に何杯も飲むのはやめておいたほうがいいのでしょうか?

 次の項で、理由をお話ししますね。

 

摂取量200mg以上は危険?

 欧米諸国では、妊婦の1日カフェイン摂取量の上限を「200mg」としている場合もあります。

 1日にカフェインを200mg以上とった妊婦さんと、とらなかった妊婦さんでは、200mg以上とった妊婦さんの方がそうでない妊婦さんより流産の発生が2倍も多かった、というアメリカの保険会社の報告もあります。

1日に200ミリグラム以上のカフェインを摂取する女性は、全くカフェインを取らない女性に比べ、流産の確率が2倍になることが分かった。

出典:AFPBB News

 カフェインのとりすぎはとても危険ということなんです。

 

飲み物1杯に含まれるカフェイン含有量は?

「じゃあ、飲み物1杯に含まれるカフェインはどれくらい?」

となりますよね。

 ここで、文部科学省の、日本食品標準成分表2015年版(七訂)のデータをもとに計算したものをまとめますね。

  • レギュラーコーヒー(150ml)→約90mg
  • インスタントコーヒー(150ml)→約90mg
  • 玉露(150ml)→約240mg
  • 煎茶(150ml)→約30mg
  • ほうじ茶(150ml)→約30mg
  • 玄米茶(150ml)→約15mg
  • 紅茶(150ml)→約45mg
  • ウーロン茶(150ml)→約30mg
  • ピュアココア(150ml)→約9mg

 コーヒー・紅茶等の1杯はだいたい150ml~200mlなので、上記の数字+α程度と考えて下さい。

 すると、1日に飲む量は1杯ちょっとが安心ラインということになりますよね。

 ちなみに、健康にいいとされる緑茶にもカフェインは含まれています。

 玉露のカフェイン含有量はかなりのものですよね。

 緑茶好きさんもこれは注意です。

 玉露よりも煎茶のほうが妊娠中は安心ですね。

 

妊娠中にカフェインがもたらす影響

白衣の女性

カフェインってどんなもの?

 カフェインには様々な効果があります。

 代表的なものとして、中枢神経に作用し、眠気を抑えるなどの覚醒効果が挙げられます。

 眠気覚ましに飲むことも多いですよね。

 

 次に、心臓の収縮力に作用する効果。

 一時的に血圧が上がったり、心拍数が上がったりすることもあります。

 これはカフェインを含むものを飲み過ぎた場合に起こりやすいようです。

 

 そして利尿作用です。

 妊娠してトイレが近くなっているでしょうから、夜の飲みすぎは危険ですね!

 頻尿でお悩みの妊婦さんは、つぎの記事もぜひ参考になさってください。

トイレが近い!妊娠中の頻尿・尿もれの4つの原因と3つの対策!

 

赤ちゃんにはどんな影響があるの?

 妊婦さんがカフェインをとると、胎盤を通じて赤ちゃんの血液にもカフェインが移行します。

 大人ならまだしも、赤ちゃんにはカフェインを排出する力がまだないので、血液に溜まりやすいそうです。

 妊娠後期は妊婦さん自身もカフェインを排出する力が減少するので、さらに濃度の濃いカフェインが赤ちゃんを襲うことになるでしょう。

 これは低体重や発育不良、最悪の場合は死産につながるという意見があるんです。(実際のところは、まだ医学的な証明はされていません)

 

コーヒーなどに含まれるタンニンは、鉄分の吸収のさまたげにもなる

 カフェイン以外にも、妊娠中には注意しないといけない成分があります。

 それは、コーヒーや緑茶に含まれる「タンニン」です。

 妊婦さんは鉄分が不足しやすく、貧血に注意しなければなりません。

 タンニンは鉄分吸収の妨げになるというのです。

 タンニンは鉄と結合し、「タンニン鉄」というものになります。

 これは水に溶けにくい性質なので、腸からの吸収がされづらくなるのです。

 ただ、食後1時間をすぎてから飲むのであればそれほど影響はないようなので、コーヒー・紅茶・緑茶などは食事中に飲むのを避けた方がよさそうですね。

 

いろんな飲み物紹介

ティーポットとティーカップ

 ここまで読んだら、

「なんかカフェイン入りの飲み物が美味しく飲めそうもない」

と思った方もいるかもしれません。

 たしかに、

「少量でも影響がありそう」

という感じがしますね。

 そこでここからは、かわりになりそうな飲み物を紹介します。

 

 飲まないことでストレスをためてしまったら、それはそれであまり良くないことでしょう?

 

ノンカフェインの紅茶を自分の好みにアレンジ

 紅茶にはミルクはもちろんレモンも合うので、アレンジの幅がコーヒーよりも広いです。

 この機会に自分好みのブレンドを探してみるのも楽しいかもしれませんよ。

 

くず湯

 くず湯には、体を温めてくれる効果や整腸作用があるので、便秘の解消も期待できます。

 

黒酢とはちみつを混ぜてお湯でとかす

 黒酢だけでは飲みにくいので、はちみつを混ぜましょう。

 黒酢には、

  • 血圧安定作用
  • 抗酸化作用
  • 疲労回復
  • 大腸ガン予防
  • ダイエット効果
  • 美肌効果

などの効果があると言われています。

 

 また、はちみつはアミノ酸と数多くのミネラルを含んでおり、

  • 美肌効果
  • 殺菌消毒作用
  • 肝臓を強化する
  • 高血圧の予防

などの効果があると言われています。

 これはオススメです。

 

ノンカフェインのコーヒー

 妊娠中だけ「ノンカフェインコーヒー」に切り替えるのもいいですね。

 コーヒー好きの妊婦さんのために、多くのメーカーから「ノンカフェインコーヒー」が発売されています。

 ちょっと物足りないかもしれませんが、安心はできるでしょう。

 

タンポポコーヒー

 コーヒーの風味に似た「タンポポコーヒー」というものもあります。

 これはノンカフェインです。

 便秘の解消にも効果ありなので、便秘に悩む妊婦さんにもおすすめですよ。

 ただ、風味は「少し似ている」だけなので、期待しすぎるとガッカリするかもしれません。

 

そば茶

そば茶

 そば茶もノンカフェインです。

 さらに

  • 高血圧の予防・改善
  • 動脈硬化の予防
  • 糖尿病の予防

などの効果があると言われています。

 

 画像は、運営責任者ローシュがオススメしているそば茶です。

「トライアルで200gで500円くらいです。焙煎が程よく、しっかりとそばの香りを楽しめます。」by ローシュ

 

ハーブティー

 ノンカフェインなだけでなくリラックス効果もありますので、個人的にはオススメです。

 ただ、妊娠中にはよろしくない種類がいくつかありますので、安心して飲みたいならハーブやアロマの専門家か助産師さんかに相談しつつ、好みの種類を探すことになると思います。

sponsored links

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 今回は「妊娠中のカフェイン」についてお話ししてきました。

 カフェインのとりすぎ(200mg以上)はあきらかに危険であることがわかりましたね。

 

 ちなみに私はオススメしましたハーブティーを飲んでいました。

「カフェインはまったく影響がない」

とは言い切れませんので、正直こわいです。

 

 我慢してストレスをためることも良くないでしょうから、カフェイン入りの飲み物を愛飲なさっていたかたはツラいところでしょう。

 ほどほどに飲みましょう。

 

妊娠中に気になるいろいろ

【妊娠線画像・妊娠線写真】これはできれば防ぎたい!妊娠中~産後

【子育て費用】えっ!!そんなにかかるの!?【0歳~大学卒業】

妊娠〇〇週目の記事、まとめました!【8~18週目まで】

【子供のお祝い一覧】誕生から成人までの9のお祝い事

育児休暇の夫婦同時取得は可能!これは絶対に知っておきたい!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 旦那と別れたい!離婚の前に押さえておきたいポイントとは?

  • 上手に乗り切ろう!辛いつわりのピークはいつ?平均週数は?

  • 【妊娠中のカフェイン】妊婦さん必読!摂取量とその影響は?

  • 【妊娠初期の眠気】どうにも止まらない眠気の理由と対策4選