1. TOP
  2. 【妊娠中の温泉】OK?NG?妊娠しても温泉を楽しみたい!

【妊娠中の温泉】OK?NG?妊娠しても温泉を楽しみたい!

 妊娠中、夫婦で旅行に行きたいと思う方もいるでしょう。

 実はそんな妊婦さんにおすすめなのが、温泉旅行なんです。

 だけど、

「妊娠中は温泉に入ってはいけない」

という話を聞いたことがある気もしますよね。

 本当に妊娠中に温泉に入るのはNGなのでしょうか。

 今回はそんなお悩みを解決するお話をしていこうと思います。

スポンサーリンク

妊娠しても温泉はOK!

 温泉に行くと、

「妊婦(特に初期・後期)は入浴してはいけない」

と記されていることがあります。

 こう書かれると、

「もしかして流産の危険があるの?」

なんてビックリしますよね。

 でも、これには医学的な証明がないというのが最近の見解なんです。

 ということで、妊婦さんでも温泉は楽しめます!

 

温泉の効用

 温泉には妊婦さんに嬉しい効用がいくつかあります。

 

温泉に入ってリラックス!

 妊娠中の身体は変化していきます。

 それに伴って、いつもできたことができなくなったり(温泉に入ることもそうでした)、平気で飲んでいたお酒も飲めなくなったりで、ストレスがたまりますよね。

 そんなときこそ、温泉に入ってストレス解消!

 温泉はマタニティブルーの改善にも役立ちます。

 気分が落ち込んでいる方も温泉に入ってリラックスしてみませんか?

 

冷え性の改善

 冷え性は女性に多いですが、妊娠中は特に冷え性になりやすいんだとか。

 冷え性が続くと産まれるときに難産になったしていいことはありません。

 温泉は血行をよくしてくれるので、冷え性の解消にはもってこいなんです。

 安産祈願のために温泉につかるのもいいかもしれませんね。

 

妊娠中の温泉で気をつけたいこと

 妊娠中に温泉に入っていいことはわかりました。

 ですが、妊娠中は身体が普通の状態とは異なります。

 いろいろと気をつけたほうがいいことがあるので紹介します。

 

妊婦さんのお肌は敏感!「単純温泉」がおすすめ

温泉

 普通の状態よりも、妊娠中は肌が敏感になっています。

 ちょっとのことで湿疹ができてしまう場合もあります。

 ですので、お肌への刺激が少ない「単純温泉」がおすすめです。

 温泉地によってお湯の質が違います。

 旅行の計画を立てるときに、温泉の質を調べるといいですね。

 ここでは全国でも有名な単純温泉をご紹介しておきます。

 

有名な単純温泉

  • 飯坂温泉(福島県)
  • 鬼怒川温泉(栃木県)
  • 下田温泉(静岡県)
  • 石和温泉(山梨県)
  • 鹿教湯温泉(長野県)
  • 下呂温泉(岐阜県)
  • 宇奈月温泉(富山県)
  • 道後温泉(愛媛県)
  • 由布院温泉(大分県)

 

長時間の入浴は厳禁!

 せっかくの温泉ということでゆっくり長風呂したいところですが、これは絶対やめましょう。

 というのも、妊婦さんはのぼせやすいんです。

 立ちくらみや失神をしたら一大事です!

 長時間入っていたいところでしょうけど我慢して、短い時間で切り上げましょう。

 

転倒に注意!

 なぜだか、温泉は滑りやすいんですよね。

 お腹が大きくなると、バランスを崩しやすくなるので、さらに転倒のリスクが高くなります。

 転倒して、妊婦さんはもちろん、赤ちゃんに何かあったら大変です。

 これは絶対に避けたいですね!

 慎重に、足元に気をつけましょう!

 

スポンサーリンク

妊娠中の温泉はNGとされていた

妊娠は「禁忌症」とされていた

 長い間、

「妊娠中の温泉は避けるべき」

と言われていた背景には、1982年に出された「温泉施設に関する注意書きと効能」の内容がありました。

 これは環境省が定めたもので、ここに「妊娠中は温泉入浴は避ける(禁忌症だから)」とあったのです。

 避けるべき禁忌症は、「心臓疾患」や「呼吸不全」など、確かに重い症状のものばかり。

 その中に、「妊娠中」があったのです。

 まるで妊娠が重病のような扱いですね。

 

なぜ、妊娠は禁忌症とされていた?

 なぜ医学的な証明がなく、このようなことが定められたのでしょうか。

 その理由として挙げることができるのは、「トラブルの回避」です。

 上記で示したように、妊婦さんはのぼせやすく、バランスを崩して転倒しやすいですよね。

 また、臨月に入ると破水の危険もあります。

 

 何か起きた場合の責任は、温泉施設が持つことになりかねないのです。

 医学的な根拠はなくても、トラブルは避けようと考えてのことだったのでしょう。

 これが2014年に

「医学的に証明されない」

として見直され、妊娠中でも堂々と温泉に入ることが可能になりました。

 

安全に・安心して温泉を楽しむために

温泉

「妊婦さん解禁!」

になると、温泉でのトラブルが起きてしまう可能性が出てきます。

 トラブルを避けて安全に楽しむには、やはり妊婦さんの行動にかかってくるということです。

 上記で挙げたように、長湯をしない・転倒に気をつけるということが大切ですね。

 

 また、年配の方たちの中には、まだ

「妊娠中に温泉なんて!」

と息巻く人もいるかもしれません。

 そんな視線は面倒だと思ったら、家族風呂があるところや、お部屋にプライベートの温泉がある宿泊先を検討してみるのはいかがでしょうか?

 気兼ねなく楽しむことができますよ。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 今回は、

「妊娠しても温泉は楽しめる?」

という質問についての回答をお話ししてきました。

 妊婦さんでも温泉に入ってリフレッシュできるということがわかりましたね。

 

 ちなみに、私の妊娠が発覚したとき、ちょうど温泉旅行を計画したのですが、宿泊だけして温泉には入れませんでした。

「妊婦さんはダメ!」

と家族に反対されたんです。

 この話がそのときにわかっていればよかった……と、今更後悔しています。

 現在妊娠している女性の方は、安心して温泉を楽しんで下さいね!

 

その他、妊娠中に気になること

妊娠中に心配なおなかの張り。「危険な張り」ってどんなもの?

妊婦さん必見!妊娠中に好ましい食事、避けたい食事!

【むくみ解消法】臨月でもOK!赤ちゃんにも影響の少ないもの5つ

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ぬいぐるみや人形の捨て方】6パターン!呪い気にせずスッキリお別れ!

  • 【離乳食初期】組み合わせて応用も楽々!簡単に作れる基本メニュー9選!

  • お米を米びつ保存していたら虫が発生!対処方法と正しい保存方法とは?

  • お米の保存は冷蔵庫がベスト!冷蔵保存をおすすめする理由とは?