1. TOP
  2. 安心・安全
  3. アブローラーはやり方を間違えると危険!腹筋じゃなくてアゴが割れる!

アブローラーはやり方を間違えると危険!腹筋じゃなくてアゴが割れる!

安心・安全
 

腹筋ローラー、アブローラー

呼び方は自由ですが、使い方は自由ではありません。

間違った使い方、間違った力の入れ方をすると、アゴが割れて手術することになります。

実際、先日、私の妻がアブローラーを使っていて、アゴを4針縫うケガをしました。

今後、妻のような犠牲者を増やさないために、この記事を書くことにしました。

ただ、決して、「アブローラーでは腹筋は割れない」ということが言いたいのではありません。

私はアブローラーのおかげで、ほらこの通り

腹筋

ほんのり腹筋割れています。

アブローラーの正しい使い方を知り、安全に腹筋を割りましょう。

アブローラーの間違った使い方・危険な使い方

腕の力で戻すな

まずはスタートポジションに構え、

アブローラーの使い方

伸ばします。

アブローラーの使い方

ここまでは普通です。

ここから戻すときに、

アブローラーの使い方

これ↑より腕をひきつけると、

アブローラーの使い方

ひきつけると…

アブローラーの使い方

顔と床が一瞬で、コンニチハします。

腕がここを

アブローラーの使い方

ここを過ぎてしまったら、絶対に止められません。

どうしてこうなってしまうか?

それは、体を伸ばしたあと、ここから、

アブローラーの使い方

ここから、腕の力を使って戻ろうとするからです。

使うのは腹筋、鍛えるのは腹筋です。

それと、いくら腹筋を使っていても、戻しすぎたら同じ事故が起きます。

戻しすぎると腹筋への負荷が抜けてしまいますので、トレーニングを効果的にするためにも、戻しすぎには注意しましょう。

その他、危険な使い方

絶対に真似してはいけません。

アブローラーと言えばこの人、サイヤマングレートさん。

動画を2つ紹介します。

どう見ても危ないですね。

でも真似しようにも筋力的にできなそうです(笑)

腹筋ローラーの正しい使い方

これもサイヤマングレートさんの動画を見てもらったほうが早いので紹介します。

まとめ

体を伸ばした状態から、腕の力で戻るのでなく、腹筋の力で戻りましょう。

腹筋の力が主体であっても、戻しすぎると危険ですし、腹筋への負荷が抜けて、トレーニング効率が悪くなります。

腹筋への負荷が抜けない程度に戻し、安全に、効率よく腹筋を鍛えましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・二児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アブローラーはやり方を間違えると危険!腹筋じゃなくてアゴが割れる!

  • 子供用ボールハウス・折り畳みテント・ボールプールの畳み方

  • “古瀬あい”の記憶を無課金で3日以上もたせる方法はないのか?

  • 筋トレ後のアルコールはトレーニング効果を3割落とすらしいけど、だからどうした。