1. TOP
  2. 道路にあるダイヤマークの意味は「この先に、信号のない横断歩道あり」

道路にあるダイヤマークの意味は「この先に、信号のない横断歩道あり」

安心・安全
 

道路を移動中、地面に書いてある白いダイヤマークひし形)を見て、

「これって何の意味だったっけ?」

と思うことがありますよね。

免許を持っている人なら学科試験のために勉強したはずですが、まあ忘れますよね。

ということで今回は、道路にあるダイヤマークの意味のお話です。

スポンサーリンク

道路にあるダイヤマークの意味

ダイヤマークの先に横断歩道

「この先に、信号のない横断歩道あり」です。

信号があれば、信号を気にしていれば、こちらが直進していて、ルールを守っている横断歩行者をはねてしまうことはありません。

もしあなたが信号を守っていて、前方もしっかり見ていたのに横断者をはねたとすれば、それは横断者が飛び出してきたときで、横断者の責任が大きくなります。

 

しかし信号がなければダイヤマークがあり、しっかり前方を見ていたとしても、横断者をはねたら注意義務違反です。

ダイヤマークがあったのですから、横断しようとしている者に対して、十分な注意を払わなければなりません。

 

ということで、ダイヤマークは、運転者に横断歩道の存在を知らせ、運転者と横断者の交通の安全を図るためにあるのです。

さて、ダイヤマークの意味がわかったところで、ついでにダイヤマークと横断歩道の距離も覚えておくと、より安全に予測ができるようになりますよ。

 

ダイヤマークと横断歩道の距離

ダイヤマークは、ふたつ続けて描かれています。

ひとつ目は、横断歩道から約50mのところです。

ふたつ目は、横断歩道から約30mのところです。

ひとつ目のダイヤマークに気づいて減速の準備を始めれば、横断歩道の前では安全に停止できるでしょう。

ふたつ目のダイヤマークでは、横断歩行者がいる場合は減速を始めていないと危険な地点です。

ひとつ目で心の準備をし、横断者を予測しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

道路に描かれているダイヤマーク(ひし形)の意味は、

「この先に、信号のない横断歩道あり」です。

ひとつ目が横断歩道の約50m手前に、ふたつ目が横断歩道の約30m手前にあることを知ったあなたは、今後は横断者の予測が容易になり、より安全に運転できるようになりました。

セーフティードライバー、おめでとうございます。

 

道路にある、気になるもの

道路の真ん中やゼブラゾーンにあるキャッツアイとは、何のためにあるのか。正式名称は?

歩道橋の高さは、建築限界で決まる。4.5m以上。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

ダイヤマークの先に横断歩道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・二児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 迷惑な道路遊びを解決するために。通報すべきかどうすべきか。

  • 自転車を通販で買うときの防犯登録方法

  • 道路遊びが迷惑がられる本当の理由と、迷惑がられないためにできること

  • 自転車通勤・通学の所要時間表【2Km~9Km】