1. TOP
  2. 犬がくしゃみして震えるのは風邪のせい?ほかの病気の可能性も?

犬がくしゃみして震えるのは風邪のせい?ほかの病気の可能性も?

ペット
 

人間と同じく、くしゃみをします。

ほこりや塵が鼻腔をくすぐって出るくしゃみもあれば、ほかの原因でくしゃみが出ることも。

もし、犬がくしゃみをして震えているなら、病気の可能性が高いでしょう。

でも大丈夫です。早期発見すれば、早く治療することができます。

今回は、犬のくしゃみの原因となる病気についてご紹介します。

sponsored links

犬がくしゃみをして震えていたら風邪?

数回程度のくしゃみなら、特に気にすることはないでしょう。

しかし、犬がくしゃみをしながら震えている場合には、注意する必要があります。

 

鼻に注目すれば病気かどうかわかる

犬 医者

風邪などの病気にかかっているかどうかを知るためには、犬の鼻に注目してみましょう。

健康状態が良い犬の場合、鼻は完全に乾いているのではなく、ほどよく湿り気を帯びています。

一方、体調が悪いと乾燥する傾向にある犬の鼻ですが、風邪をひいている場合には鼻水で鼻が湿ります。

犬がくしゃみをして震えており鼻水が出ている、食欲はありませんか?

さらに下痢をしていて明らかに元気のない様子であれば、風邪をひいている可能性が高いでしょう。

ちなみに、人間と犬ではそれぞれに感染するウィルスが異なるため、お互いに風邪をうつし合う心配はありません。

しかし、くしゃみや震えに加えて、咳や高熱などの症状がある場合は要注意です。

風邪よりも重い病気にかかっている恐れもあります。

少しでも「いつもと様子が違うな」と感じたら、病院に連れて行ってあげましょう。

 

犬のくしゃみから考えられる病気

風邪以外にも、犬のくしゃみの原因となる病気があります。

 

フィラリア症とケンネルコフ

蚊から感染するフィラリア症にかかると、犬がくしゃみや咳などをするようになります。

フィラリア症は蚊に刺されることで感染する寄生虫疾患です。
フィラリア虫体は犬の心臓や肺動脈に寄生します。咳が出る、息切れ、疲れやすいなどの症状がみられたら早めにご相談ください。重度の寄生の場合フィラリアが心臓の弁にからまり死亡する場合があります。

                                  出典:エルザ動物病院

これらの症状が長く続いたり、元気がなく、血尿が出たりするのでれば、フィラリア症にかかっている可能性が高いでしょう。

放っておくと命にかかわる病気なので、医師に診てもらう必要があります。

 

そして、ケンネルコフ(伝染性気管支炎)とは、免疫力の弱い子犬がかかりやすい病気です。

ケンネルとは《犬小屋》、コフとは≪咳≫という意味で
犬小屋など犬が集団でいるところで広がる咳のことをさし、伝染性気管気管支炎ともいいます。

咳(乾いた感じ)、鼻汁(鼻水)、発熱などの症状があり、
集団飼育している環境では蔓延が速い。

                             出典:ぽてと動物病院ブログ

 

くしゃみや咳に加えて発熱や嘔吐がみられるなど、風邪の症状とよく似ている特徴があります。

ケンネルコフは細菌感染による病気で、ひどくなると肺炎を発症します。

ほかの犬にうつる危険が高いため、できるだけ早く治療することが求められます。

 

犬ジステンパーウィルス感染症

食欲不振や発熱、くしゃみや呼吸困難などの症状がみられる犬ジステンパーウィルス感染症。

ジステンパーウィルスが感染しておこる病気で、いまのところ有効な治療方法が見つかっていません

ジステンパーは犬科、イタチ科、アライグマ科の病気で3~6日間(平均4日間)の潜伏期を経て鼻炎、発熱、重い呼吸器症状、下痢、嘔吐を発現し、一部では脳炎、発作などの神経症状を起こします。この神経症状を起こしたものは致死率が非常に高くなり、たとえ治ってもチックなどの後遺症がでます。また、肉球が硬くなることもあります。

                                 出典:オークどうぶつ病院

血液検査によって病気にかかっているかどうかを判断します。

ジステンパーにかかってしまったら、免疫力を回復させるためにもなるべく安静に過ごさせるように努めましょう。

 

ところで、犬を室内で飼われている方は多いでしょう。

いつもそばにいる室内飼いのほうが、犬の健康状態を把握しやすいかもしれません。気も配りやすいでしょう。

でも、ちょっと立ち止まってみてください。

あなたの室内での犬の飼い方は、果たして犬に快適な環境でしょうか?

今一度、振り返ってみるのはいかがですか?

犬の飼い方ではココに注意!室外で飼うときのポイントは?

 

犬のくしゃみの原因はアレルギーかも?

犬 花粉症

犬にも、アレルギー反応を起こす物質があります。

犬がくしゃみをして震えているのは、もしかするとアレルギーが原因なのかもしれません。

ワンちゃん、ネコちゃんもアレルギーが起こることがあります。ペットにアレルギー反応を引き起こす物質はアレルゲンと呼ばれ、花粉・かび・動物の毛・ハウスダスト・ノミ・食べ物など、数多くのものがあります。

                               出典:ラパス動物病院グループ

  ここでは、主なアレルギー原因について触れていきます。

 

ハウスダスト

犬でも、ハウスダストが原因でくしゃみをすることがあります。

くしゃみを連続してしたり、皮膚に異常がみられたりすることがあります。

しかし、薬と注射による治療を行って、辛い症状を和らげてあげることができますよ。

ハウスダストへの対策は、空気清浄機を使用すること、こまめに掃除をすることです。

また、抗ダニマットなどの寝具を使うことなどがあります。

家全体は当然のことながら、犬小屋や犬のベッドなども、徹底的に清掃するようにしましょう。

 

花粉症

辛い花粉症にかかるのは、なにも人間だけの特権ではありません。

犬がくしゃみを連続してしたり、皮膚をかゆがったり、目の周りがただれていたりするようであれば、花粉症を疑いましょう。

花粉症の対策としては、外出時は服を着用すること、室内では空気清浄機を使用することです。

そして、まめにシャンプーをしてあげることなどがあげられます。

sponsored links

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、犬がくしゃみをしたり震えたりする原因についてご紹介しました。

病気が原因のこともありますし、アレルギーが原因のこともあります。

くしゃみだけでそのほかの症状がみられない場合には、様子を見ることもできます。

しかし、明らかに様子がおかしい場合は要注意です。

咳が連続して出るようであったり、発熱や食欲不振を伴うようであったりするのであれば、病院にかかるようにしましょう。

そして犬の異常に気づくためにも、日ごろから健康状態を把握しておくことが大切ですね。

ペットは家族の一員です。

ほかの家族同様、健康には十分に気を配りましょう。

 

合わせて読みたい犬に関する記事

犬のあくびが多いのは眠いから?もしかしてあの病気のサインかも?

犬のいびきの原因はアレだった!注意したいいびきの特徴とは?

犬のいびきの原因はアレだった!注意したいいびきの特徴とは?

ライター紹介 ライター一覧

ゆうき

ゆうき

通訳と翻訳を生業としています。
アジアにある某大学を卒業後、南国を行ったり来たりの生活をしています。
趣味はアイランドホッピングとシュノーケリングです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 犬の暑さ対策は夜でも必要!4つの対策と気をつけたいポイント

  • 外飼いの犬の暑さ対策!本当に効果的な8つの方法と注意点

  • 犬のしつけには英語がおすすめ!今日から使える英語フレーズ一覧

  • 梅雨時の犬の臭いが気になる方へ!犬の体臭対策と臭いの原因とは?