1. TOP
  2. 雛人形を飾る由来は? 意味・起源を解説します!

雛人形を飾る由来は? 意味・起源を解説します!

まもなく3月3日。桃の節句のひな祭りですね。

ひな祭りといえば雛人形です。

女の子のお子さまがいらっしゃるご家庭では雛人形を飾る準備を進めていらっしゃる頃でしょうか。

ところで、「なぜ雛人形を飾るのか?」という由来については意外にご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなあなたのために、雛人形を飾る意味や起源を解説していきたいと思います。

※「いつから飾るか」ということはつぎの記事に書いています。→【雛人形を飾る時期】いつからいつまで?信じるあなたに幸あれ!

スポンサーリンク

なぜ雛人形を飾るの?由来や意味は?

雛人形は、子どもの健やかな成長と幸せを願うために飾ります。

その起源は古く、平安時代中期頃までさかのぼります。以下で、雛人形の由来をお話ししたいと思います。

 

流し雛

三月初めの巳の日に、無病息災を願うお祓いを行っていました。それを上巳の節句といい、現在で言う3月3日の雛祭りの日にあたります。

薬草を摘み、その薬草で体の厄を祓っていたものが、次第に、藁や草で作った人形(ひとがた)に自分の災厄を移して、それを海や川に流して厄払いをする風習に移り変わりました。

それが「流し雛」です。

 

ひいな遊び

上流階級の子どもたちの間で「ひいな遊び」という人形のおままごと遊びが盛んに行われていました。

それが室町時代に移り、飾りつけをして、鑑賞するための人形も作られ始めます。ここで言う「ひいな」ですが、時代とともに「ひな」と呼ばれるようになりました。

これらが結びついて、現在のような、ひな祭りの形になったと言われています。

女性が旅行をする際や、お嫁にいく際、万が一災いが起きても身代わりになってもらうよう、雛人形を持っていったとされています。

 

スポンサーリンク

雛人形は誰?

皇居

雛人形は、宮中の結婚式を表すもので、天皇様と皇后様、それに仕える女官などを模して作られたと言われています。

お2人のように幸せな結婚ができますように、といった願いが込められているのです

 

まとめ

雛人形の由来や意味はお分かりいただけましたでしょうか?

  • その子の身代わりとなって不幸や災いを引き受けてもらう
  • 健やかな成長と、天皇・皇后様のように幸せな結婚になることを願っている

の2つがポイントです。

わたしも、物心がついた頃には、雛人形が毎年当たり前のように飾られており、なぜ飾られているのか理由を知らないまま今まで過ごしてきました。

ですので、この記事を書くにあたっていろいろ調べ、ようやく由来や意味を理解できました。

この記事をご覧になったあなたもぜひ、お子さまに雛人形を飾る由来や意味を教えてあげてくださいね。

 

合わせて読みたい日本の行事

【雛人形を飾る時期】いつからいつまで?信じるあなたに幸あれ!

お正月飾りを玄関に飾る意味や時期って?詳しく知りたいあれこれを解説!

【幣立神宮(幣立神社)の五色神祭】開始時刻・スケジュール等

 

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

雛人形

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

おみつ

おみつ

会社員、現在育休中です。
大学卒業後、地元企業に就職。化粧品販売に少し携わっていました。現在は育休中で、家族4人で生活しています。
趣味は常備菜作り、ネットサーフィンなどです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ホワイトデーのお返し】子供向けで人気のプレゼントは?

  • 【ホワイトデーのお返し】義理のときの相場やオススメプレゼントは?

  • 【子連れディズニーの持ち物リスト】泊まりに何を持っていけばいい?

  • 袱紗は結婚式に必要?袱紗のマナーを習得しよう!