1. TOP
  2. 納得!結婚式と披露宴の違いを詳しく解説します!

納得!結婚式と披露宴の違いを詳しく解説します!

「そろそろ結婚を考えているけれど、『結婚式』と『披露宴』、この違いが実はわからない!」「結婚披露宴の招待状が来たけれど、結婚式のことじゃないの?」と悩んでいる方、いらっしゃいませんか?

 特に男性の方に多いのではないでしょうか。「彼女と結婚式を挙げることになったけど、なんだか話がかみ合わない」ということもあるでしょう。

 そんな悩めるあなたに、今回は「結婚式と披露宴の違い」について詳しくお話ししていこうと思います。

sponsored links



結婚式と披露宴は違う

 結婚式と披露宴、これは別物です。どういった違いがあるのか、以下で説明していきます。

結婚式

神様や仏様、参列者の前で新郎新婦が生涯添い遂げる誓いを立てる、めぐり合った縁に感謝するという儀式

披露宴

披露宴の席

結婚したことを、親族・友人・会社関係者などにお披露目する宴会

わかりやすくいうと、儀式とパーティー

 婚姻は神聖なものなので、儀式的要素が強いのが結婚式、そして結婚した二人を囲んで、多くの人たちと楽しむパーティーが披露宴ということですね。

 ちなみに、結婚式のあとに披露宴が催される場合が多いので、結婚式と披露宴を合わせて「結婚式」とすることもあるようです。これだと、ちょっとわかりづらいですよね。

結婚式ってどんなことをするの?

 では、具体的に結婚式にはどのようなものがあるのかを詳しくお話ししていこうと思います!

結婚式パターン1「教会式」

 ウエディングドレス、指輪の交換、誓いのキス……結婚式といえば、まずこのスタイルが浮かぶのではないでしょうか? 一番人気のある結婚式が、この「教会式」です。

 キリスト教徒でなくても、結婚式場やホテルのチャペルであれば挙式できます。ただし、正式なキリスト教の教会では、基本的にはキリスト教徒以外は挙式できません。

 一部の教会(主にプロテスタント系)では受け入れてくれるところもあります。そのときは、その教会で結婚講座を受けてから挙式をする流れになります。

結婚式パターン2「神前式」

神前式の様子

 神社で結婚式を挙げるのが「神前式」。式場によっては神殿があるところもあります。神道にのっとり、厳かな雰囲気で、まさに日本の結婚式といった様相です。氏子以外でも挙式可能な神社も多くあります。

 日本の伝統的な結婚式だと思われがちですが、大正天皇がこの形式で挙式したことから広まっていったとされています。(それ以前は数が少なかったようです。)

 参列者は親族のみが多いようですが、収容規模によって友人などの参列も可能です。

結婚式パターン3「仏前式」

 お寺や自宅の仏壇の前で、仏様に二人のめぐりあわせを感謝し、来世まで添い遂げる誓いを立てるのが「仏前式」です。ちょっと耳馴染みのないスタイルですよね。

 寺院で行う場合などは、その寺院の宗派を新郎か新婦が信仰している必要があります。

 ちなみに、最近では仏前式を行える結婚式場やホテルもあるようです。親族のみの参列が多いようですね。

結婚式パターン4「人前式」

 宗教的な特色はなく、参列者に結婚の証人になってもらうというのが「人前式」です。レストランウエディングなどで行われることが多いようです。

 披露宴と兼ねている場合もあり、みんなでワイワイ楽しく過ごせるということもあって、最近人気が出ている結婚式です。

sponsored links



披露宴ってどんなことをするの?

 披露宴は上記のとおり、結婚したことを親族や友人、会社関係者などにお披露目する宴会です。

 披露宴にはプログラムがあり、どこの結婚式場でもパターン化していることが多いようです。ということで、おおまかな流れをご説明しますね。

  1. 新郎新婦入場
  2. 開宴の言葉(司会者から)
  3. 新郎新婦のプロフィール紹介(2人の簡単な経歴など)
  4. 主賓挨拶
  5. ウエディングケーキ入刀(鏡開きや鏡割りもあるそうです)
  6. 祝辞と乾杯(来賓から)
  7. 食事・歓談
  8. (ある場合はお色直し→新郎新婦入場)
  9. 新郎新婦で各テーブルに挨拶
  10. 来賓の祝辞・祝電の読みあげ
  11. 食事・余興・歓談
  12. 両親へ感謝の言葉(手紙読み上げ)・花束贈呈など
  13. 新郎から挨拶(新郎父もする場合あり)
  14. 新郎新婦退場
  15. 来賓の見送り(プチギフトを渡すこともあり)

 このような流れをとることが多いようですね。

 以前は、お色直し後には、キャンドルサービスなどを行うカップルが多かったのですが、最近ではワインや生ビールサーブなどを行ったり、新郎新婦が各テーブルをまわりながら招待客の方々と写真に写るテーブルフォトを行われることも増えてきています。

 若い女性の招待客が多いときは、デザートビュッフェが盛り上がります。

デザートビュッフェ

 スイーツ食べ放題、たまりませんよね。

 また、両親への花束贈呈の代わりに、新郎新婦が生まれたときと同じ重さのぬいぐるみをプレゼントすることもあります。

 オリジナリティあふれる演出をするカップルが増えてきているようです。

まとめ

 いかがでしたでしょうか? 今回は、「結婚式と披露宴の違い」についてお話ししてきました。

 結婚式と披露宴は別物なんです。そして、結婚式には様々なパターンがあるということ、披露宴ではどのようなことをするのかがお分かりいただけたかと思います。

 日本には信仰の自由があるので、海外よりも結婚というイベントをオリジナルカスタマイズできるところが素敵なところではないかな、と思います。

 結婚は一生に一度(そうありたいですね)のイベントです。結婚を考えている方は、自分たちにあったスタイルを楽しんで考えてみるといいですね!

結婚式・披露宴の関連記事

・結婚式のマナー。避けたいドレス8つの服装【招待客】

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 旦那と別れたい!離婚の前に押さえておきたいポイントとは?

  • 上手に乗り切ろう!辛いつわりのピークはいつ?平均週数は?

  • 【妊娠中のカフェイン】妊婦さん必読!摂取量とその影響は?

  • 【妊娠初期の眠気】どうにも止まらない眠気の理由と対策4選