1. TOP
  2. 学び
  3. さんずいに静【瀞󠄀・瀞】読み方は“セイ・ジョウ・とろ・どろ”。違いは?

さんずいに静【瀞󠄀・瀞】読み方は“セイ・ジョウ・とろ・どろ”。違いは?

瀞󠄀と瀞

はじめて“瀞󠄀”や“瀞”の字を目にしたとき、「何と読むんだろう?」と思って“さんずいに静”と検索しますよね。

“瀞󠄀”と“瀞”、何が違うのでしょうか?

読み方とあわせて紹介します。

“瀞󠄀”と“瀞”の読み方

音読み

  • セイ
  • ジョウ

と読みます。

“ジョウ”と読むときは“浄”と同じ、“清い”という意味になります。

しかし、“セイ”と読ませる熟語も“ジョウ”と読ませる熟語も、調べた範囲では見つかりませんでした。

訓読み

  • とろ
  • どろ

と読みます。

“とろ”とは、川の波が静かなところを指します。

地名としての読み方

埼玉県には、“長瀞(ながとろ)”という地名があります。

また、奈良県・三重県・和歌山県にまたがる吉野熊野国立公園内には、国の特別名勝の“瀞峡(どろきょう)”という大峡谷があり、
上流から、奥瀞(おくとろ)、上瀞(かみどろ)、下瀞(しもどろ)に分けられています。

瀞峡

下瀞上流の、瀞八丁(どろはっちょう)と呼ばれるエリアは巨岩・奇岩・断崖が続いており、ウォータージェット船での観光が楽しそうです。

“瀞󠄀”なのか“瀞”なのか

結論から言いますと、“瀞󠄀”=“瀞”です。

“万”と“萬”、“国”と“國”などと同じように、
“異体字(いたいじ):同じ意味・発音を持つが、表記に違いがある文字”の関係なので、どちらも使用してもOKです。

まとめ

“瀞󠄀”の読み方は、

  • セイ
  • ジョウ
  • とろ
  • どろ

です。

“瀞󠄀”と“瀞”は、異体字の関係で、どちらを使ってもOKです。

“瀞”が入った地名としては、“瀞峡”が観光地として有名です。
ウォータージェット船に乗って、観光してみたいですね。

ところで話が変わるのですが、毎日のようにスマホやパソコンを使っていて、目の疲れ・かすみや、視力の低下が気になりませんか?
何も対策しないと、視力がどんどん落ちていくだけでなく、片頭痛を起こしやすくなり、仕事や生活に支障が出はじめます。

つぎの記事で実際に視力回復に効果があった対策を紹介していますので、少しでも取り入れて、快適な生活を続けましょう。

20年間メガネだった私が、自力で、たった3ヶ月で視力0.01→0.4に回復したトレーニング方法を紹介!

今回はここまで。
ありがとうございました!

「さんずいに…」あなたは読めますか?

さんずいに寿【涛】読み方は“トウ・なみ”。怒涛、波涛…高い波。

さんずいに斬【漸】読み方は“ゼン・ようや”。人名だと違う読み方もある。

さんずいに軍【渾】読み方は“コン・ま・にご・すべ”。名づけにも使えるようになったが…

さんずいに間【澗】読み方は“カン・ケン・たに”。数の桁としては10の36乗。

さんずいに延【涎】読み方は“エン・セン・ゼン・よだれ”。意味は本文中で。

さんずいに王【汪】読み方は“オウ・ひろ”。日本では人名には使えない。

さんずいに胃【渭】読み方は“イ”。意味や使われ方は本文で紹介。

さんずいに屋【渥】読み方は“アク・あつ・うるお”。名前に使うなら…

さんずいに朱【洙】読み方は“シュ・ス”。日本では名づけに使えない。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

瀞󠄀と瀞

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

らくらくらし編集部

らくらくらし編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • さんずいに朱【洙】読み方は“シュ・ス”。日本では名づけに使えない。

  • さんずいに静【瀞󠄀・瀞】読み方は“セイ・ジョウ・とろ・どろ”。違いは?

  • さんずいに寿【涛】読み方は“トウ・なみ”。怒涛、波涛…高い波。

  • さんずいに斬【漸】読み方は“ゼン・ようや”。人名だと違う読み方もある。