1. TOP
  2. 学び
  3. さんずいに寿【涛】読み方は“トウ・なみ”。怒涛、波涛…高い波。

さんずいに寿【涛】読み方は“トウ・なみ”。怒涛、波涛…高い波。

涛

“涛”の字をはじめて目にしたとき、「何と読むんだろう?」と思って“さんずいに寿”と検索しますよね。

怒涛や波涛という熟語で使われることの多いこの漢字、読み方はふたつあります。

“涛”の読み方

音読み

“トウ”と読みます。

“怒涛(ドトウ)”は、荒れ狂う大波。
“波涛(ハトウ)”は、大波、高波。
“波涛万里(ハトウバンリ)”は、遠く離れた外国のことを表す言葉です。

訓読み

“涛”と漢字一文字で書かれているときは、“なみ ”と読みます。

地名としての読み方

地名では、

  • 北海道、“涛沸湖(トウフツコ)”
  • 宮城県、“大涛(オオナミ)”
  • 千葉県、“波涛根(ハットネ)”

など、音読み、訓読み、ともにさまざまな使われ方をしています。

異体字の“濤”が使われている、東京都渋谷区の“松濤(ショウトウ)”は、松の梢(こずえ)を渡る風の音を、波の音に例えて付けた地名だそうです。

ところで“なみ”とひと口に言っても、“大波小波”・“波浪注意報(ハロウチュウイホウ)”など、似た意味を持つ漢字がいくつかありそうなので、調べてみました。

“なみ”を表す漢字いろいろ

“波”は、一般的な広い意味を持ち、すべての波は、これで表現してもOKです。
ほかの“なみ”は、“どんな波か”を具体的に表せる漢字になります。

“涛”は、大きなうねりのある波を意味します。

“浪”は、海よりも川の波について使われることが多いです。

“漣”は、さざなみを表します。

“瀾”は、横に波頭を連ねた大波を表します。
“波瀾万丈”の“瀾”ですね。

まとめ

“涛”の読み方は、

  • トウ
  • なみ

です。

今回は、“なみ”にもいろいろあるということがわかりました。
どの漢字が使われているかで、どんな波かイメージできるようになりましたね。

ところで話が変わるのですが、毎日のようにスマホやパソコンを使っていて、目の疲れ・かすみや、視力の低下が気になりませんか?
何も対策しないと、視力がどんどん落ちていくだけでなく、片頭痛を起こしやすくなり、仕事や生活に支障が出はじめます。

つぎの記事で実際に視力回復に効果があった対策を紹介していますので、少しでも取り入れて、快適な生活を続けましょう。

20年間メガネだった私が、自力で、たった3ヶ月で視力0.01→0.4に回復したトレーニング方法を紹介!

今回はここまで。
ありがとうございました!

「さんずいに…」あなたは読めますか?

さんずいに斬【漸】読み方は“ゼン・ようや”。人名だと違う読み方もある。

さんずいに軍【渾】読み方は“コン・ま・にご・すべ”。名づけにも使えるようになったが…

さんずいに間【澗】読み方は“カン・ケン・たに”。数の桁としては10の36乗。

さんずいに延【涎】読み方は“エン・セン・ゼン・よだれ”。意味は本文中で。

さんずいに王【汪】読み方は“オウ・ひろ”。日本では人名には使えない。

さんずいに胃【渭】読み方は“イ”。意味や使われ方は本文で紹介。

さんずいに屋【渥】読み方は“アク・あつ・うるお”。名前に使うなら…

さんずいに朱【洙】読み方は“シュ・ス”。日本では名づけに使えない。

さんずいに静【瀞󠄀・瀞】読み方は“セイ・ジョウ・とろ・どろ”。違いは?

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

涛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

らくらくらし編集部

らくらくらし編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • さんずいに朱【洙】読み方は“シュ・ス”。日本では名づけに使えない。

  • さんずいに静【瀞󠄀・瀞】読み方は“セイ・ジョウ・とろ・どろ”。違いは?

  • さんずいに寿【涛】読み方は“トウ・なみ”。怒涛、波涛…高い波。

  • さんずいに斬【漸】読み方は“ゼン・ようや”。人名だと違う読み方もある。