1. TOP
  2. 学び
  3. 草冠に非【菲】日本語での読み方は“ヒ・ビ・うす”。人名なら有名なのは欧陽菲菲。

草冠に非【菲】日本語での読み方は“ヒ・ビ・うす”。人名なら有名なのは欧陽菲菲。

菲

はじめて“菲”の字を目にしたとき、

「何と読むんだろう」と思って“草冠に非 読み方”と検索しますよね。

また、ひとつの読み方を知っていても、知らない使われ方をしていると、読み方がわかりませんよね。

ここでは基本的な読み方と、簡単な熟語とその意味まで紹介します。

“菲”の読み方

音読み

と読みます。

 

“菲”には“非ず(あらず)”という打消しの意味もあり、

  • “菲食(ヒショク)”は、粗末な食事
  • “菲儀(ヒギ)”は、つまらない贈り物
  • “菲質(ヒシツ)”は、にぶいたち

という意味の熟語で使われます。

 

訓読み

“菲い”と書いて“うすい”と読みます。

このときは“薄い”と同じ意味をもちます。

 

四字熟語

自分のことを謙遜する表現で、

“浅学菲才(センガクヒサイ)”

という四字熟語に使われます。

漢字の意味をそのまま受けとれば

「学問や知識が浅く、才能が劣っている」という意味になります。

 

ただこの熟語、扱いには注意が必要です。

うかつに「私は浅学菲才ですから…」なんて言ってしまうと

「実は知識があるのに、変にへりくだりやがって」

と、悪い印象を持たれることがあります。

 

本当に学問や知識が浅いのであれば、

こんな言葉は知らないはず、使えないはずですからね。

このように、基本的には控えめなイメージでありつつ、使い方に注意が必要な“菲”ですが、

明るさを感じられる使われ方もあるんです。

漢字の本場、中国での使われ方

中国では

  • フェイ
  • フィ

と読み、芳しい花の香りを表します。

なので、人名にもよく使われ、

劉 亦菲(リウ・イーフェイ)さん(2019年公開予定の「ムーラン」実写版の主演女優)

あなたもきっと口ずさめる、“ラヴ・イズ・オーヴァー”の欧陽菲菲(オーヤンフィフィ)さんが有名ですね。

 

ほかにも、

  • 化粧品メーカのソフィーナは“索菲亚”
  • カクテルのジンフィズは“金菲士”

と、表記されます。

 

まとめ

“菲”の読み方は、

  • フィ
  • うす

です。

 

いくつか熟語も紹介しましたが、とくに“浅学菲才”の扱いにはお気をつけください。

 

覚えた言葉をすぐ使いたくなってしまうのはわかりますが、

それでは賢さアピールになってしまって、

“浅学菲才”のもともとの意味(「学問や知識が浅く、才能が劣っている」)から心が離れています。

 

賢さをアピールするために難しい表現を使ったのに、

その内容は「私は学問や知識が浅く、才能が劣っている」だったら、

何をしたいのかわかりませんよね。

 

賢く見られたいなら、相手の話をしっかり聞いて、理解することのほうが大事です。

そうでしょう?

「それっぽいことを言って賢く見せよう」と思っている人より、

「相手が本当は何を言いたいのか」を考えながら、しっかり聞いている人のほうが賢く見えるし、実際に賢いのです。

 

ところで、仕事や勉強でパソコン・スマホを使う毎日、

目の疲れや片頭痛・視力低下にお困りではありませんか?

「スッキリした毎日を送りたい」と思われる方のために、つぎの記事を紹介します。

20年間メガネだった私が、自力で、たった2ヶ月半で視力0.01→0.3に回復したトレーニング方法を紹介!

 

今回はここまで。

ありがとうございました!

 

「草冠に…」あなたは読めますか?

草冠に夫【芙】読み方は“フ・はす”。名前にも使われる漢字なので意味も紹介。

草冠に助ける【莇】読み方は“ショ・ジョ・チョ・あざみ・あさがら”

草冠に逢う【蓬】読み方は“ホウ・よもぎ”。多用途万能!

草冠に田んぼの田【苗】読み方は“ビョウ・ミョウ・なえ・なわ”。【藟】は記事内で。

草冠に台【苔】読み方は“タイ・こけ”。海苔は“のり”。舌苔は“ぜったい”

草冠に宣【萱】読み方は“ケン・カン・かや”。萱と茅は同じ植物群を指す。

草冠に昌【菖】読み方は“ショウ”。“菖蒲”は“しょうぶ”。人名なら“あや・あやめ”とも。

草冠に西【茜】読み方は“セン・あかね”。茜は赤色系の染料にもなる。

草冠に占【苫】読み方は“セン・とま”。“苫小牧”・“苫米地”…

草冠に数【薮】読み方は“ソウ・やぶ”。標準字体は“藪”。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

菲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

らくらくらし編集部

らくらくらし編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • さんずいに朱【洙】読み方は“シュ・ス”。日本では名づけに使えない。

  • さんずいに静【瀞󠄀・瀞】読み方は“セイ・ジョウ・とろ・どろ”。違いは?

  • さんずいに寿【涛】読み方は“トウ・なみ”。怒涛、波涛…高い波。

  • さんずいに斬【漸】読み方は“ゼン・ようや”。人名だと違う読み方もある。