1. TOP
  2. 学び
  3. 草冠に糸に…【茲・慈・蘊】読み方は?

草冠に糸に…【茲・慈・蘊】読み方は?

学び
 

茲・慈・蘊

草冠に糸を使った漢字、読み方が難しいものがありますよね。

そんな中でも今回は【茲・慈・蘊】の3字をピックアップしました。

それでは読み方いってみましょう。

「草冠に糸2つ」“茲”の読み方

音読み

“ジ”または“シ”と読みます。

“ジ”は慣用音、正式な音は“シ”です。

慣用音はすでに一般に認められている読み方ですので、

「“シ”と読まなければ間違い」ということではありません。

 

訓読み

“茲の”と書いて“この”と読みます。

“此の”と同じ意味で、「この・その・あの・どの?」の「この」です。

 

“茲に”と書いて“ここに”と読みます。

「ここ・そこ・あそこ・どこ?」の「ここ」です。

 

“今茲”と書いて“ことし”と読みます。

“今年”と同じ意味です。

 

“茲す”と書いてあるとき“ます”と読みます。

“増す”と同じ意味です。

“茲茲”もしくは“茲々”なら“ますます”。

“益々”と同じ意味です。

 

「草冠に糸2つに心」“慈”の読み方

音読み

“ジ”と読みます。

“慈愛(じあい)”や“慈悲(じひ)”、“慈雨(じう)”という熟語は目にしやすいかと思います。

 

訓読み

“慈しむ”と書いて、“いつくしむ”と読みます。

かわいがったり、めぐみ、あわれむことです。

 

人名では

やや仏教的な雰囲気がありますが、漢字の意味としては良いものですから、人名としても多く使われている漢字です。

“じ”と読ませるのはもちろん、ほかには

  • しげ
  • しげる
  • ちか
  • なり
  • やす
  • よし

と読ませるのがメジャーな範囲です。

 

草冠なのか?

よく見ると草冠のようで草冠でない。

“前”の上と同じですね。

意味するところは“草”であり、草冠と同様です。

ではなぜ違うのでしょうか?

 

調べてみたところ、「艸(草)」の略体だそうです。

実は上の「ソ一」は「艸」(くさ=くさかんむり)の略体です。 『慈』(ジ・いつくしむ)……慈悲とは友情と同情(19) - 下村昇の窓

 

だとすれば、呼び方は「草冠」でも間違いではなさそうです。

ただ草冠の漢字を調べても、“慈”も“前”も書いてないんですけどね。

 

「草冠に糸に囚に皿」“蘊”の読み方

音読み

“ウン”または“オン”と読みます。

目にしやすいのは“蘊蓄(うんちく)”でしょうか。

「蘊蓄を聞かされる」とネガティブな意味で使われがちですが、“蘊蓄”とは「積み蓄えられたもの」という意味であり、

それ自体にネガティブな意味はありません。

 

聞いてもいない知識を延々としゃべり続けてしまうような人によって、“蘊蓄”に「知識をひけらかす」ようなイメージが付き、印象が悪くなっているように見えます。

私もこうして話が脇にそれがちですので、ほどほどにします。

 

訓読み

“蘊む”と書いて“つむ”と読みます。

“積む”と同じ意味です。

まとめ

“茲”の読み方は、

  • ここ
  • とし
  • ます

です。

 

“慈”の読み方は、

  • いつく

で、人名なら“ジ”のほかに

  • しげ
  • しげる
  • ちか
  • なり
  • やす
  • よし

と読ませるのがメジャーです。

 

“蘊”の読み方は、

  • ウン
  • オン

です。

 

以上、今回はここまでとします。

ありがとうございました。

 

「草冠に…」あなたは読めますか?

草冠に祭【蔡】読み方は“サイ・サツ”。名字なら中国系で、呼ぶなら“ツァイ”?

草冠に刑【荊】読み方は“ケイ・いばら”。人名・地名では難読なものアリ。

草冠に名【茗】読み方は“メイ・ベイ・ミョウ・ちゃ”。意味は本文中で。

草冠に無【蕪】読み方は“ブ・あ・かぶ・かぶら”。“かぶ”は野菜。

草冠に末【茉】読み方は“マツ・バツ”。“茉莉花”は“まつりか”で、アラビアジャスミンのこと。

草冠に方【芳】読み方は“ホウ・かんば・かぐわ・かおり”

草冠に湯【蕩】読み方は“トウ・うご・とろ”。“蕩れ”は“とれ”と読ませるラノベ造語。

草冠に鳥【蔦】読み方は“チョウ・つた”。“蔦屋”は有名な書店、“TSUTAYA”。

草冠に鬼【蒐】読み方は“シュウ・あつ・かり・あかね”。“蒐集”は“しゅうしゅう”で、コレクション。

草冠に暇の右【葭】読み方は“カ・よし・あし”。PCででないときは手書き入力。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

茲・慈・蘊

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者

・熊本出身在住

・二児の父

・九州大学経済学部経済工学科卒


塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。


アンケート調査楽しいです。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 【子供と遊ぶ】熊本県八代市坂本町のアスレチック公園、くま川ワイワイパーク!

  • 草冠に宣【萱】読み方は“ケン・カン・かや”。萱と茅は同じ植物群を指す。

  • 草冠に昌【菖】読み方は“ショウ”。“菖蒲”は“しょうぶ”。人名なら“あや・あやめ”とも。

  • 草冠に西【茜】読み方は“セン・あかね”。茜は赤色系の染料にもなる。