1. TOP
  2. 学び
  3. 草冠に鳥【蔦】読み方は“チョウ・つた”。“蔦屋”は有名な書店、“TSUTAYA”。

草冠に鳥【蔦】読み方は“チョウ・つた”。“蔦屋”は有名な書店、“TSUTAYA”。

学び
 

蔦

“蔦”の字を目にしたとき、「何と読むんだろう」と思って“草冠に鳥”と検索しますよね。

おそらくあなたが探している読み方は、“つた”です。

これは訓読みです。

ほかにも音読みで“チョウ”と読むこともできますが、この読ませ方をする熟語は、調べても見つかりませんでした。

ちょっと余談ぽくなりますが、有名な書店“蔦屋”は、店舗やウェブ上では“TSUTAYA”のほうを大きく出していますね。

“蔦”の字が常用漢字でないこともありますし、漢字だけでは店名がわかりにくいこともあります。

配慮した結果、ローマ字表記のほうを大きく出しているのでしょう。

お客のためでもあり、そして“TSUTAYA”自身が名前を覚えてもらうためでもあり、お互いのためになる良いアイデアですね。

 

地名でも、“つた”と読ませるところしか見つかりません。

  • 北海道河西郡中札内村中戸蔦(なかとつた)
  • 北海道河西郡中札内村東戸蔦(ひがしとつた)
  • 北海道河西郡中札内村西戸蔦(にしとつた)
  • 新潟県長岡市与板町蔦都(つたいち)
  • 愛知県名古屋市中川区蔦元町(つたもとちょう)
  • 京都府京都市左京区北白川蔦町(つたちょう)
  • 京都府京都市左京区北白川東蔦町(ひがしつたちょう)
  • 京都府京都市左京区北白川西蔦町(にしつたちょう)

 

今回は短くなりましたが、以上です。

ありがとうございました。

 

「草冠に…」あなたは読めますか?

草冠に鬼【蒐】読み方は“シュウ・あつ・かり・あかね”。“蒐集”は“しゅうしゅう”で、コレクション。

草冠に暇の右【葭】読み方は“カ・よし・あし”。PCででないときは手書き入力。

草冠に家みたいな…【蒙】読み方は“モウ・ボウ・くら”。“啓蒙”は“けいもう”。

草冠に可【苛】読み方は常用では“カ”のみ。ほかの読み方と意味は本文中で紹介。

草冠に音みたいな…【菩】読み方は“ボ”。実はあなたも菩薩かも。

草冠に園【薗】読み方は園と同じ“エン・オン・その”

草冠に浦【蒲】読み方は“ホ・フ・ブ・かま・がま”

草冠に委【萎】読み方は“イ・な・しお・しな・しぼ・つか”。意味は本文で。

草冠に宣【萱】読み方は“ケン・カン・かや”。萱と茅は同じ植物群を指す。

草冠に昌【菖】読み方は“ショウ”。“菖蒲”は“しょうぶ”。人名なら“あや・あやめ”とも。

草冠に西【茜】読み方は“セン・あかね”。茜は赤色系の染料にもなる。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

蔦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者

・熊本出身在住

・二児の父

・九州大学経済学部経済工学科卒


塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。


アンケート調査楽しいです。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 【子供と遊ぶ】熊本県八代市坂本町のアスレチック公園、くま川ワイワイパーク!

  • 草冠に宣【萱】読み方は“ケン・カン・かや”。萱と茅は同じ植物群を指す。

  • 草冠に昌【菖】読み方は“ショウ”。“菖蒲”は“しょうぶ”。人名なら“あや・あやめ”とも。

  • 草冠に西【茜】読み方は“セン・あかね”。茜は赤色系の染料にもなる。