1. TOP
  2. 学び
  3. 草冠に浦【蒲】読み方は“ホ・フ・ブ・かま・がま”

草冠に浦【蒲】読み方は“ホ・フ・ブ・かま・がま”

学び
 

蒲

たまに目にする“蒲”の漢字、「何と読むんだろう」と思い、“草冠に浦”と検索しますよね。

食べ物や植物、生活用品や地名にも使われているので、読み方を知っておくと、きっと役に立つ場面は多いはず。

ということで今回は、“蒲”の読み方です。

“草冠に浦に生”と検索している人のために、“蒲生”の読み方も紹介します。

“蒲”の読み方

音読み

“ホ”、または“ブ”と読みます。

 

“ホ”と読ませるものには、“蒲月(ほげつ)”という熟語があります。

旧暦五月の、別の呼び方です。

 

“ブ”と読ませるものは、“菖蒲(しょうぶ)”があります。

端午の節句で飾ったりする、あの菖蒲です。

(→菖蒲を画像検索

 

“座蒲団”はおなじみ、“ざぶとん”です。

田山花袋の文学作品“蒲団(ふとん)”でも、“蒲”の字が使われています。

“蒲”が常用漢字でないこともあり、現代では“ふとん”は“布団”と書くことが多いですね。

 

訓読み

“がま”と読みます。

 

“蒲”一文字で書いてあるときは、植物の“がま”を指すことがほとんどのはずです。

“がま”は画像検索してもらえると、「見たことある」と思ってもらえると思います。

 

熟語として使われるときは、濁りが消されて“かま”と読ませることもあります。

身近なものだと、“蒲鉾(かまぼこ)”ですね。

 

ほかの読み方

人名や地名では、ほかの読み方がたくさん存在します。

例えば熊本県知事は、“蒲島 郁夫(かばしま いくお)”さんです。(2017/11/01現在)

 

地名では“蒲生”と書いて、

  • がもう
  • かもう
  • こも

と読ませる場所が複数あります。

 

“がもう”と読ませる場所

  • 福岡県北九州市小倉南区蒲生
  • 福岡県柳川市蒲生
  • 宮城県仙台市宮城野区蒲生
  • 福島県南会津郡只見町蒲生
  • 埼玉県越谷市蒲生
  • 大阪府大阪市城東区蒲生
  • 鳥取県岩美郡岩美町蒲生

 

“かもう”と読ませる場所

  • 新潟県十日町市蒲生
  • 香川県小豆郡小豆島町蒲生
  • 熊本県山鹿市蒲生

 

“こも”と読ませる場所

  • 京都府船井郡京丹波町蒲生

まとめ

“蒲”の読み方は、

  • かま
  • がま

が、通常使用される範囲です。

 

人名・地名になればもっと幅が広がり、いろんな読み方があります。

“蒲生”の読み方はわかるだけ紹介しましたので、もしあなたが“蒲生”という地名を「何と読むんだろう」と思って調べていらっしゃったのでしたら、きっと解決できたことと思います。

 

「草冠に…」あなたは読めますか?

草冠に委【萎】読み方は“イ・な・しお・しな・しぼ・つか”。意味は本文で。

草冠に宣【萱】読み方は“ケン・カン・かや”。萱と茅は同じ植物群を指す。

草冠に昌【菖】読み方は“ショウ”。“菖蒲”は“しょうぶ”。人名なら“あや・あやめ”とも。

草冠に西【茜】読み方は“セン・あかね”。茜は赤色系の染料にもなる。

草冠に占【苫】読み方は“セン・とま”。“苫小牧”・“苫米地”…

草冠に数【薮】読み方は“ソウ・やぶ”。標準字体は“藪”。

草冠に重【董】読み方は“トウ・ただ”。似た漢字に惑わされそう。

草冠に秋【萩】読み方は“シュウ・はぎ”。“荻(おぎ)”と間違えなくなる覚え方も紹介。

草冠に時【蒔】読み方は“シ・ジ・ま”。“蒔絵”は“まきえ”。

草冠に糸に…【茲・慈・蘊】読み方は?

草冠に祭【蔡】読み方は“サイ・サツ”。名字なら中国系で、呼ぶなら“ツァイ”?

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

蒲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者

・熊本出身在住

・二児の父

・九州大学経済学部経済工学科卒


塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。


アンケート調査楽しいです。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 草冠に宣【萱】読み方は“ケン・カン・かや”。萱と茅は同じ植物群を指す。

  • 草冠に昌【菖】読み方は“ショウ”。“菖蒲”は“しょうぶ”。人名なら“あや・あやめ”とも。

  • 草冠に西【茜】読み方は“セン・あかね”。茜は赤色系の染料にもなる。

  • 草冠に占【苫】読み方は“セン・とま”。“苫小牧”・“苫米地”…