1. TOP
  2. 学び
  3. 子どもの維持水分量

子どもの維持水分量

学び
 

子どもの維持水分量計算式

体重(Kg) 水分量(ml/1日)
3~10 100×[体重]
10~20  1,000+([体重]-10)×50
20~  1,500+([体重]-20)×20

参考:Holliday and Segar, 1957

 

子どもの維持水分量表

上記の計算式をもとに作った、体重別の表です。

体重(Kg) 水分量(ml/1日)
3 300
4 400
5 500
6 600
7 700
8 800
9 900
10 1,000
11 1,050
12 1,100
13 1,150
14 1,200
15 1,250
16 1,300
17 1,350
18 1,400
19 1,450
20 1,500
21 1,520
22 1,540
23 1,560
24 1,580
25 1,600
26 1,620
27 1,640
28 1,660
29 1,680
30 1,700

 

この表の水分量は、

「1日これだけとれば維持できますよ」

というものです。

 

水気が多い食事からも水分は摂取できますから、それに含まれる水分も含めて、1日にこれだけ摂ればいいということです。

「水や麦茶をこれだけ飲まなければならない」

という話ではありませんのでお気を付けくださいね。

 

あと、活動量も影響してきますので、活動的な子は多めに水分を摂るのがいいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

水を飲む子供

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぽこ

ぽこ

・熊本大学医学部保健学科看護学専攻卒
・正看護師

この人が書いた記事  記事一覧

  • 赤ちゃんの予防接種後にお風呂は入れても大丈夫?注意点は?前に入れる?

  • 哺乳瓶の消毒。お出かけのときはどうする?

  • 仕事中のつわりの正しい対策と乗り切り方。休むときの基準も紹介。

  • 夜中の授乳はいつまで続ける?早くやめてもいい?