1. TOP
  2. 2017年のお月見は、いつからいつまでやるものか。やっていいものか。

2017年のお月見は、いつからいつまでやるものか。やっていいものか。

学び
 

毎年秋になるとやってくるのがお月見の時期ですね。

いつやろう」

「いつからやっていいんだろう」

「いつまでやっていいんだろう」

ということを思ったりしませんか?

それは由来を知ることからも見えてきますので、この記事とあわせて由来の記事も読んでもらえたらと思います。

スポンサーリンク

2017年のお月見、いつからいつまで?日本ではいつでもいい。

お月見

公式な日付では、2017年は10月4日が十五夜となっており、その日にお月見をする人が多いかと思います。

世界を見渡せば、ヨーロッパや太平洋の島々で収穫に感謝するお祭りが行われるのもそのころです。

お祭りを行うのであれば全体で日付を決めて、協力して行う必要がありますが、日本でのお月見は各家庭で行われるものです。

「絶対にこの日でなければならない」ということはありません。

 

2017年10月4日は十五夜ではありますが、満月ではありませんし、

「満月を見ながらのお月見がいい」

ということであれば、2017年10月6日の午前3時40分きっかりがきれいな満月ですから、10月5日の夜に行うのがベストです。

 

お月見は本来、収穫できることをお月様に感謝し、収穫できることを祈る行事です。

感謝したいときにしていいのですし、祈るタイミングも自由です。

お月様はタイミングを選びません。

 

「ああ、今日は月がきれいだな」

と思ったときに、大事な人たちと一緒に月を眺め、同じ時間を過ごす。

それでいいんです。

 

十三夜・十日夜

さらに十三夜・十日夜というのもあります。

どちらも収穫に感謝する、ひとつの区切りの日です。

十三夜は旧暦9月13日ですので、太陽暦になおせば2017年は11月1日ということになります。

このときの月も十五夜に続いて美しいとされ、この日にも月見を行うのもいいですね。

 

十日夜は旧暦10月10日ですので、太陽暦になおせば2017年は11月27日ということになります。

このときは月を見るのではなく、日本の主要な作物、米の収穫を感謝するお祭りが行われる地域もあります。

 

まとめ

お月見は、見るとしたら満月が美しいですよね。

暦上は2017年は10月4日が十五夜ですが、満月は10月6日の午前3時40分。

かなり満月に近い、美しい月を見たいなら10月5日にお月見するのがベストです。

さらに十三夜近くの美しい満月も見るなら、暦上は11月1日が十三夜ですが、満月は11月4日の午後2時23分。

かなり満月に近いものを見たいなら11月4日の早い時間帯がベストです。

 

由来も勉強しておくと、お月見しながら

「こういう意味でお月見してるらしいよ」

と家族で楽しく会話できるかもしれませんね。

お月見の由来を子供にもわかりやすく説明できるよう簡単に解説

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

お月見

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・二児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 数え年の数え方と、満年齢や生まれた西暦から簡単な計算で求める方法。

  • 七五三のお参り時期はいつ?正統派は11月15日に。お参り年齢は男の子・女の子で変わります。

  • 学園祭の模擬店で食べ物を出すなら、その場で作れる定番のものを

  • 未熟児養育医療制度の申請手続きポイントまとめ。わが子が産まれた直後から入院したときに。