1. TOP
  2. なぜウォーターサーバー利用者が増え続けているのか。無料レンタルできてどこで儲けてる?

なぜウォーターサーバー利用者が増え続けているのか。無料レンタルできてどこで儲けてる?

学び
 

病院や事務所、さらに個人宅でも多く見かけるようになったウォーターサーバー

どうしてこれほど多く利用されているのでしょう?

そしてその中には

「サーバーレンタル無料」

をうたっているものも多く、

「あやしい」

と思ったりしますよね。

そこで今回は、ウォーターサーバー利用者が増え続けている理由と、若干あやしい

「サーバー無料レンタル」

の仕組みのお話です。

sponsored links

ウォーターサーバーの利用者の増加

基本的には右肩上がりです。

ウォーターサーバー利用者数

出典:統計数字-日本宅配水&サーバー協会

 

2017年は10年前の3倍以上の顧客数(推定)ですね。

2015年には少し落ちています。

 

いまだに利用者が増加し続けている理由

ではなぜ、利用者は増え続けているのでしょうか?

 

備蓄目的

「そろそろ踊り場なのか?」

という時期に、アレが起きました。

そうです。

2016年4月、私も被災者となった、熊本地震。

 

2011年の東日本大震災で備蓄が意識されるようになり、水の備蓄手段としてウォーターサーバーは優秀と考えられています。

いざとなったらボトルだけでも持ち運んで使えますからね。

 

その伸びが落ち着いてきたころ、熊本地震が起き、多くの人があらためて備蓄を意識するようになり、利用者は増え続けていると考えられます。

先日ウォーターサーバー利用者を対象として行ったアンケートでも、「備蓄になる」ということを答えてくれた人は実はけっこういました。

ただアンケートの主目的が「そのウォーターサーバーの特徴を答えてもらうこと」でしたので、備蓄に関するコメントのほとんどは削除しています。

備蓄に関しては、ウォーターサーバーの機種に関係なく十分に働いてくれるでしょう。

 

安全でおいしい水を求めて

東日本大震災のときは、水道水が放射性物質で汚染されてしまうということが起きました。

ウォーターサーバーの水であれば安心でしたので、不謹慎かもしれませんがそれを追い風として2011~2014年の伸びにつながったものと考えられます。

 

熊本地震の際も水道から濁った水が出るようになった地域がありました。

私が避難していたところはそうでした。

避難所に電気は通っていたので、

「ウォーターサーバーがあったら、ミルク作るのも簡単なのにな」

と思ったものです。

泥水じゃミルク作りたくありません。

飲ませたくもありません。

 

機能・性能の強化、デザインの刷新

利用者の使い方に合うような機能をもったウォーターサーバーが生み出され続けています。

そして利用者が

「置いてもいい」

と思えるようなデザインのものも増え続けています。

 

新しいボトル形態

もういちど最初の画像を見てみましょう。

ウォーターサーバー利用者数

出典:統計数字-日本宅配水&サーバー協会

 

OW・BIBというものがありますよね。

これは水を入れている容器を再利用するかどうかに関わってくる話です。

OWはワンウェイで、送ってきたボトル(パック)は使い終わったら利用者が捨てる形です。

BIBはバッグインボックスで、これも使い終わったら利用者が捨てる形です。

BIBはかなり特殊で、ウォーターサーバーがなくても使えるような形態です。

ですので“ウォーターサーバー利用者数”としてはデータからこの数字を引くべきなのですが、OWとBIBがまとめられているデータしか見つけきれませんでしたので申し訳ありませんがそのまま使わせてもらっています。

BIBの形についてはフレシャスの公式サイトが見た目で分かりやすくなっていますので、そちらを参考になさってください。

参考:フレシャス公式

 

変わらないメリット

そしてウォーターサーバー利用者の増加を支え続ける大きな理由は、なんといっても基本的な部分にあります。

  • すぐに冷水・温水が出る
  • 店に買いに行かなくていい

ということです。

水の価格に関してはペットボトルを買うより安いことが多いですが、メンテナンス代や電気代等を含めて総合的にみれば、ウォーターサーバーのほうが高くつくケースが多くなります。

「ウォーターサーバーがくるまではジュースを買って飲んでいたけど、水がおいしいからジュース買わなくなった」

ということになれば、総合的に見て安くなることは十分に考えられます。

 

ともあれ、結局は

「手間を省ける」

ということが一番変わらないメリットです。

 

すぐに温水が出れば夜中のミルクづくりも楽ですし、カップ麺等を作るときも楽です。

すぐにおいしい冷水が出れば、冷蔵庫に入れて冷やしておく必要もありません。

楽です。

 

どこで儲けているのか

さて、そんなウォーターサーバーが無料でレンタルできたりするのですが、どこで儲けているのでしょうか?

水代で継続的に回収することが基本ですが、より確実に回収するためにいろいろな条件が設定されていることがしばしばあります。

条件とは、契約内容のことです。

例えば

「○年以内の解約には10,000円の違約金」

「毎月ボトル○本以上の注文でサーバーレンタル無料」

「毎月必ずボトル○本はお届け」

といったアレコレを設定し、儲けが出るよう考えられています。

 

もちろんコストを抑えるためにもいろんなことが考えられています。

とくに配送については、すでに自社や関係会社でほかの商品を配送しているシステムがあって、それを利用することで配送コストを抑えているところもあります。

 

儲かるビジネスは不届き?

さてこんなことを書くと、

「あの手この手を使って儲けようなんて不届きだ」

と思われるかもしれませんね。

 

ここで例えば、

「儲からないビジネスモデルを続けているとどうなるか」

をお考えいただければと思います。

儲からないということは赤字です。

赤字が続けば事業は続けられません。

最終的には倒産するしかありません。

そのときその会社のウォーターサーバーを借りていた人はどうなるでしょうか?

ウォーターサーバーは手元に残り、水は届かない。

つまりそのウォーターサーバーは粗大ごみになります。

そのまま家に置いておいても仕方ないので粗大ごみとして出すことになります。

回収手数料を取られますし、運ぶのも大変です。

そういうことにならないためにも、しっかりと儲かるビジネスモデルを作っている会社のウォーターサーバーのほうが、長期的に見て安心して使えるのです。

 

なりより、

「利用者の手間を省く」

というポイントでは確実にためになっているのですから、よほど高額な違約金等を設定していないかぎり、

「不当に儲けている」

という批判はあたらないかと思います。

 

不当な手段を使っても余裕で儲かるようでしたら、ほかの会社も多数参入して、不当な条件で契約しようとする会社は駆逐されていきますから、大丈夫でしょう。

ウォーターサーバー市場も長くなってきましたし、十分に競争が進んで、どこの会社も正当な範囲でしか利益はでなくなっているものと思います。

sponsored links

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は

  • ウォーターサーバー利用者が増え続けている理由
  • どこで儲けてるのか

というお話でした。

基本的には「手間を省きたい」という人が使い、さらに備蓄目的での利用者を取り込み続けています。

無料でレンタルできるところは、水代やノルマ、違約金によって計画的に回収しています。

ウォーターサーバー市場は長くなってきましたので、競争が進み、回収は正当な範囲になってきているように見えます。

 

ただ

「無料」

という部分だけ見て飛びつくと、あとになって

「詐欺じゃないの?」

と思うことになりかねませんから、必ず

「この会社はどこで儲けようとしているのか」

ということを把握してから契約するようにしましょう。

契約内容をよく読んで見たら、

「無料じゃない」

と気づけるでしょう。

そこに契約前に気づくのと契約後に気づくのでは、大きな差があります。

店頭では考える暇を与えず契約につなげようとしてきますから、店頭での契約はかなり時間の余裕のあるときにしましょう。

時間があったとしても目の前に営業の人がいることで焦りを生じ、わかったふりで契約してしまうことも考えられます。

ですのでウォーターサーバーはウェブから契約するのが、落ち着いて考える時間をとれますのでおすすめです。

 

さて、個別のウォーターサーバーの評価については実際に使っている人にアンケート調査した結果がありますので、そちらが参考になるでしょう。

ウォーターサーバー評価176人アンケート調査結果!評判が良かったのは…

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

お金

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ローシュ

ローシュ

・らくらくらし運営責任者
・熊本出身在住
・一児の父
・九州大学経済学部経済工学科卒

塾講師、介護職、食品製造業を経験したのち、より世の中に役立てるよう、インターネット事業に専念している。

アンケート調査楽しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 遅い車が前にいて、道を譲ってくれなくて迷惑!そんなときどうする?

  • 車の運転中に煽られたときの対処!煽られる車・煽られない車とは?

  • 男性の育休取得は世の中に理解されていない!

  • 一人暮らしで就活ストレス?サクッと解消するための考え方!