1. TOP
  2. 家事
  3. 知ってる?ちょっと高めのコインランドリーの賢い使い方

知ってる?ちょっと高めのコインランドリーの賢い使い方

家事
 

コインランドリーといえば、一人暮らしで部屋に洗濯機を置いていない人のためのものという考えが一昔前までは主流でした。

そして現在、コインランドリーの進歩も進みました。

「便利だ」

と聞いて

「使ってみよう」

と思っても、どんなことができるのかわからなかったりしていませんか?

そこで今回は、洗濯・乾燥の効果は優れているけれどちょっとお高いコインランドリーの意外で便利な使い方と、その特徴を紹介します。

また、コインランドリーの基本的な使い方は、一番下の小見出しに動画をつけておりますので、それをご参照ください。

スポンサーリンク

 

こんなとき、コインランドリーが使える!

長雨時の洗濯・乾燥に

天気が悪いのに容赦なく溜まっていく洗濯物。

部屋干ししても嫌な臭いがついて、イライラが募ります。

そんなときにはコインランドリーへ!

数日分まとめて洗濯すれば、コストも気になりません。

 

ふわふわタオルが実現!

タオル

「柔軟剤や干し方、いろいろ工夫したけれどタオルがふわふわにならない」

という方、いらっしゃるのではないでしょうか。

実は、コインランドリーの乾燥機ならタオルは間違いなくふわふわに仕上がります。

その秘密は、ガス乾燥機ならではの高温温風と、大きなドラム。

ドラムの中で舞い上がりながら、タオルの毛の1本1本までふわっと立つんです。

洗濯だけ自宅でするようにすれば、費用が抑えられるほか、好きな柔軟剤の香りも付けられるのでオススメです。

 

ワイシャツがシワなく仕上がる!

本来は自宅で洗濯できるワイシャツですが、アイロンがけが面倒だからとクリーニングに出している方も多いようです。

形状記憶シャツも一般的ですが、全くアイロンを掛けないというわけにはいきませんよね。

ところが、コインランドリーの高温乾燥機で乾かせば、シワひとつない仕上がりになります。

ただし、シワは冷えるときに定着するので、ぐちゃぐちゃのまま放置されればやはりシワになります。

乾燥が終わったらすぐに取り出し、ハンガーに吊るすのがポイントです。

 

布団や毛布等の大物の洗濯に本領発揮!

大容量の洗濯機ならではの使い方です。

  • 布団
  • 毛布
  • こたつ布団
  • カーテン

など、自宅の洗濯機には入らないものも洗えるのがコインランドリーの魅力です。

洗う前には洗濯表示を見て、水洗いできることを確認してくださいね。

さらに嬉しいのが、乾燥機の高温。

通常80~120℃まで温度が上がりますので、ダニやカビを確実に駆除することができるんです。

天日干しよりも効果がありますので、定期的に利用したいですね。

 

ダウンジャケットの洗濯・乾燥に

クリーニングに出すと高い料金を取られるダウンジャケット。

実は、家庭で水洗いすることができます。

よく聞かれるのが、

「家で洗ったらぺちゃんこになった」

という失敗談。

ダウンジャケットの洗濯で肝心なのは、乾かし方なんです。

コインランドリーの乾燥機を使えば、元通りふっくら仕上げることができますよ。

注意するのは、乾燥機の温度

ダウンを傷めないよう、低温に設定します。

また、ダウンの偏りをなくすため、時々取り出してかたまりをほぐしてあげましょう。

乾燥機の中にテニスボールを数個入れると、ドラムの回転によってポンポンと叩いてダウンをほぐしてくれるという裏技もあります。

デリケートな衣類ですので、放置はせず立ち合いのもと乾燥してください。

 

スニーカーの洗濯・乾燥に

スニーカー

店舗によっては、スニーカー専用の洗濯機が設置されていることもあります。

大人サイズの靴でも1度に2~3足洗えるので、家族にいつでも清潔な靴を履いてもらうことができます。

お子さんをお持ちの方にもおススメです。

 

コインランドリーを上手に使うテクニック

ここで、ちょっとしたテクニックを紹介します。

  • 両替機がないこともあるので、小銭の準備を忘れずに…
  • 日常使いなら、洗濯は自宅で。乾燥機だけ使えばコスト削減!
  • 乾燥時に乾いたバスタオルを1枚入れれば、水気を吸い取って時間が短縮できます
  • 静電気解消には備え付けのリンスシートを
  • 乾燥は短い時間から。乾き具合をみながら料金追加すれば無駄がありません
  • 洗濯・乾燥が終わったらすぐに取り出しを。マナーはもちろん、放置すれば嫌な臭いやシワの原因になります。

 

最近のコインランドリーの特徴

キレイ!

現在主流となっているコインランドリーの特徴として、入りやすさが挙げられます。

正面は全面ガラス張りとなっており、安心感も高いです。

店舗によっては、常駐の管理人がいたり、靴を脱いで上がるシステムだったりと、衛生面への配慮が感じられます。

 

快適!

また、最近増加傾向にある大型店ではベンチの数も多いので、待ち時間も気まずくありません。

女性一人でも居心地の悪さを感じることなく、雑誌やマンガを読みながら快適にすごせます。

 

プロ仕様の機械!

家庭ではお目にかかることのない、大きな洗濯機・乾燥機がずらりと並んださまは圧巻です。

一般的に、中型と呼ばれる洗濯機・乾燥機で12~17kg、大型で22kg~30kgの衣類が洗濯、乾燥できます。

洗濯機は、洗剤・柔軟剤を適切な量・タイミングで自動投入してくれます。

小袋の洗剤などを用意しなくてもいいので便利です。

 

また、コインランドリーの乾燥機はガス乾燥式。

高温の熱風を送り込むため、家庭用の電気式乾燥機とは比較にならないくらい乾きが早いです。

殺菌効果もあるため、嫌な臭いもありません。

 

高い…

旧式のコインランドリーであれば100円玉で洗濯ができましたが、最新のコインランドリーでは洗濯から乾燥までで1,000円程度かかってしまいます。

これはもはや「コイン」と名乗れないのでは?

スポンサーリンク

 

基本的な使い方の参考動画集

洗濯乾燥機

 

洗濯機

 

2段式乾燥機

 

乾燥機

動画出典:Youtube

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は便利なコインランドリーの使い方を紹介しました。

色んな場面で使えますね。

ちょっと高めですが、それも使い方次第ですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

大型の洗濯乾燥機

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。
家事系の記事が得意です。
普段は物静かですが、文章はテンション高めです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • おはじきの名前はどっちかと言うとスタンプが楽。シールは剥がれる手書きは地獄。

  • 竹ちくわの食べ方。竹を抜くならいろんな調理もできるけど…

  • 芝麻醤と練りごまの違いと、おいしい使い分け

  • 洗面器の水垢は、汚れの原因によって落とし方が変わります