1. TOP
  2. 家事
  3. 洗面器の水垢は、汚れの原因によって落とし方が変わります

洗面器の水垢は、汚れの原因によって落とし方が変わります

家事
 

洗面台の水受け部分の洗面器の水垢や、お風呂で使う洗面器の水垢、きれいに落としてしまいたいですよね。

そしてできれば水垢なんてつかなければ、それが一番ですよね。

ということで今回は、洗面器の水垢の落とし方と、予防のためにできることを紹介します。

 

洗面器の水垢の落とし方

純粋な水垢であれば、白っぽいものです。

そのときは今から紹介する方法で落とせます。

 

水の中のミネラル(カルキとも呼ばれます)が残されて固まったものですから、ただこすっても落ちにくいんですよね。

しかしこれはアルカリ性の水垢ですので、酸で溶かせます。

 

酢でしたらほとんどの家庭にあるものでしょうから、ひとまずは酢を試してみましょう。

ティッシュや布にしみこませて、気になる部分に30分ほど貼り付けて、やわらかいスポンジ等で軽くこすりましょう。

 

それで落ちなければ、クエン酸か、クレンザーを使いましょう。

クエン酸は酸性ですから、酢と使い方は同じです。

ただ、クエン酸であれば調合を変えれますし、酢より強い酸性にできますのでおすすめです。

 

確実に落とすなら、クレンザーです。

液性は商品によって異なりますが、クレンザーには研磨剤が入っています。

そう、“化学反応じゃなく、物理的に削ぎ落す”ことが可能なんです。

できれば液性は酸性のものを選んだ方が水垢が落ちやすいです。

例えばつぎの商品は酸性のクレンザーです。

 

ただし研磨剤が入っているので強くこすると洗面器に傷がつきやすいです。

傷ができた部分には水や汚れが残りやすくなってしまいますので注意が必要です。

やわらかいスポンジや布で、やさしくこすりましょう。

 

洗面器の湯垢の落とし方

これも水周りのことですから、広く言えば水垢です。

しかし「湯垢」と言っても、みなさん認識がまちまちで、正確にお伝え出来ないことがあります。

ですのでここでは、

  • ミネラルと石鹸でできた湯垢
  • 皮脂でできた湯垢

にわけてお話します。

 

ミネラルと石鹸でできた湯垢の落とし方

これも白っぽい汚れになります。

見た目は純粋な水垢に近いですが、性質が違います。

ミネラルと石鹸中の成分が化合して、酸性になっているのです。

つまり、酸では溶かせませんが、アルカリ性のもので溶かせます。

 

ご家庭にあるかもしれないものとしては、ベーキングパウダーです。

主成分としては重曹と同じ、炭酸水素ナトリウムであり、アルカリ性です。

水に溶かしてティッシュや布にしみこませて、30分ほど貼り付けておきましょう。

そのあとやわらかいスポンジや布でこすれば、軽めの湯垢なら落ちます。

 

これで落ちないときは、ホーミングのクリームクレンザーがおすすめです。

研磨剤が入っていますし、液性は弱アルカリ性ですからピッタリです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花王 ホーミング クリームクレンザー 400g
価格:213円(税込、送料別) (2017/8/28時点)

 

皮脂でできた湯垢の落とし方

これは汚れの質が特徴的です。

水をかけるとヌメヌメします。

放っておくと皮脂を栄養にして、カビが生えます。

そうなると色は黒だったりピンクだったり、カビの色になります。

 

早い段階でしたら、バスマジックリンで落とせます。

 

時間が経ってカビになってしまうと、カビキラーの出番になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カビキラー(400mL)【カビキラー】[掃除用洗剤 カビ掃除]
価格:378円(税込、送料別) (2017/8/28時点)

 

時間がたった汚れは複合して、何層にもなっている

こうやって洗面器の水垢の落とし方を調べていらっしゃるということは、今まであまり洗面器の水垢掃除をしてこなかったということですよね。

時間が経っているということは、原因はひとつだけではなくなっています。

 

純粋な水垢、ミネラルと石鹸でできた湯垢、皮脂でできた湯垢、それらが層になり、積み重なっています。

ということは、ひとつの方法で落ちるものではありません。

 

丁寧にやるのでしたら、全部の方法を組み合わせて、ひとつひとつ層をはがしていく必要があります。

このときはカビキラーをはじめとする「混ぜるな危険」には気をつけてくださいね。

ひとつの方法を終えるたびに、一度水で流してリセットする必要があります。

 

面倒でしたらクレンザーで物理的に削ぎ落すことも可能ですが、素材が傷む可能性が高まります。

 

洗面器の汚れの予防

できれば面倒な水垢落とし、したくありませんよね。

最初から水垢がつかなければ、掃除の手間はかかりません。

ということで、ここからは予防のお話です。

 

純粋な水垢、ミネラルと石鹸でできた湯垢、皮脂でできた湯垢、全部に共通する原因は水気です。

つまり、洗面器を使ったあとにサッとすすいで水気をふき取るようにするだけでOKなんです。

 

それが面倒でしたら、コーティングをしておくと汚れが付きにくくなりますよ。

DIYも簡単です。

シリコーンコーティング剤とフッ素コーティング剤が一般的で、フッ素コーティングのほうが油汚れもはじき、長持ちしやすく、そのぶんお高いという特徴があります。

シリコーンとフッ素のどちらも入っているものもあります。

つぎのコーティング剤は乾燥に時間がかかりますが、耐用年数を考慮すれば、かなりコスパがいいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

洗面用 コーティング剤(1セット)
価格:1270円(税込、送料別) (2017/8/28時点)

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、洗面器の水垢の落とし方のお話でした。

水垢の原因によって落とし方が変わります。

しかも時間が経っていると原因は複合し、水垢は何層にもなっていますから、落とすときもひとつの方法では難しくなります。

 

クレンザーを使えばすべて物理的に落とせますが、素材に傷がつきやすくなります。

時間が経ってしまうと大変になりますから、早めに対処しましょう。

 

予防もしておけば、そもそも水垢がつきにくくなります。

洗面器を使うたびに水気をふき取るか、コーティングしておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

洗面器

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。

家事系の記事が得意です。

普段は物静かですが、文章はテンション高めです。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 片付けのやる気が出ない人のモチベーションをアップし維持する6つの方法

  • おはじきの名前はどっちかと言うとスタンプが楽。シールは剥がれる手書きは地獄。

  • 竹ちくわの食べ方。竹を抜くならいろんな調理もできるけど…

  • 芝麻醤と練りごまの違いと、おいしい使い分け