1. TOP
  2. 食器用洗剤でカサカサ手荒れが起こる!その原因と対策とは

食器用洗剤でカサカサ手荒れが起こる!その原因と対策とは

家事
 

日々の食器用洗剤手荒れに悩んでいる方は、多いのではないでしょうか。

「このくらいのカサカサならまだ平気」と、そのままにされている方もいるはずです。

ここでは手荒れの対策方法をご紹介していきましょう。

手荒れの症状が軽いうちに対策を試みれば、悩んでいた手肌とはサヨナラ出来ますよ!

 

sponsored links

手荒れ防止に救世主!

食器洗用洗剤及び水(湯)は、食器の汚れを落とすだけではなく、実は「手の皮脂も取ってしまう」のです。

では、それらからどの様に手肌を守ればいいのでしょうか。

 

洗い桶を利用しよう

洗い桶に冷たい水を入れ、そこへ洗剤を溶かします。そこで食器を洗っていきます。

水なので湯よりも荒れません。洗剤も薄くなっているので、そこまでは荒れません。

 

…でも冷水は無理、まだ手が荒れる、と言う方の救世主はこちら!

 

手にゴム手袋でバリアーを

手荒れの原因に直接触れないのが、一番効果的ですよね。そう、ゴム手袋をしてガードするのです!

ここでゴム手袋を使用する際のポイントです。

 

ゴムのアレルギーがあるかどうか

ゴム手袋

皮膚が弱い方、ゴムが合わない方は、かえって手が荒れてしまう場合があります。

その場合は、ゴム手袋の中にコットンの手袋をしてみましょう。ポリエステルの手袋もあります。

 

ゴム手袋使用後はきっちり乾燥

使用したゴム手袋を、ポンと置いたままは厳禁です。雑菌が繁殖してしまいます。

表だけではなく、内面も知らず知らず濡れていますので乾かしましょう。

 

手のサイズに合ったゴム手袋を

素手の細やかさにはやはり敵いません。是非、ご自分の手のサイズに合った手袋をお使いください。

私はサイズがあわない手袋をしてたばっかりに、お皿を落として割ったことがあります。

 

思い切って使い捨て

今はドラッグストアや100均一でゴム手袋を売っています。これを使い捨てに使用します。そのつど使用なので清潔ですよね。

 

ハンドクリームを上手に活用

ハンドクリーム

洗い終わったら、時間を置かずにハンドクリームを塗りましょう。

手に付いた水が蒸発する際に、手の水分を一緒に蒸発させてしまいます。ここで一石二鳥のケアをご紹介しましょう。

 

ハンドクリームを塗ってから使い捨てのゴム手袋をする

薄くハンドクリームを塗ってから手袋、そしてぬるま湯で洗い物をしてみましょう。そうするとしっとりしますよ。

使い捨てゴム手袋を使用するのは、内部にハンドクリームがついてしまうからです。

 

sponsored links

手荒れの原因はやっぱり食器用洗剤だった?

食器洗いには、水(お湯)と食器用洗剤が切り離せませんよね。

と、言うことは…「もしかしたら食器用洗剤が手荒れの原因?」とピンと来た方もいらっしゃるでしょう。

そうなのです。実は食器用洗剤は食器の汚れを落とすだけではなく、「手の皮脂も取ってしまう」のです。

そして、洗う行為は「食器用洗剤が直接手に触れる」ことにもつながるのです。

水や湯は、手の毛穴を開かせます。そこへ食器洗いをすると、どうなるでしょうか?

食器用洗剤の使用で、さらに皮脂を奪ってしまうことは想像に難くないですね。

 

食器用洗剤の中身は何か知っていますか?

首をかしげる女性

多くの方が食器を洗うのに使用しているのは「合成洗剤」ではないですか?

そこには洗う力を強めるために、さまざまな成分が入っているのをご存知でしょうか。

例えば「界面活性剤」や「殺菌剤」などの成分が入っています。

最近では洗った時の香りが良いものをとして、「香料」も入っています。

 

界面活性剤とは

水と油は交わらないですよね。これらの様に、2つの混じり合わない物質間に「界面(表面とも言います)」があるのです。

その界面を上手く取り持ち、混じり合わせることが出来るものが「界面活性剤」なのです。

 

食器洗いに置き換えてみると…

洗い物をする時の「水」「空気」の界面と、汚れ「油」の界面があります。

そこへ食器用洗剤(この場合は合成洗剤)が取り持ち混じり合い汚れを落とすことになります。

 

食器洗用洗剤を選ぶ時のポイント

指し棒を持つ女性

食器洗い用洗剤も手肌をいたわる点に注力されたものが、数多く販売されるようになってきました。

また、界面活性剤を含まれていない洗剤・天然成分による洗剤が多く販売されています。

今は、汚れ落としに注力・手荒れ防止に注力など様々なラインナップがあります。

これらをいろいろ是非試していただき、ご自分に合う洗剤を見つけてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちょっとした工夫で、手荒れの予防をすることができます。意外と手元には目が行くものです。

ハンドケアをして、綺麗な手の自信をつけましょう。

 

合わせて読みたい台所記事

氷がカビる!?自動製氷機の掃除は冷蔵庫部分がカギ!

【キッチン収納術】100均グッズ32選!これで必ず片付く!

魚焼きグリルをキレイに保つ掃除のコツ!ぎとぎとスッキリ

ライター紹介 ライター一覧

ひつじ

ひつじ

健康情報とマナーに一家言あるライター

ハンドルネームはひつじ年生まれのため

この人が書いた記事  記事一覧

  • どんなに寝てもスッキリしない?短時間で質のいい睡眠をとる方法

  • 妊娠検査薬はいつから使える?反応する時期を教えます!

  • 結婚式&披露宴、二次会における服装のマナーとは?【女性編】

  • ムートンブーツの手入れの方法はこちら!シーズンオフ&日ごろのケア