1. TOP
  2. 住居
  3. 【ゴキブリ対策ハーブ】赤ちゃんやペットがいても安心!

【ゴキブリ対策ハーブ】赤ちゃんやペットがいても安心!

住居
 

誰からも嫌われているゴキブリ。

ゴキブリと同じ屋根の下に暮らしていると考えるだけでも恐ろしいという方もいらっしゃることでしょう。

あれやこれやとゴキブリ対策を試していらっしゃるかもしれませんね。

さて、今回はゴキブリ対策ハーブのお話しです。

スポンサーリンク

ゴキブリ対策にはどんなハーブが効くの?

観賞用、また食用や香りを楽しむためのハーブなら、自分の好みのハーブを育てることができるでしょう。

しかし、ゴキブリ対策にハーブを活用するならそうはいきません。

いったいどんなハーブがゴキブリ対策に効果を発揮するのでしょうか?

まずは、そのお話です。

 

ゴキブリの鋭い嗅覚に訴えるきつい香りのハーブを選ぼう

人間以上に嗅覚の鋭い生物であるゴキブリ。

そんなゴキブリですから、きつい香りのハーブをことさら嫌います。

きつい香りのハーブには色々種類がありますが、特にニホンハッカやペパーミントなどのシソ科のハーブや、セリ科のキャラウェイやレモングラスなども、ゴキブリにとっては苦手なにおいを発するようです。

また、一般的なラベンダーやローズマリーでもまずまずの効果を発揮しますので、ハーブを育てるのを楽しみながらゴキブリ対策をすることができるでしょう。

 

育てやすいハーブはどれ?

ラベンダーやローズマリー、ミントなどは育てやすいハーブと言えるでしょう。

また、ゼラニウムやレモングラスなども、ゴキブリ対策に効果を発揮するハーブですが、一方で大変育てやすいハーブであると言えます。

セリ科のクミンやセロリなども、ゴキブリ対策には効果的ですが、育つ環境を選ぶハーブであるため、どのご家庭でも育てられるというわけにはいかないかも知れません。

 

ゴキブリ対策にどうやってハーブを使うの?

つづいては、ハーブの使い方の話です。

効果的にゴキブリを家から追い出すため、もしくはゴキブリの侵入を防ぐために、いったいどのようにハーブを活用すればよいのでしょうか?

 

ゴキブリの侵入しそうな場所にハーブを置く

窓辺

窓辺やベランダなどでハーブを育てている方は多いかも知れません。

日当たりが良い場所であるため、ハーブの成長にとって良いだけではなく、外からゴキブリが侵入するのを防ぐ点でも効果があるでしょう。

また、ラベンダーなどをポプリにして、気になる水周りや、ゴキブリが出没しそうな場所に置いておくのも良いでしょう。

ポプリを使用する際に気をつけたいのが、定期的にフレッシュなものに置き換えることです。

そうすれば、ゴキブリの嫌いなにおいをずっと発しているため、ゴキブリ対策に効果があると言えるでしょう。

 

ゴキブリの入ってくるところについては、つぎの記事に詳しく書いてあります。

設置場所の参考になると思います。

【ゴキブリの侵入経路】○○○を封鎖せよ!

 

ハーブは本当に効果があるの?

ゴキブリは図太い神経を持っている生物であるため、たとえ苦手なものがあったとしても、

「しばらくすれば慣れてしまう」

と一般的に言われています。

そのため、ハーブの香りにも慣れてしまい、ゴキブリ対策にハーブはあまり効果的ではないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、ゴキブリ個体の強さによっても、順応性のあるものとそうでないものが存在するでしょう。

しかしながら、一度ゴキブリ対策用にハーブを植えたら、それっきりにするのではなく、定期的にゴキブリの嫌いなハーブを植え替えるなどの工夫をしてみるなら、やがてゴキブリが姿を見せることはなくなるのではないでしょうか。

 

自然なものだから家の中に置いても安心!

ゴキブリを駆除するために、市販の薬剤を使用される方もいらっしゃるでしょう。

その方法であれば、簡単かつ手っ取り早くゴキブリを家から追い出せるかも知れません。

ですが、もしも家の中になんでもまず口に入れて確認する赤ちゃんや、床やカーペットを舐めるペットがいたとすればどうでしょうか?

ゴキブリを追い出すために使用した市販の薬剤が、家具やカーペットなどに残っている可能性はまったくないとは言えないでしょう。

そのため、ハーブをゴキブリ対策として活用するご家庭もあります。

ハーブであれば、たとえ家の中に置いておいたとしても、身体に悪影響を与えることはないため、安心できると言えるでしょう。

※一部、妊娠中は避けた方が良いとされるものもあります。あなたが妊娠していたり、妊婦さんが家庭にいらっしゃるときはハーブの専門家、または信頼できる人に相談しましょう。

 

ハーブでゴキブリ対策すると、見た目もオシャレに!

市販の待ち伏せタイプのゴキブリ駆除薬は、お世辞にも見た目がオシャレとは言えないでしょう。

また、来客が駆除薬が置かれているのを見たときに、

「ゴキブリが出る家なのか」

と、不快な気持ちにさせてしまうことだってあるかも知れません。

駆除剤の代わりにハーブがおいてあったとしても、パッと見は誰もゴキブリ対策のためにハーブを育てているとは思わないことでしょう。

そのため、オシャレにゴキブリ対策がしたいのであれば、ハーブを活用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はゴキブリ対策ハーブのお話でした。

赤ちゃんやペットがいても安心なハーブ。

効果的なものや、効果的な使い方もお話ししてきました。

まずは育てやすいものから試してみてはいかがでしょうか?

 

ゴキブリ対策おすすめ記事

ゴキブリの巣になりやすい家の中の5つの場所!効率良く駆除するために!

エアコンにゴキブリが?! そんなときの対策法とは?

【ゴキブリ対策アロマの効果】これでゴキブリにサヨナラ!って本当?!

ゴキブリ退治に洗剤は効果アリ! 殺虫剤がなくてもOK!

ゴキブリを掃除機で吸い込んだ! そのあとどうする?

ゴキブリ退治に熱湯! お風呂場や流し台で出会ってしまったときに!

 

片づけもしておいたほうが、ゴキブリは住みにくくなりますよ

【キッチン収納術】100均グッズ36選!これで必ず片付く!

「片付けられない」あなたに贈る!やる気をアップする6つの方法

部屋が汚いのは病気のせい?片付けられない症候群について

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

ハーブ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。
家事系の記事が得意です。
普段は物静かですが、文章はテンション高めです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • おはじきの名前はどっちかと言うとスタンプが楽。シールは剥がれる手書きは地獄。

  • 竹ちくわの食べ方。竹を抜くならいろんな調理もできるけど…

  • 芝麻醤と練りごまの違いと、おいしい使い分け

  • 洗面器の水垢は、汚れの原因によって落とし方が変わります