1. TOP
  2. 一人暮らしにおすすめ!冷蔵庫の選び方【容量やサイズ等徹底ガイド】

一人暮らしにおすすめ!冷蔵庫の選び方【容量やサイズ等徹底ガイド】

住居
 

進学や就職で、いよいよ始まる一人暮らし

買いそろえたいものも多いでしょう。

その中でも大物、冷蔵庫

カタログを見てもお店で見ても、

容量はどれくらいがいいのか?」

等々の思いがわいてきますよね。

そこで今回は、一人暮らしの冷蔵庫の選び方をお教えしていきます。

容量以外にも、気をつけておきたいポイントがいろいろとあります。

さあ、快適な一人暮らしへの第一歩です。

sponsored links

 

生活スタイルで容量が決まる

1人当たりに必要な冷蔵庫の容量は、70L(リットル)とされています。

買い置きすることも考えると、一人暮らしでは80~140Lの容量が一般的です。

しかし冷蔵庫の使い方は、生活スタイルによって大きく異なります。

  • 自炊を頻繁にする人
  • 飲み物だけ冷やせればいい人
  • 冷凍食品をよく利用する人

など、どのように冷蔵庫を利用するのかをまず考えてから、容量を決めると良いです。

容量少なめでいい人

冷蔵庫

「外食や弁当がほとんどだから家には飲み物が冷えていればいい」

というのであれば、80L以下の1ドア保冷庫でもいいのです。

容量多めがいい人

逆に頻繁に料理をする方であれば、250L程度の容量があってももてあますことはないでしょう。

 

冷蔵と冷凍の割合

冷蔵と冷凍の割合も重要なポイント。

小型冷蔵庫でも、冷凍庫を下段に大きく取り、引き出し型としているものもあります。

食材を上手にストックすることは、一人暮らしの達人への近道!

多少の値段差なら冷凍スペースの大きいものを選ぶことをおススメします。

 

設置場所を考える

サイズやコンセント

どんな冷蔵庫だって、置けなければ意味がありません。

購入前には設置場所を確認し、サイズやコンセントの位置をチェックしておくことが必須です。

冷蔵庫は庫内を冷やす代わりに、熱を発生する家電です。

放熱スペースを確保しないと冷えが悪くなることもありますので、側面や上部に余分を持てるようなサイズを選びましょう。

 

ドアを開けるとき

うっかり忘れてしまうのが、ドアを開けるときのこと。

ドアをきちんと開けられるだけのスペースがあるかも考慮に入れておきましょう。

壁際に設置する際は、右開き/左開きの使いやすい方を選びます。

設置場所によって開き方を変えられるものを選べば、引っ越しのときも安心です。

 

搬入経路は大丈夫?

ドア

大きめの冷蔵庫を購入する予定の方は、搬入通路にも気を配りましょう。

「部屋には置けるがドアを通らない…」

なんて失敗がないようにしましょうね。

 

デザインも大事なポイント

家電の中では大きなものに入る冷蔵庫。

存在感が大きいだけに、デザインも慎重に考えましょう。

最も無難なのは、壁紙の色に合わせて選ぶこと。

白やアイボリーは清潔感もあり、壁紙と合わせることで圧迫感もありません。

シルバーの冷蔵庫は、料理上手に見せる効果アリ!

電子レンジや炊飯器なども同じカラーで統一すると機能的でスッキリしたキッチンが作れます。

モノトーンが基調のシックな部屋を目指すなら、冷蔵庫もブラックで。

そのほかにも、

  • 赤や黄色など何色ものカラーバリエーションから選ぶことができる商品
  • 丸っこいフォルムでレトロな雰囲気をかもし出した商品
  • 家具と見間違えるような木目調の商品

など、さまざまな冷蔵庫が販売されています。

冷蔵庫に遊び心を発揮できるのも、一人暮らしならではの楽しみかもしれませんね。

 

見落としがちな冷却方式

冷蔵庫の冷却方式には、直冷式とファン式があります。

庫内壁面が直接冷たくなるのが直冷式冷たい風が送風されるのがファン式です。

それぞれメリット・デメリットがあります。

 

直冷式

まず、直冷式冷蔵庫と切っても切れない関係なのが、霜取り

直冷式で冷凍機能を使うと、庫内に霜がついてしまうのは防げません。

定期的(1ヶ月~半年に1度)に霜を取らないと、中でどんどん大きくなっていき、スペースがなくなっていきます。

霜取りは、ヘラなどで無理やり取ると庫内を傷つけ故障の原因になるため、電源を切って溶かすことが推奨されています。

となると水も流れ出すということになり、かなりの手間です。

 

ファン式

ファン式であれば、霜はつきません。

しかし、直冷式と比較するとファンの運転音がうるさいという欠点があります。

一人暮らしでは、キッチンとベッドが近い位置になることも多いので、心配な方は静音性を確認しておきましょう。

 

一般的には、小さな容量は直冷式・大きな容量はファン式で、110Lくらいの容量から方式が切り替わっています。

「霜取りが絶対に嫌!」

という方は、大きめの冷蔵庫を選ぶ方が無難でしょう。

sponsored links

 

その他のチェック項目

省エネ性能

年間を通してみると、家庭における家電で最も多く電気を利用するのは冷蔵庫なんです。

年中無休で食べ物を冷やし続けてくれているのですから当たり前かもしれません。

それだけに、省エネ性能の高いものと低いものでは、電気使用量に大きな差が出ます。

節約に気を配る方は、特にチェックしていただきたい項目です。

 

耐熱トップテーブル

電子レンジ

一人暮らしの限られたスペースの中では、冷蔵庫の上も貴重な収納スペース。

多くは、電子レンジやトースターの置き場になるのではないでしょうか。

しかし、ここで注意が必要。

冷蔵庫のトップテーブル(天板)が耐熱になっていないと、これらの加熱機器を乗せて使うことができません。

故障の原因になることもあるので、トップテーブルが耐熱になっているものを選びましょう。

 

ドアポケットのサイズ

どんなに料理をしない人でも、飲み物は冷やしますよね。

だからこそ、ドアポケットのサイズは重要。

例えば、同容量・同価格帯の商品でも、2Lペットボトルが2本入るものと1本しか入らないものがあります。

特に小さい容量の冷蔵庫を選ぶ方は、何をどれだけ冷やしたいか、具体的なイメージを持ってドアポケットのチェックをしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は一人暮らしの冷蔵庫の選び方をお教えしました。

いろいろと盲点もあったのではないでしょうか。

まずは、どういう生活スタイルでいくのかを考えたほうが、無駄のない家電選びができます。

あなたの一人暮らしが、より快適になりますように。

 

一人暮らしのための記事

一人暮らしの生活費節約方法。4つのポイントを押さえて無理せず!賢く!

一人暮らしで服は何着あればいいか。生活スタイルから考えよう!

一人暮らしのときに布団を敷きっぱなしにしてカビさせたあとの対処

女性一人暮らしのおしゃれなインテリアコーディネートの4つのコツ

一人暮らしの、部屋を片付けるために意識したい3つのコツ

一人暮らし女性100名に聞いた!「ユニットバスかお風呂とトイレ別か」

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。
家事系の記事が得意です。
普段は物静かですが、文章はテンション高めです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 賃貸でもOKな22の収納アイデア!【画像付きでよくわかる!】

  • 同居ストレス発散解消のための8つの心構え

  • 【キッチン収納術】100均グッズ42選!これで必ず片付く!

  • 【カーテンに発生したカビの落とし方】簡単なものから本気なものまで!