1. TOP
  2. 布団収納を楽にする!毎日でも楽々!長期保管も安心!

布団収納を楽にする!毎日でも楽々!長期保管も安心!

住居
 

布団の収納って、毎日やると大変ですよね。今まで毎日上げ下げしていた人は、お疲れさまでした。

衣替えで長期保管するときも押入やクローゼットがいっぱいで収納場所に困ったり…

今回は、そんな布団の収納を「楽にしたい」という気持ちをお持ちの方のためのお話です。

※賃貸にお住まいでしたら、つぎの記事のアイデアも収納の参考になりますよ。→賃貸でもOKな22の収納アイデア!【画像付きでよくわかる!】

 

毎日の布団収納を楽にする!

押入やクローゼットに余裕があるなら、その空間を利用します。例えば押入の下の段に収納するとして、つぎのようなアイテムがあります。

布団の上げ下げは腰にきますが、これはそんなに持ち上げなくていいので楽です。キャスター付きですので、出し入れもスムーズです。

全体の奥行が71.5cmですので、収納場所の奥行きは測っておくのがベターです。幅は83.6~115.6cmまで伸縮可能ですので、シングルの敷布団ならキッチリ納まります。

もし収納スペースに余裕がなければ、つぎのアイテムがおすすめです。

後付けの押入れみたいな感じです。これだと出しっぱなしになりませんので、ほこりが積んでしまうことも防げますね。

部屋自体のスペースに余裕があるなら上下をわけた状態で使って、その上でインテリアを楽しむのもいいですね。

 

「出しっぱなしでもいいや」というときでも、敷きっぱなしではスペースをとってしまいます。ほかの空間にゆとりをもたせるためには、つぎのアイテムが使えます。

簡単にふたつ折りできますから、毎日でもかなり楽です。ふたつ折りにして床に置いておくより、かなりスペースが広がります。

この上に布団を敷いて寝れば通気性が良く、布団に湿気がたまりにくくなります。床がフローリングでもOKです。

 

長期の布団収納を楽にする!

定番はやはり、布団圧縮袋ですね。掃除機なしでも圧縮できるタイプを紹介しておきます。

圧縮されることでより少ないスペースで収納可能になります。

でも圧縮して積み重ねておくと、取り出すときに困ったことが起きたりします。

そうです。

「下の布団を取りたいけど、上にいろいろのっかってて取り出しづらい…」ということが起きてしまうのです。

そこであるアイテムを使っておくことで、出し入れが楽になるんです。

さっき紹介しました、キャスター付きのラックです。立てて収納しておけば、目的のものを取り出しやすいのです。

 

もし質の良い羽毛布団をお使いでしたら、圧縮袋で圧縮すると羽折れが起きて、ふっくら具合が残念な状態になることも考えられます。

ふっくらした布団を維持したいなら、圧縮袋よりもこういったアイテムを使うのがいいです。

頑張って小さくして、バンドでとめるだけです。これなら羽折れはほとんどなく、つぎに使うときもふっくら使えます。

こういったアイテムは収納スペースがあれば使えますが、「もういっぱいいっぱい」というときにはほかの方法を考えることになります。収納場所に入れず、散らかっている印象を与えないようにできるんです。

例えばつぎのアイテム。

布団がソファに変身です。

ただし毎日使うとダニやカビが心配ですから、そのままでもいいのでたまには干して掃除機をかけましょうね。

 

一人暮らしで布団を敷きっぱなしにしていてカビさせた人の話は、つぎの記事です。あなたはこんな目に合わないようにしましょうね。→一人暮らしのときに布団を敷きっぱなしにしてカビさせたあとの対処

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、毎日の布団の収納から、長期の布団の収納まで楽にできるアイテムを紹介しました。

これで布団の収納が楽になりますね!

おめでとうございます!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

布団を抱える女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。
家事系の記事が得意です。
普段は物静かですが、文章はテンション高めです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 布団収納を楽にする!毎日でも楽々!長期保管も安心!

  • 【キッチン収納術】100均グッズ45選!これで必ず片付く!

  • ムワっと部屋が暑い!その原因と涼しく過ごす4つの対策とは?

  • 賃貸でもOKな22の収納アイデア!【画像付きでよくわかる!】