1. TOP
  2. キッチンリフォームのお手軽DIY術!誰でもできる3つのポイント

キッチンリフォームのお手軽DIY術!誰でもできる3つのポイント

毎日使うキッチンをお手軽にリフォームできたら嬉しいですよね。

でも、リフォームなんて大変そう。そんなふうに思ってはいませんか?

ここでは、キッチンでできるDIY術を3つ紹介します。

この3つを気をつけるだけで、見違えるようにスッキリしますよ。

※リフォームとまではいきませんが、簡単な収納術もたくさんあります。→【キッチン収納術】100均グッズ45選!これで必ず片付く!

sponsored links

3つのDIY術でキッチンをリフォームしよう!

初心者だけど、キッチンをDIYでリフォームしたい!

そんな方におススメしたいDIY術は、

  • 『リメイクシートを上手に使う』
  • 『カラボDIYで収納パワーアップ』
  • 『すぐできる!小物リフォーム』

の3つです。順番にご説明します。

 

『リメイクシートを上手に使う』の術

リメイクシートとは、裏に糊のついた壁紙状のシートのことです。

カッティングシートやインテリアシートともいわれます。

どこにでも簡単に貼ることができ、しかも後から剥がせるので賃貸物件でも使えるので、DIY女子に大人気のアイテムなんですよ!

木目調やタイル調など柄が豊富な上に、100均でも気軽に購入できるのも嬉しいですよね。

とにかくガラリと見た目を変えたい!雰囲気を一新したい!

そんな方におススメです。

 

【具体例】

リメイクシートは壁紙のように全面に貼ることもできますが、DIY初心者さんなら小さなエリアから始めるのがおススメ。

  • ガス周りにレンガ柄シートを貼ってカフェ風に
  • キッチン扉を木目調に変えて高級感
  • 暗色が多いレンジフードを明るいタイル柄に変えればキッチンが華やかに
  • 冷蔵庫に貼れば機械的な印象が一気に和らぎます

ちょっと派手な柄でも、限られたスペースなら思い切って使えますよね。少しの手間で大胆なリフォーム効果がありますよ。

 

『カラボDIYで収納パワーアップ』の術

カラーボックス

簡単DIYのおなじみアイテム『カラーボックス』、通称『カラボ』は、キッチンリフォームでも力を発揮します。

 

【具体例】

  • 底面にキャスター、側面に持ち手を付ければ移動可能なキッチンワゴンに
  • 数個並べて上に板を載せるだけで間仕切りにもなる収納付きカウンター
  • 食器棚や食材ストッカーにも。扉を付けてスッキリ衛生的に収納
  • バスケットなどを利用した見せる収納はカフェ風でおしゃれ
  • 数個積み重ねてシステム収納。底板と棚板を抜けばゴミ箱スペースもスマート

カラーボックスは、扉や引き出し、レールなど付属品も充実しているので、用途にピッタリあった収納スペースが簡単にDIYできますよね。

サイズも小ぶりで、ワンルームにもぴったりです。

 

『すぐできる!小物リフォーム』の術

キッチン小物

「不器用だから、大工仕事はハードルが高い」「ちょっとした手間でイメージを変えたい」

そんな方は、小物に工夫を凝らしてみませんか。

 

【具体例】

  • キッチン扉の取っ手を変える
  • スイッチプレートを変える
  • 吊戸棚にワイングラスホルダーを取り付ける
  • ワイヤーネットを壁にかけて壁面収納
  • 好きな柄の布を吊るしてカフェカーテン風に

タオル掛けや吸盤付きのフック、キッチンペーパーやラップ類のホルダーなど、キッチン小物は雰囲気がバラバラになりがちですよね。

私自身、

「カラフルでカワイイ」「シンプルなのがカッコいい」「木でできたものってオシャレ」

などとその時の気分によってキッチン小物を買い揃えていたために、気づけばキッチンの統一感が全くなくなってしまった……という経験があります。

そこで、「キッチンで目につくものは白とスチールに統一」というルールを決めたところ、見違えるようにスッキリして、印象も変わったんです。

リフォームを始める前に自分の目指すテイストを決め、小さなことから始めるといいかもしれません。

sponsored links

 

リメイクシートを上手に貼るポイントは?

キッチンリフォームのための簡単DIY術をご紹介しましたが、中でも一番難しく感じられるのは『リメイクシート』ではないでしょうか?

基本的な貼り方と、注意点・コツをおさらいしておきましょう。

 

【用意するもの】

  • リメイクシート
  • カッター
  • 定規
  • マスキングテープ
  • ドライバー・キリ・タオル・ヘラ・ドライヤーなど(必要に応じて)

 

【手順】

  1. 貼りつける場所の汚れやホコリなどを取る(小さなゴミも気泡の原因に…)
  2. 取っ手など、取りはずせるものははずす
  3. 貼りつける部分の寸法をはかり、3~4cmの余裕をもってリメイクシートをカットする
  4. 貼りつけたい場所に合わせ、マスキングテープで上部を押さえる(仮留め)
  5. はくり紙を、上から少しずつはがしながら貼りつけていく
  6. 曲面は、ドライヤーで加熱してシートが柔らかいうちに引っ張って貼る
  7. 最後に、ヘラや定規でシートの際を押さえながら余分をカットする
  8. キリなどで穴を開けて取りはずした取っ手などを取りつける

 

【ポイント】

リメイクシート

キレイに仕上げるためには、気泡が入らないように注意を払いましょう。

貼りつける部分にゴミや汚れがあれば気泡の原因になるので。事前にしっかり拭き掃除をすることが大切です。

はくり紙も一度にすべてはがしてしまうのではなく、少しずつはがしながら進めます。

ヘラや定規、タオルなどでこすって気泡を追い出しながら貼りつけていきましょう。

気泡が入ってしまっても、針で穴を開けて空気を逃がせば、リカバーできることもあります。

 

【向き・不向き】

リメイクシートが貼りやすいのは、タイルやガラス、プラスチック、金属、塗装した木材などツルツルした面です。

反対に、すりガラスや無垢の木材、コンクリート、でこぼこのある壁紙などは、リメイクシートが貼れないか、貼ってもすぐにはがれてしまう可能性があります。

セロハンテープやガムテープをぴったり貼ることができる場所なら、リメイクシートもしっかり貼りつきますので、確認してみてくださいね。

 

【動画】

動画出典:Youtube

 

まとめ

いかがでしたか?

キッチンリフォームの3つのポイントは、『リメイクシートを上手に使う』『カラボDIYで収納パワーアップ』『すぐできる!小物リフォーム』です。

これらを上手く利用して、キッチンを素敵にリフォームしてみてください。

 

合わせて読みたいキッチン記事

【キッチン収納術】100均グッズ45選!これで必ず片付く!

狭いキッチンをすっきり片づける!3つのコツで簡単おしゃれに!

魚焼きグリルをキレイに保つ掃除のコツ!ぎとぎとスッキリ!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

キッチン 女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。
家事系の記事が得意です。
普段は物静かですが、文章はテンション高めです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 布団収納を楽にする!毎日でも楽々!長期保管も安心!

  • 【キッチン収納術】100均グッズ45選!これで必ず片付く!

  • ムワっと部屋が暑い!その原因と涼しく過ごす4つの対策とは?

  • 賃貸でもOKな22の収納アイデア!【画像付きでよくわかる!】