1. TOP
  2. 女性の一人暮らしが危ない!防犯グッズや物件選び、行動の注意点は?

女性の一人暮らしが危ない!防犯グッズや物件選び、行動の注意点は?

住居
 

女性一人暮らしは、なにかと不安ですよね。特に空き巣や強盗に狙われないように、防犯には気をつけたいところです。

ここでは、女性の一人暮らしに役立つ、防犯グッズや物件選び、行動の注意点を紹介します。

日頃から気をつけておけば、安心して暮らすことができますね。

 

sponsored links

一人暮らし女性を守る!頼もしい防犯グッズ!

一人暮らしであれば、自分の身は自分で守らなければなりません。

そんなときに頼りになるのが防犯グッズです。気軽に購入できるものが意外に多いんですよ。

 

補助錠(玄関・窓)

玄関に1つしかカギがついていない物件でも、補助錠を取り付けることが可能です。

ドアに傷を付けずに取り付けられるものもあるので、賃貸でも安心ですよ。

窓用の補助錠はさらにお求めやすく、100円ショップでも購入することができます。防犯ベルなどと併用するとさらに防犯効果が高まります。

 

防犯ブザー

今や小学生が必ずランドセルに取り付けている防犯ブザー。女性も必ず持ち歩くようにしましょう。

バッグなど見えるところに取り付けて「持っている」ことがわかるようにすることが大切です。

 

防犯用ガラスフィルム

透明なフィルムを貼ることで、窓ガラスを割って侵入されるのを防げます。飛散防止の効果もありますので、地震などの災害対策としても役立ちます。

 

センサーライト

人の気配を察知してパッと明かりがつくセンサーライト。

ベランダなどに取り付けておけば、窓からの侵入者に対する威嚇効果が抜群です。ソーラータイプを選べば電気代もかかりません。

 

これから一人暮らしを始める女性必見!防犯対策から見た物件選びのコツ

家 防犯

防犯設備が充実した物件を選べば、安心して一人暮らし生活を満喫できますよね。物件選びのコツをご紹介します。

 

侵入されにくい部屋か

「1階は危ない」というのはもはや常識ですが、2階以上の部屋でも、配管や雨どい、自転車置き場の屋根などを伝って簡単に侵入できる場合があるのでチェックしましょう。

 

部外者が入れない仕組みがあるか

オートロックがあれば安心…と思いきや、簡単に破ることもできますので過信は禁物。

管理人さんがいる、防犯カメラがついているなどプラスアルファがあればなお安心ですね。

 

モニター付きインターフォンや宅配ボックス

玄関を開けずに応対できるインターフォンは、一人暮らしには必須です。

簡単に取り付けられてスマホで応対できる外付けインターフォンもありますので、自費で取り付けるのもいいでしょう。

 

防犯性能の高いカギ & 2ロック

ピッキング被害を防ぐ効果の高いカギが採用されていれば安心。

現状最もピッキングされにくいのは、ディンプルシリンダー錠と呼ばれるカギです。2か所で施錠する仕組みなら防犯性能がさらに高まります。

 

さらに、人通りの多い道を帰って来られる、街灯が多い、交番や夜遅くまで開いている店など逃げ込める場所が帰路にあるなど、立地面も確認しておきましょう。

昼と夜とでは印象が異なりますので、実際帰宅する時間帯の様子をチェックしておけば万全です。

 

最も大切なものは『防犯意識』!

女子高生 防犯

「管理がしっかりした物件に住んでいるし、防犯アイテムも身に付けているから私は大丈夫!」…そんな自信が一番危険かもしれません。

実は、犯罪に遭わないために最も必要なのは『心がけ』なんです。

つらい思いをしないために、用心はするに越したことはありません。代表的なものをご紹介します。

  • 家に入ったら即施錠!靴を脱いでいる間に押し入られた例もあります。
  • 就寝時や外出時は窓も必ず施錠しましょう。
  • 帰路は周囲に注意!イヤホンで音楽を聴いたり、夢中でスマホを見ていたりすると、後をつけられていても気づけません。
  • 遠回りでも人通りの多い道や、街灯が多く明るい道を歩く。
  • 無言で玄関を出入りしない。「ただいま」「いってきます」など声を出す習慣を。
  • 郵便箱はしっかり施錠を。鍵が付けられない場合は局留めという方法も可能です。
  • 簡単に玄関のドアを開けない。予定外の訪問者は居留守でもOK!
  • 宅配便は、誰から届いたのか確認してからドアを開ける。宅配ボックスがあれば活用。
  • オートロックがない場合は、ドアチェーンをしたままで対応。
  • 「○日まで旅行中!」など、SNSにリアルタイムで予定を書き込まない。
  • 個人情報が記載された書類はシュレッダーにかけてから捨てる。下着も捨てるときは刻むこと。

 

 

sponsored links

これで「一人暮らし」がバレている?NG行動をご紹介!

一人暮らし女性は、犯罪のターゲットになりやすいといえます。では、犯人はどうやって一人暮らしであることを見抜くのでしょうか。

なにげない行動の中にもヒントが潜んでいます。NG行動をまとめてご紹介しましょう。

 

コンビニの多用

一人暮らしでは、つい食事もコンビニに頼りがち。しかし、毎日帰宅途中に同じコンビニで一人分の食事を買っていれば、一人暮らしであることは一目瞭然です。

また、毎月公共料金をコンビニで支払う行為も、一人暮らしに典型的なようです。

 

洗濯物

毎日女性用の衣類が外に干されていれば、一人暮らしであることがすぐにわかってしまいます。

どうしても洗濯は外に干したいという方は、古典的手法ではありますが、お父様のパンツや彼氏のパジャマなどに頼るのも一案です。

 

カーテンなど窓まわり

女性らしいピンクのカーテンや、ぬいぐるみなどが飾られたかわいらしい窓辺は素敵ですが、若い女性が住んでいることを強調してしまうので防犯上よくありません。シンプルなものがよいでしょう。

 

表札や郵便物

フルネームで表札を出していれば、女性の一人暮らしであることは容易に想像ができます。また、郵便物を抜き取って住民情報を割り出す悪人もいるようです。

 

鍵を開ける行為

毎日自分で鍵を開けて家に入るということは、ほかに誰も住んでいないという事実と繋がります。人目に気を配りましょう。

 

一人暮らしの女性を狙った犯罪事例を知っておこう

犯人 男 泥棒

防犯対策にはまず敵を知れ!ということで、具体的にどんな犯罪が行われているかについて把握しておきましょう。

 

【帰宅途中に】

  • 人気のない道路でカバンをひったくる
  • 車に押し込んで連れ去り、暴行
  • 家まで後をつけ、玄関を開けたすきに部屋に押し入り暴行

 

【アパート・マンション内で】

  • 階段や駐車場、エレベーターなどに潜み、痴漢行為
  • 宅配便や水道工事などを装い、ドアを開けたところで部屋に押し入り、暴行
  • 入浴中や就寝中に、ドアや窓の鍵を壊して部屋に侵入し暴行

 

【不在時に】

  • ゴミを漁られる
  • 郵便物を盗まれたり、郵便箱に異物を入れられる
  • 下着泥棒
  • 空き巣被害(ブランド品などが狙われる)

 

まとめ

いかがでしたか?

学生でも社会人でも、日々のスケジュールは決まっていますよね。

犯人は、一人暮らしであることはもちろん、帰宅時間や不在時間をあらかじめ把握し、犯行に及んでいることが多いようです。

このような卑劣な犯行に遭わないためにも、ハード面・ソフト面ともにしっかりと対策を取りましょう!

 

合わせて読みたい一人暮らし記事

一人暮らし女性100名に聞いた!「ユニットバスかお風呂とトイレ別か」

一人暮らしの生活費節約方法。4つのポイントを押さえて無理せず!賢く!

一人暮らしのときに布団を敷きっぱなしにしてカビさせたあとの対処

【新生活スタート】狭い1LDKも快適!一人暮らしのレイアウト集

女性一人暮らしのおしゃれなインテリアコーディネートの4つのコツ

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

びくびくする女性 犯人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Knowledge

Knowledge

ほとんどのプロフィールを非公開とする、らくらくらし専属ライター。
家事系の記事が得意です。
普段は物静かですが、文章はテンション高めです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 布団収納を楽にする!毎日でも楽々!長期保管も安心!

  • 【キッチン収納術】100均グッズ45選!これで必ず片付く!

  • ムワっと部屋が暑い!その原因と涼しく過ごす4つの対策とは?

  • 賃貸でもOKな22の収納アイデア!【画像付きでよくわかる!】