1. TOP
  2. 【ストレートネック】その症状と、5分でできる改善ストレッチ!

【ストレートネック】その症状と、5分でできる改善ストレッチ!

健康
 

最近「肩や首が痛いな」と思っていたところに、ストレートネックの話を耳にしたあなた。

その症状を聞いて、「あ、私!」と思いあたったのでしょう。

そんなあなたに今回は、寝る前5分で終わる、ストレートネックを改善するのに役立つストレッチをご紹介します。

 

sponsored links

まずは、チェックしてみましょう

「もしかしてストレートネックなのかも」とテレビやラジオの症状をちらっと聞いて気になったあなた。自分がストレートネックかを確認する方法はとても簡単です。一度、チェックをしてみましょう。

始めに、背中を壁につけて立ってみてください。足は肩幅程度に開き、まっすぐ立つことを心がけます。

肩はきちんと壁につきましたか?

肩が壁についたら、後頭部が壁につくかも確認しましょう。

壁に後頭部が付かないあなたは、ストレートネックの可能性が大きいです。ここからお伝えするストレッチでストレートネックの改善を目指しましょう。

 

思い当る症状はいくつありますか?

本を読む女性

ストレートネックが原因と考えられる症状は、以下のようなものがあげられます。これらの身体の不調が起こっていてはいませんか?

  • 首の凝り、痛み
  • 頭痛
  • 肩の凝り、痛み
  • めまいや吐き気が頻繁に起こる
  • 肩や二の腕の部分のしびれ

あまりに症状がひどい場合は、自律神経失調症を引き起こすともあるようです。これらの不快な症状はストレートネックが原因であることの多いもの。

これらは、ストレッチをすることで軽減できます。

それでは実際に、ストレッチをしていきましょう。

 

寝たままストレッチ

バスタオルをまるめたものを準備してください。

  • バスタオルの上に首を置き、仰向けに寝ます。頭は床に直接ついている状態です。
  • 両肘から、手のひらまでを床と垂直に伸ばします。二の腕に少し力を入れましょう。
  • 顎を天井に向けてあげます。
  • 両腕を身体の方へ引きよせます。肩甲骨を狭める感じで行います。※背中は心持ち浮きますが、その体勢で良いです。
  • ぐーっと胸を広げるように背中をそらします。10秒ほどキープしたら、戻ります。

これを5回程度繰り返します。

※あまりやりすぎるとかえって首を痛めます。自分の身体を確認しながら行ってください。

 

あごを引いたまま上を向く

椅子に腰かけて行います。あまり深く座らず、浅めに腰掛けましょう。

  • 姿勢を正して腰かけます。
  • 顎を引いてください。
  • そのままゆっくり天井を向きます。できるだけ顎を引いた状態で行うようにしましょう。
  • そのまま5秒ほどキープします。

※ストレートネックの方は、顎を引いたまま天井を向くのが、とても大変です。首に痛みを感じるところまでは、頭を持ち上げないように気を付けてください。

 

動画紹介

動画出典:Youtube

 

胸をそらす

椅子に浅く腰かけて行います。

  • 姿勢を正して腰かけます。
  • 鎖骨に軽く手を添えましょう。
  • 両手で鎖骨を押すような気持ちで、胸をそらせます。そのときに、胸を上に上げるような意識で行ってください。
  • 5秒ほどキープして戻します。

1セット5回を繰り返します。

※胸をそらすときに、腰までそらさないように気を付けましょう。また、この動きは胸をプッシュアップする働きもあるので、バストアップも期待できます。

 

sponsored links

原因と予防

その昔、主婦に多かったストレートネック。最近は若い子がなっているとデータが出ています。その原因の多くは、スマートフォン。

画面に集中するために、前かがみのうつむいた状態になっている姿勢がストレートネックを招いています

また、前かがみで行う長時間のパソコン作業もストレートネックの原因のひとつ。

本来なら首から腰に掛けては背骨がS字のカーブの状態が正常なもの。それが、まっすぐになっていることで首や腰に負担をかけいます。いわゆる現代病というものですね。

思いあたる方、たくさんいそうですね。

ここでストレートネックの予防として気を付けたいのが姿勢。

いくら、ストレッチでストレートネックを解消しても、基本の姿勢が治らなくては、またまたストレートネックの症状を招いてしまいます。

まずは、自分の姿勢を見直すことも考えてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか? ストレートネックを解消するストレッチ。

ひとつひとつの動作は、簡単で手軽です。すぐにでも、チャレンジできるものばかり。

先ほども、お伝えしたようにストレートネックを引きおこすのは、前かがみの姿勢が多いことも要因のひとつです。今回お伝えしたストレッチは、姿勢を正しくする働きもあります。

ストレッチでストレートネックを改善しつつ、姿勢を正すことも意識しながら行ってみて下さい。正しい姿勢を身体に覚えさせて、ストレートネックの防止にも役立てていきましょう!

 

「もう少し体を動かしてみたい」と思ったら

スッキリ!四十肩・五十肩の解消・予防ストレッチ!

【猫背を治すストレッチ】背中シャキッ!眠る前5分でOK!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

蒼い魚

蒼い魚

ストレッチインストラクター。
約15年、企業で経理職を経験。週末だけのインストラクターを本業にし、現在はストレッチを教えています。
趣味は洗い物。知人の家で鍋を磨いちゃったりしています。くもったガラスなんかを見ると、磨かずにはいられない。これって趣味ですよね?

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【2週間で5キロ痩せるには】速攻で効果を出したいときに!

  • 【腰痛予防】辛い痛みを回避する!らくらく簡単5分間ストレッチ

  • 背中のこりで痛みが!その悩みはストレッチで解消しましょう!

  • ファスティングを成功させる!プチ断食野菜ジュースを詳しく解説!