1. TOP
  2. 健康
  3. 妊婦さんの頻尿・尿もれの4つの原因と3つの対策!

妊婦さんの頻尿・尿もれの4つの原因と3つの対策!

トイレの案内

「おトイレが近い

尿漏れがある」

妊娠してからそうなってしまい、

仕事を続けていらっしゃるなら、何度もトイレに行くのは、周りの人たちに迷惑をかけている気分になりますよね。

長時間のドライブもつらくなり、外に出ることも控えがちになりますよね。

ちょっと咳き込んだりした拍子に漏れ、ムレや臭いが気になりますよね。

 

対策はあるのでしょうか?

「完全に抑えることができる」とは言えませんが、原因を知って適切な対策をすれば、少しは抑えることができます。

それでは、妊娠中の頻尿・尿漏れの原因と対策いってみましょう。

妊娠中の頻尿・尿漏れの4つの原因

白衣の女性

1)黄体ホルモン

妊娠すると、黄体ホルモンの分泌量が増えます。

この黄体ホルモン、膀胱の筋肉をゆるめる働きがあります。

これが原因でおトイレが近くなったり、尿漏れしやすくなることもあります。

 

2)子宮が大きく

妊娠初期は子宮が大きくなり、膀胱が子宮と恥骨の間で圧迫されて頻尿になりやすくなります。

ちょっと膀胱に尿が溜まっているだけでも、おトイレに行きたくなるんですね。

中期になるとお腹は上部にせり上がるので、圧迫されづらくなり、頻尿はひとまず緩和されます。

中期は一安心なのですが、後期になるとさらにお腹は大きくなり、再び膀胱が圧迫されて頻尿になりやすくなるんです。

 

3)血流が増える

妊娠すると血流が多くなり、腎機能が活発になります。

そうすると、自然に尿の量も増えるんです。

 

4)冷え

震える女性

女性に多い、冷え症。

これも頻尿の原因になります。

とくに妊娠後期になると子宮が大きくなって下半身の血流が悪くなって冷えやすくなりますので、より頻尿になりやすいです。

 

上記がおもな原因です。

では、どういう対策が考えられるでしょうか?

妊娠中の頻尿・尿漏れの3つの対策

白衣の女性

妊娠中の頻尿・尿漏れは仕方のないことですが、多少緩和したり、もしものときに慌てたりしないように、できることはあります。

これらをご紹介していきますね。

 

1)体を温める

体が冷えると尿意がおきやすくなります。

夏場でも、お腹周りや足元は温めておきましょう。

腹巻や靴下は必需品です。

妊娠帯をしておくと、サポートにもなるので一石二鳥ですね!

 

足元を温めるには足湯という方法もあります。

むくみもある方にはオススメの方法になります。

ほかのむくみ解消法もありますので、むくみがある方はぜひ、つぎの記事も参考になさってください。

【むくみ解消法】臨月でもOK!赤ちゃんにも影響の少ないもの5つ

 

外側から温めると同時に、しょうがや根菜などの食べ物を積極的にとって、内側からも温めましょう。

妊娠中の食事については、つぎの記事も参考になるでしょう。

妊婦さん必見!妊娠中に好ましい食事、避けたい食事!

 

2)利尿作用の強いものを避ける

利尿作用の強いものといえば、カフェイン。

妊婦さんのカフェイン摂取量は1日200mgまでが望ましいということです。

普通のコーヒーカップで1~2杯といったところですね。

好きな人にはツラいところですが、妊娠初期や後期はそれ以下で抑えておくと、頻尿を軽減できる可能性があります。

 

妊娠中のカフェイン摂取についてもっと詳しく知りたい方は、つぎの記事が参考になるでしょう。

【妊娠中のカフェイン】摂取量の目安とその影響は?コーヒーは1日1杯?

 

また、なるべくホットで飲むということは上記の冷え対策にもつながりますので、夏場以外はオススメします。

 

3)尿漏れパッドやおりものシートを活用

こまめにトイレに行っていても、「笑った拍子に尿が……!」ということも十分あり得ます。

下着を汚さない予防策として、“尿漏れパッド”や“おりものシート”をつけておくと安心です。

とくに外出時はつけていたいところです。

 

おりものシートは使い方次第ではかぶれることがありますので、ぜひ、つぎの記事も参考になさってください。

【妊娠中のデリケートゾーン】おりものシートがかぶれの原因?

原因を知って、

「じゃあこうしたらどうなのかな?」

というアイデアも出てきたかと思います。

もしそれが、以下に紹介するものだったらやめておくことをおすすめします。

やめておいたほうがいい対策

水分をとらない

脱水症状になったら危険です。

ただしがぶ飲みするとトイレに行きたくなりやすいですから、少しずつ飲みましょう。

 

トイレに行くのを我慢する

膀胱炎になるかもしれませんので、トイレに行きたくなったら行きましょう。

すでに排尿時に痛みや残尿感があるようでしたら、早めに病院に相談しましょう。

 

ところで今、どれくらいの頻度でトイレに行きたくなりますか?

トイレに行く頻度

通常時、排尿回数は1日4~8回です。

あなたも妊娠前はその範囲だったと思います。

そして妊娠すると1日10回~12回、もしくはそれ以上に増えることがあるんです。

「5分おきにトイレ行きたくなるときもある」ということだってあります。

 

あまりに頻度が高いと、仕事やスムーズな生活に支障が出てしまいますよね…

とくに会社勤めだと、妊婦さんの体の変化のことを知らない男性社員から白い目で見られたりして、心が苦しくなることがあります。

家事もスムーズに進まなくなり、パートナーの理解がないと「またサボって…」とか思われてしまいます。

妊娠は通常、おめでたいことのはずなんですが、こういう対応をされると素直に喜べなくなりますよね…

「もっと寛容な人が増えれば」と私は思いますが、あなたの周りの環境はいかがでしょうか?

とりとめがなくなってきましたので、ここでまとめます。

まとめ

妊娠中に頻尿になり、尿漏れしやすくなる原因は、

  • 黄体ホルモンの影響
  • 子宮が大きくなる
  • 血流が増える
  • 冷え

があります。

対策は、

  • 体を温める
  • 利尿作用の強いものを避ける
  • 尿漏れパッドやおりものシートを使う

ことです。

 

妊娠に頻尿はつきものですので、あまり神経質になる必要はありません。

病気でなければ、そのうち元通りになりますよ。

私も妊娠中、とくに妊娠後期は夜中に何回も起きるほどの頻尿でしたが、今は元通りです。

 

ただ、周りの目がですね…

パートナーであれば「妊娠中はこういうもの」と、説明してわかってくれるかもしれませんが、

職場では冷たい対応をされても、ただ頭を下げて、わかってくれるのを待つしかないのかなと、ちょっと寂しく思います。

 

ところで、妊娠線の予防はできていますか?

できてしまうと自然には完治しませんので、まずは妊娠線がどういうものか写真を見てもらって、

それから対策するか考えてみることをおすすめします。

写真はつぎの記事にまとめてありますので、気になったらタップしてご覧ください。

【妊娠線画像・妊娠線写真】これはできれば防ぎたい!妊娠中~産後

 

それでは、あなたの妊婦生活が平穏であり、赤ちゃんが無事に産まれてくることを祈りつつ、この記事を終わります。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【離乳食初期】組み合わせて応用も楽々!簡単に作れる基本メニュー9選!

  • 【離乳食】手軽に使える!初期のしらすのメニュー5選

  • 【離乳食】初期のキャベツのメニュー5選。レンジを使ったものもアリ。

  • 【離乳食】初期の魚のメニュー5選。パサパサするときは出汁でのばす。