1. TOP
  2. トイレが近い!妊娠中の頻尿・尿もれの4つの原因と3つの対策!

トイレが近い!妊娠中の頻尿・尿もれの4つの原因と3つの対策!

 妊娠してから、

「おトイレが近い

尿もれがある」

という悩みをお持ちの妊婦さん、結構いらっしゃるんです。

 この記事を読んでいらっしゃるあなたも、きっとそうなのでしょう。

 そうなんです。

 妊娠すると、頻尿になりやすくなるんです。

 尿もれも起きやすくなるんです。

 ということで、今回は「妊娠中の頻尿・尿もれの原因と対策」についてお話ししていこうと思います。

sponsored links

 

妊娠中の頻尿・尿もれの原因と対策

 頻尿は妊娠初期そして妊娠後期につきものです。

 普通のかたの通常の排尿回数は、1日4~8回です。

 あなたも妊娠前はその範囲だったと思います。

 そして妊娠すると10回~12回、もしくはそれ以上に増えることがあるんです。

 

 原因は大きくわけて、以下の4つです。

  • 黄体ホルモン
  • 子宮が大きく
  • 腎機能が活発になる
  • 冷えも原因に

 

 そして、対策が以下の3つです。

  • 体を冷やさない
  • 利尿作用のあるものを避ける
  • 尿漏れパッドやおりものシートを活用

 

 さて、以下で詳細に見ていきましょう。

 

4つの原因

黄体ホルモン

 妊娠すると、黄体ホルモンの分泌量が増えます。

 この黄体ホルモン、膀胱の筋肉をゆるめる働きがあります。

 これが原因でおトイレが近くなったり、尿漏れしやすくなることもあります。

 

子宮が大きく

 妊娠初期は子宮が大きくなり、膀胱が子宮と恥骨の間で圧迫されて頻尿になりやすくなります。

 ちょっと膀胱に尿が溜まっているだけでも、おトイレに行きたくなるんですね。

 中期になるとお腹は上部にせり上がるので、圧迫されづらくなり、頻尿はひとまず緩和されます。

 中期は一安心なのですが、後期になるとさらにお腹は大きくなり、再び膀胱が圧迫されて頻尿になりやすくなるんです。

 

腎機能が促進される

 妊娠すると血流が多くなり、腎機能が活発になります。

 そうすると、自然に尿の量も増えるんです。

 これに加えて膀胱が圧迫されていると、おトイレの回数も増えますよね。

 

冷えも原因に

震える女性

 女性に多いのが冷え症。

 これも頻尿の原因になります。

 とくに妊娠後期になると下半身が冷えやすくなりますので、より頻尿になりやすいです。

 

 上記が主な原因です。

 これにはつわり同様、個人差があります。

 人それぞれ膀胱の大きさや内臓機能に差がありますので、頻尿になりにくい、または自覚しにくい人もいます。

 

3つの対策

白衣の女性

 頻尿は仕方のないことですが、多少緩和したり、もしものときに慌てたりしないように、できることはあります。

 これらをご紹介していきますね。

 

体を冷やさない

 体が冷えると尿意がおきやすくなります。

 夏場でも、お腹周りや足元は温めておきましょう。

 腹巻や靴下は必需品です。

 妊娠帯をしておくと、サポートにもなるので一石二鳥ですね!

 

 足元を温めるには足湯という方法もあります。

 むくみもある方にはオススメの方法になります。

 ほかのむくみ解消法もありますので、むくみがある方はぜひ、つぎの記事も参考になさってください。

【むくみ解消法】臨月でもOK!赤ちゃんにも影響の少ないもの5つ

 

 外側から温めると同時に、しょうがや根菜などの食べ物を積極的にとって、内側からも温めましょう。

 妊娠していなくても女性にとって、冷えは大敵。

 通常時も体を温めていたいものですね。

 妊娠中の食事については、つぎの記事も参考になるでしょう。

妊婦さん必見!妊娠中、好ましい食事、避けたい食事

 

利尿作用の強いものを避ける

 利尿作用の強いものといえば、カフェイン。

 妊婦さんのカフェイン摂取量は1日200mgまでが望ましいということです。

 普通のコーヒーカップで1~2杯といったところですね。

 好きな人にはツラいところですが、妊娠初期や後期はそれ以下で抑えておくと、頻尿を軽減できる可能性があります。

 妊娠中のカフェイン摂取についてもっと詳しく知りたい方は、つぎの記事が参考になるでしょう。

【妊娠中のカフェイン】妊婦さん必読!摂取量とその影響は?

 

 また、なるべくホットで飲むということは上記の冷え対策にもつながりますので、夏場以外はオススメします。

 

尿漏れパッドやおりものシートを活用

 こまめにトイレに行っていても、笑った拍子に尿が……! ということも十分あり得ます。

 下着を汚さない予防策として、「尿漏れパッド」や「おりものシート」をつけておくと安心ですよね。

 外出時は特につけていたいところです。

 おりものシートは使い方次第ではかぶれることがありますので、ぜひ、つぎの記事も参考になさってください。

【妊娠中のデリケートゾーン】おりものシートがかぶれの原因?

 

やめておいたほうがいい対策

 原因を知って、

「じゃあこうしたらどうなのかな?」

というアイデアも出てきたかと思います。

 もしそれが、以下に紹介するものだったらやめておくことをおすすめします。

 

水分をとらない

 脱水症状になったら危険です。

 がぶ飲みするとトイレに行きたくなりやすいですから、少しずつ飲みましょう。

 

トイレに行くのを我慢する

 膀胱炎になるかもしれませんので、トイレに行きたくなったら行きましょう。

 すでに排尿時に痛みや残尿感があるようでしたら、早めに病院に相談しましょう。

sponsored links

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 今回は「妊娠中の頻尿の原因と対策」についてお話ししてきました。

 頻尿になる原因、それから頻尿の悩みを軽減する対策についてお分かりいただけたかと思います。

 妊娠に頻尿はつきものですので、あまり神経質になる必要はありません。

 病気でなければ、そのうち元通りになりますよ。

 

 そして頻尿のほかにもいろんな変化が起きる妊娠中。

 頻尿と同時にむくみまで出てきたら

「水分とらないほうがいいのかな…」

と思ってしまいがちですが、脱水症状になってしまったら危険ですので、水分補給は平常通りに行ったほうがいいと思います。

 

 ところで頻尿には個人差があると書きましたが、そのとおりで、私は妊娠初期に頻尿を感じた記憶がないんです。

 ただ、後期に入ってからは夜間でもおトイレに行った記憶はあります。

 後期の方が頻尿だったということなのでしょう。

 現在は通常通りなので、その後の生活に支障が起きるということもありません。

 ですので、

「出産後もずっと続くのかしら?」

と悩まれている妊婦さん、頻尿は続かないので心配しなくて大丈夫ですよ!

 ひとまずはここでご紹介した対策で乗りきりましょう!

 

妊娠中の体の変化に関する記事

【妊娠線画像・妊娠線写真】これはできれば防ぎたい!妊娠中~産後

【妊娠性痒疹】妊娠中の皮膚の湿疹・かゆみ。特徴や治し方を解説!

【妊娠初期の眠気】どうにも止まらない眠気の理由と対策4選

妊娠中に心配なおなかの張り。「危険な張り」ってどんなもの?

 

赤ちゃんの成長とママのお腹の大きさの記事

妊娠〇〇週目の記事、まとめました!【8~18週目まで】

\ SNSでシェアしよう! /

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

つるまる

つるまる

主婦・2児の母です。
塾事務員を経て結婚、その後退職。現在、家族4人で生活中。
趣味は音楽鑑賞とゲームです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 旦那と別れたい!離婚の前に押さえておきたいポイントとは?

  • 上手に乗り切ろう!辛いつわりのピークはいつ?平均週数は?

  • 【妊娠中のカフェイン】妊婦さん必読!摂取量とその影響は?

  • 【妊娠初期の眠気】どうにも止まらない眠気の理由と対策4選